【作業療法士とは?】資格の取得方法・勉強時間を詳しく説明

【作業療法士とは?】資格の取得方法・勉強時間を詳しく説明

特別養護ホームやデイサービスセンターなどの高齢者施設には、介護職以外にさまざまな職種が働いています。大きな病院も同じですね。

理学療法士や言語聴覚士のように、リハビリ職として勤務している職種の一つが作業療法士です。

今回は作業療法士の概要や仕事内容、資格の取得方法、そして資格取得のための支援制度について紹介します。

作業療法士とは?

車椅子の並んだ通路のイメージ

まずは作業療法士の概要について見ていきましょう。

作業療法士は理学療法士や言語聴覚士などと並ぶ、リハビリ職の一つです。作業療法士の国家資格を取得した人だけが、作業療法士の名前を名乗ることができます。

医師の指示を受けて患者に作業療法を提供していくことで、心身の回復を図るのが主な仕事です。

対象となる患者はさまざま。身体機能が衰えてきた高齢者や脳梗塞でマヒを負った身体障害者だけでなく、統合失調症やうつ病などの精神障害者、そして発達障害児者も対象となります。

作業療法が目標とするものは多岐に渡りますが、最も一般的なのが応用的動作の回復と言えるでしょう。

応用的動作とは基本的動作である「座る」「立つ」「歩く」「寝返る」などをベースとして、「顔を洗う」「料理をする」「食事をする」「洗濯機を使う」「トイレに座って排泄をする」など、私たちが日常生活をする上で欠かせないものを指します。

作業療法士と間違われやすいのが理学療法士ですが、理学療法士が主に担当するのは基本的動作の回復です。

身体面だけでなく、心理面や脳へのアプローチをするのも作業療法士の仕事の特徴ですね。精神障害者や発達障害児者の人が作業療法を通して成功体験を積み、自信を付けて社会復帰を促していくのも作業療法士の大切な職務の一つです。

作業療法士を持っているとできる仕事

仕事中のイメージ

続いては、作業療法士の資格を持っているとできる仕事について紹介します。

作業療法士が活躍するフィールドは非常に多岐に渡ります。大きく分けると、「身体障害領域」「高齢者領域」「精神障害領域」「発達障害領域」の4つです。

身体障害領域

身体障害領域で代表的な職場は総合病院や大学病院、整形外科を持つ病院、そしてリハビリテーションセンターですね。

事故や疾患によって身体に障害を負ってしまった患者に対して、応用的動作を習得して日常生活に復帰できるように支援をしていきます。

高齢者領域

高齢者領域では特別養護老人ホームや介護老人保健施設、デイサービスセンター、認知症専門病院などが活躍の場です。加齢に伴って身体機能が低下した人や、認知症によって認知機能が低下した人たちが対象となります。

高齢者の場合は応用的動作がリハビリによって急激に回復する可能性は高くないため、「いま持っている力を失わないようにする」「将来低下するだろう機能を失わないようにする」といったことが大きな目標です。

また作業療法を通して「生活を楽しむ」「生きがいを見つける」などの、精神面でのサポートも求められます。

精神障害領域

精神障害領域では精神科病院やクリニック、精神障害者施設などが仕事の場として挙げられます。

統合失調症やうつ病に罹患すると社会生活への意欲を失ったり、ストレス耐性が小さくなったり、人との関わりに不安を感じたりすることも少なくありません。

さまざまな活動メニューを通して一人ひとりの患者が意欲を取り戻し、ストレス耐性を身に付け、人と上手に関われるような練習をしていきます。

また入院中の患者に対しては退院後スムーズに日常生活を送れるように、料理や洗濯、掃除、買い物、服薬管理などの練習も行うのが特徴です。

発達障害領域

発達障害領域で主に対象となるのは児童です。発達障害児者支援センターや児童発達支援事業所、小児病院などが活躍のフィールドとなるでしょう。

発達障害がある子どもは言語や運動感覚に障害があり、子どもの集団や社会生活に上手く適用できないことが見受けられます。身体や脳の発達を促して、上手に社会生活を送れるようにサポートをするのも作業療法士の仕事の一つです。

作業療法士から目指せる次のキャリア

作業療法士として経験を積んだ後、次はどのようなキャリアパスがあるのでしょうか。

現在作業療法士の求人は充実しており、また前述した通り活躍のフィールドは多岐に渡ります。そのため実際に作業療法士として働いている人たちのキャリアパスはさまざま。

現在勤務している病院の中でさらに経験を積んでリハビリ科長を目指す、特定分野での研究を進めて学会で報告をする、自助具を開発しているメーカーに転職する、その他として大学や専門学校で後輩作業療法士の育成に取り組む人もいます。

また一般社団法人 日本作業療法士協会が認定している、認定作業療法士や専門作業療法士を目指すのも良いでしょう。どちらの資格も作業療法分野で、プロフェッショナルと認められたものです。

守備範囲が広い資格なので、働き方やキャリアパスの内容に可能性が広がっているのが特徴ですね。

作業療法士の資格を取得するには?

作業療法士の資格はどのように取得できるのでしょうか。資格取得方法と取得までにかかる期間、取得までにかかる費用の目安についてチェックしていきましょう。

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

作業療法士の資格取得方法

まずは資格の取得方法について紹介します。

作業療法士になるためのファーストステップは、国家試験受験資格を得られる養成施設に入ることです。

修業期間は3年、または4年。大学は4年制、短期大学は3年制、専門学校は3年制と4年制の2つがあります。専門学校の中には夜間課程を設置している場所もあるため、仕事をしながら作業療法士を目指すことも可能です。

養成施設にて所定のカリキュラムを受けることで、国家試験の受験資格を取得できます。国家試験は毎年2月頃に行われ、試験に合格すると作業療法士の資格取得となるのです。

合格率はここ10年で70~80%台で推移。平成31年2月に行われた国家試験の合格率は71.3%でした。

合格率は決して低くはありません。しかし学校によっては合格率を下げたくないために、成績不良者の受験を認めていないところもあります。そのため試験の難易度が低いということではないのです。

試験に合格するためには授業をしっかり受けるだけでなく、国家試験を見据えた日々の学習が大切と言えるでしょう。

作業療法士取得までにかかる期間

前述した通り、作業療法士の資格取得までにかかる期間は養成施設によって異なります。最短で3年は必要ですね。

2月に行われる国家試験は、養成施設在学中に受けることができます。スムーズにいけば2月に国家試験を受験し、3月に養成施設を卒業、4月から新卒の作業療法士としてキャリアを始められるでしょう。

作業療法士取得までにかかる費用

資格取得にあたって気になるのが費用ですね。トータルでどのくらい費用がかかるのでしょうか。

まずは養成施設の学費です。国公立なのか私立なのか、大学なのか専門学校なのかなどによって学費は大きく異なります。

おおまかな相場は以下の通りです。

  • 4年制国公立大学    ・・・授業料年間50~60万円
  • 4年制私立大学     ・・・授業料年間160~180万円
  • 3年制短期大学、専門学校・・・授業料年間120~140万円
  • 4年制専門学校     ・・・授業料年間120~150万円

上記は授業料のみの費用です。他に入学金や教科書代、実習費、設備費などの諸経費が必要となるでしょう。プラス数万~数十万円かかると思ってください。

最も安いのが国公立大学ですね。4年間通う必要がありますが、トータルの支出は抑えられます。

国家試験の受験料は10,100円です。また合格後に登録が必要で、手数料として9,000円が必要となります。

作業療法士の資格取得のための支援制度

養成施設の学費は決して安くはありません。3年間、もしくは4年間通うとなると相当な出費が予想されるでしょう。

学校によっては入学試験時の成績優秀者を対象に、特待生制度を設けていることもあります。内容はさまざまで、入学金の免除や授業料の割引などです。

また学校や地方公共団体の他、日本学生支援機構の奨学金も、条件に該当すれば受けられる可能性があります。

入学を考えている養成施設や、住んでいる行政機関に確認をしてましょう。

作業療法士の資格取得を目指そう

勉強中のイメージ

作業療法士はリハビリ職の一つで、主に応用動作の回復を目的にさまざまなアプローチをします。対象者は身体障害者や高齢者だけでなく、精神障害者や発達障害児者と、範囲が広いのが特徴です。

資格取得には3年制、または4年制の養成施設に通う必要があります。時間と費用はかかるものの求人数は多く、また活躍のフィールドが広いためキャリアパスも多く準備されていると言えるでしょう。

魅力あるリハビリ職の作業療法士、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

 

参照:(サイト名、もしくは書籍名。書籍名の場合は著者名も併記)

(サイトURL)

一般社団法人 日本作業療法士協会

http://www.jaot.or.jp/ot_job

http://www.jaot.or.jp/ot_work

 

厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2019/siken08_09/about.html

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/sagyouryouhoushi/

 

PTOTスタイル

【作業療法士版】学費を比較!専門学校と大学ではどのぐらい違う?学費を安くする方法はある?

 

(Posted by Ahmad)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月14日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

制度・資格カテゴリの最新記事