社会福祉士取得後の業務とキャリアはどうなる?資格取得の方法も詳しく解説!

社会福祉士取得後の業務とキャリアはどうなる?資格取得の方法も詳しく解説!

ノートと付箋

社会福祉士は医療・介護・福祉・教育・行政など、幅広い分野で活躍が出来る、ジェネラリスト(万能職)であり、相談支援のスペシャリスト(専門職)です。

幅広い知識と専門性を持つことで、他業種、他機関との横断的な連携を果たしながら、クライアントの人生をトータルに支援します。また、学問的な基礎を広く持ち、キャリアの積み方次第で様々な専門性を高めて転身を行う事も可能です。

社会福祉士】とは?

高齢者へ案内

【社会福祉士】は、社会福祉法、介護福祉法に基づく、名称独占の国家資格です。名称独占とはこの資格があれば「社会福祉士」と公に名乗り、クライアントや関係者に対して、社会的に信頼を得られる資格です。

社会福祉士と名乗り専門的な相談支援技術を用いて、生活困窮者、高齢者、障害者、児童、虐待被害者などの方に対して専門的な相談支援を行います。併せて、医療者、福祉事業者、教育関係者、行政、地域などと連絡・調整を行い支援を行う相談支援職です。

社会福祉士】を持っているとできる仕事

話をする人

主な活躍の場

社会福祉士資格を保有することで、行政機関、医療、介護、福祉、教育機関等、多くの場所で活躍が可能です。

行政

市役所、保健所、母子支援施設、児童相談所、社会福祉協議会など

医療

病院、診療所、デイケアなど

高齢

地域包括支援センター、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、ケアハウス、高齢グループホーム、高齢デイサービス、ヘルパー事業所、居宅介護支援事業所など

障害

地域生活支援センター、就労支援施設、生活介護施設、障害グループホーム、放課後等デイサービス、相談支援事業所など

その他

学校(スクールソーシャルワーカー)、企業など

相談支援職としての専門性を活かす働き方を望むのであれば、求人情報の必須資格として社会福祉士と書いてある現場がおすすめです。無資格者でも可能な職場を選ぶと、資格に見合った待遇も得られず、学んだ知識を活かすことが出来ないこともあります。

選択肢が多くあるだけに、希望分野や、目指したいキャリアの方向性を考えて職場探しを行うことをおすすめします。

社会福祉士】から目指せる次のキャリア

元気に歩く女性

施設長や管理者

現場で一定の経験と研修、試験を受けることで、サービス管理責任者を取得し施設長や管理者になる事が出来ます。

【介護施設施別】施設長・管理者に必要な資格と求められる能力とは?

認定社会福祉士

社会福祉士資格を取得後、一定の経験と「日本社会福祉士会」の研修を受けることで、認定社会福祉士にキャリアアップをする事が出来ます。

認定社会福祉士の取得要件

  • 都道府県社会福祉士会の会員であること。
  • 社会福祉士として5年以上、1つの分野で2年以上の実務経験。
  • 認定社会福祉の研修の修了。

独立型社会福祉士

認定社会福祉を取得した後に、「日本社会福祉士会」の独立型社会福祉士名簿に登録することができます。

独立型社会福祉士の必要要件

  • 都道府県社会福祉士会の会員であること。
  • 認定社会福祉士であること。
  • 独立型社会福祉士の研修の修了。
  • 社会福祉士賠償責任保険の加入。

相談支援事業所の独立開業

独立型社会福祉士に登録すると相談支援事業所の独立開業を行うことが可能になります。

社会福祉士】の資格を取得するには?

授業を受ける風景

社会福祉士の資格を取得するには、学歴や職歴によっていくつかの方法があります。

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

社会福祉士の資格取得までの例

福祉系大学4年(基礎科目)(指定科目) ⇒+ 国家試験合格

普通大学4年 + 社会福祉士指定養成施設(1年~2年) ⇒ 国家試験合格

現場経験4年 + 社会福祉士短期養成施設(9ヶ月)⇒ 国家試験合格

所定の現場経験4年 + 社期福祉士短期養成施設(9か月)⇒ 国家試験合格

福祉系大学(2~3年) + 4年に満たない期間の現場経験 ⇒ 国家試験合格

社会福祉士】取得までにかかる期間

福祉系大学で指定科目を履修すれば、4年で国家試験を受ける権利が得られます。

ストレートで合格出来れば4年で社会福祉士の資格が取得出来ますが、合格率は2割~3割と狭き門となっています。

国家試験の合格基準は総得点150問の60%の獲得。つまり、90点を基準に問題の難易度や国の養成希望数などにより足切りラインが前後します。

合格率は過去5年では25.8%~30.2%となっています。その為、取得にかかる期間は最短で4年。しかし、国家試験に通らなければいつまでも取得が出来ない事もあります。

社会福祉士】取得までにかかる費用

大学の場合

約80万円~約500万円。

社会福祉士養成施設の場合

実習免除 約25万~

実習込み 約35万~

 

※学校、地域によって差があります。

【社会福祉士】の資格取得方法

取り損ねた単位を現場経験や、短期要請施設で補講して受けるルートを含めると12通りの取得ルートがあります。

社会福祉士取得過程

引用:公益財団法人 社会福祉振興・試験センターHP

以上の就学を終える事で社会福祉士国家試験を受験すること可能になります。国家試験は毎年1回の1月末~2月頭に実施され3月中旬に合否が届きます。

国家試験に合格し、登録を行う事で取得となります。

社会福祉士】の資格取得のための支援制度

調べる男性

ハローワークの専門実践教育訓練給付金制度(専門実践教育訓練)という制度の活用で学費の最大70%が還付されます。

受給要件は雇用保険の加入機関が3年以上ある方で、社会福祉士養成機関受講の1カ月前にハローワークで手続きをする必要があります。

受講中の学費の50%が還付されて、受講後1年以内に資格を取得し、雇用保険被保険者として資格を活かした就職をすることで学費の20%が還付されます。

社会福祉士】の資格取得を目指そう

青空を指す
 【社会福祉士】は社会的に求められている職種であり、資格を取得をすると様々な分野への就労の可能性が広がります。

医療、介護、福祉、高齢、障害、児童、社会、教育、行政、心理、などの幅広い見識は物事を総合的に理解する基礎となります。あらゆる立場にいる人を知る手がかりをつかむ事で、物の見方が深化し多角的になります。

幅広い人たちと関わりを深め、専門性を伸ばしていく事で独立を目指すことも出来ます。

社会福祉士資格取得には一定の努力は必要ですが、生涯にわたり社会への視点を深め、人との関係性を高度に深化させ、幅広い就労の可能性を広げ、その価値は努力に見合う資格だと思います。

ぜひ、社会福祉士の資格取得を目指してください。

参照

厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/shakai-kaigo-fukushi1/index.html

日本社会福祉士会
https://www.jacsw.or.jp/

社会福祉振興試験センター
http://www.sssc.or.jp/shakai/kijun/kijun_02.html

ハローワークインターネットサービス
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html

(Posted by 関西の精神保健福祉士TAKE)

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年12月17日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。