【介護職員初任者研修】についてと資格を取得する方法

【介護職員初任者研修】についてと資格を取得する方法

初任者研修のイメージ

無資格・未経験の方が介護職として働くことを考えるのであれば、第一段階として介護資格を取得し、介護知識や介護技術などを基礎から学んでおくことは自信にもつながり有効です。そこでおすすめしたいのが、「介護職員初任者研修」という資格です。

【介護職員初任者研修】とは?

介護職員初任者研修修了者のイメージ

「介護職員初任者研修」は、介護の基本的な考え方や技術を学んだことを証明する資格で、2013年まで「ヘルパー2級」と呼ばれていた資格の後継資格です。

取得のために必要な条件などはなく、厚生労働省の定める130時間のカリキュラムを修了し、筆記試験に合格すれば「介護職員初任者研修修了者」として認定されます。

【介護職員初任者研修】を持っているとできる仕事

仕事内容のイメージ

介護の仕事は、内容により大きく2つに分けられます。

  • 生活援助:掃除や洗濯、買い物など、生活に必要な身の回りのことの補助。
  • 身体介護:入浴や排せつ、車いすからベッドへの乗り移りなど、高齢者の体に直接触れながら行なう介助。

デイサービスや老人ホームなどの施設内においては、無資格のヘルパーでも上記の介護業務を行うことができますが、利用者と一対一となる訪問介護においては、原則無資格では行うことができません。

利用者の自宅を訪問して介護を行う訪問介護の分野で働きたいと考えた時、上記の2種類の介護の内「生活援助」に関しては、「生活援助従事者研修」という資格を取得すれば行うことができます。

しかし生活援助従事者研修の資格だけでは「身体介護」は行うことができません。
「介護職員初任者研修」の資格を取得することにより、訪問介護で身体介護・生活援助の両方を行うことができるようになります。

また、要介護度が高い利用者の多い特別養護老人ホームなど、より介護の専門的な知識や技術を求められる施設では、雇用の条件として介護資格の所有が必須となっていることが多くあります。

介護職員初任者研修を取得することで介護士として基本的な介護知識や介護技術を習得していることを示すことができるため、働く施設や働き方の選択肢が広がります。

【介護職員初任者研修】から目指せる次のキャリア

キャリアアップのイメージ

介護職員初任者研修は「介護職の第一歩」といえる資格です。

介護の国家資格である「介護福祉士」の取得を考えた際、養成施設や福祉系の学校などに通わずに取得するには3年以上の実務経験と後述の「実務者研修」の取得が必須となります。

介護職員初任者研修を所有していると、その「実務者研修」のカリキュラムの一部が免除となります。

このように、介護職員初任者研修を取得し、さまざまな介護サービスを経験することで、さらなるステップアップを目指すことができます。
ここからは、介護職員初任者研修から目指せるキャリアアップのための資格について解説します。

実務者研修

この資格は、以前あった「ヘルパー1級」の後継資格です。無資格・未経験でも受講し取得することは可能ですが、先述のとおり介護職員初任者研修を取得してから受講することでカリキュラムの一部が免除されます。

実務者研修の修了により、さらに専門的な介護が可能となったり、サービス提供責任者になることも可能です。そのため手当てが付くなど収入面の改善、就職や転職時に有利になることも考えられます。

2016年度の試験より実務者研修の修了が介護福祉士の受験資格となったため、単純に介護職員初任者研修の上位資格ということだけでなく、介護福祉士を目指す人にとって必要不可欠な資格となりました。

介護福祉士

介護における国家資格です。生活介助、身体介助などの介護だけでなく、高齢者や家族などの相談を聞いたりアドバイスをしたりと、介護の専門家として広く役割を持ちます。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員は「ケアマネージャー」とも呼ばれます。利用者の要望や状況を踏まえて介護サービスを利用する際の介護計画を作成し、利用者が適切な介護を受けられるようにする役割を担う職種です。

介護支援専門員の資格を取得するには、都道府県が行う試験に合格することが必要です。また、その試験を受験するためには、5年(かつ900日)以上の実務経験が必要となります。

介護支援専門員の仕事は、ケアプランの作成や適切な介護サービスの提供ができているかの評価などの事務的な作業、また事業所の事実上の管理者となるなど、現場での介護というよりは責任者、管理者としての職務が中心となってきます。

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

【介護職員初任者研修】の資格を取得するには?

介護職として働く場合におすすめの介護職員初任者研修の資格。

資格を取得するにはどのような方法があるのか、どの程度の期間をかけて学習するのか、取得にはどれくらいの費用が必要かなど、介護職員初任者研修の資格取得に関する情報をご紹介します。

各都道府県や各講習実施校などによってカリキュラム・費用などが異なるので、受講の際にはお注意ください。

【介護職員初任者研修】の資格取得方法

介護職員初任者研修の資格を取得するには、130時間の講習を受け、筆記試験による「修了評価」に合格する必要があります。

講習の方法としては、通学通信の2パターンがあります。
通信講習は、カリキュラムの多くがスクールに通わずとも受講できますが、実技演習などに関してはスクールを訪れる必要があります

通学と通信のどちらかの方法で受講し、8~10項目に分かれたカリキュラムを学びます。
その後、修了試験を受験・合格して修了となります。修了試験の合格基準は70点程度で、不合格の場合も再試験が可能です。

【介護職員初任者研修】取得までにかかる期間

介護職員初任者研修の資格を取得するには、先述のとおり130時間の講習を修了する必要があります。

この修了までにかかる期間は、講習のスケジュールによるところが大きく、利用するスクールなどによって異なります。

中には、2週間ほどで介護職員初任者研修の資格を取得できるコースを実施しているスクールもあります。

働きながら資格取得を目指す人も多く、自分に合った講習スケジュールの学校などを選択することが資格取得の一番の近道です。

【介護職員初任者研修】取得までにかかる費用

介護職員初任者研修の取得にかかる費用は、利用する学校などによって、数万円から十数万円と大きく異なります。

介護職員初任者研修の取得にかかる費用の一部、もしくは全部を負担してくれる支援制度も多くあります。
それらの支援制度については後述しているので、ぜひ参考にしてください。

【介護職員初任者研修】の資格取得のための支援制度

支援制度のイメージ

介護職員初任者研修受講の為に利用できる支援制度があります。

各制度で支援を受けられる条件が設定されており、すべての人が利用できるものではありませんが、該当するのであれば利用しない手はありません。

以下は、各自治体やハローワークなどで受けられる支援制度の一例です。

  • 求職者支援制度
  • 職業訓練受講給付制度
  • 教育訓練給付金制度
  • 自立支援教育訓練給付金制度
  • 介護職員初任者研修取得支援事業

現在の就業状況や、資格取得後に介護職として就業する必要があるなど、支援を受けるには条件がありますが、一度確認することをおすすめします。

また、介護職員初任者研修のカリキュラムの一部が免除される場合もあります。

過去3年間に6か月以上(週1回以上)継続的に、該当する介護施設において介護業務に従事していること」という条件を満たせば「職務の理解」の科目(約6時間)が免除される場合があります。
※介護職員初任者研修の取得に関する制度は都道府県により異なるため、必ずご確認ください。

【介護職員初任者研修】の資格取得を目指そう

介護職員初任者研修の資格は、その後のスキルアップにより国家資格である介護福祉士まで目指せる、介護職としてのスタート地点に立たせてくれるものであると言えます

また、介護経験者にとっても、カリキュラムの大半が通信で受講できたり、介護業務についていることで講習内容が免除されるなど、働きながら資格を取りやすい環境が整っていることも介護職員初任者研修の特徴です。

介護職員初任者研修の資格取得を、将来の大きな飛躍の足掛かりとしてください。

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年12月09日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

制度・資格カテゴリの最新記事