サービス提供責任者とケアマネージャーの違い

サービス提供責任者とケアマネージャーの違い

介護に関わる中で耳にすることがあるサービス提供責任者という言葉。ただこれが資格なのか、どのようなことをしたり役割があるのかということはそこまで知られていないように感じられます。また似たような役割のように思われるケアマネージャーとの違いなど、このサービス提供責任者というものについてご紹介します。

サービス提供責任者とは?

在宅介護 聞き取り

サービス提供責任者というのは資格ではなく、都道府県によって定められた条件をクリアするとなることができる役割名のようなものです。介護支援専門員と呼ばれるケアマネージャーや介護福祉士などのケアワーカーとの連絡調整をする役割を担っています。ケアマネージャーの作成するケアプラン通りに、ケアワーカーが介護サービスを提供できているかを管理します。介護サービスを利用者にしっかりと提供できているかを管理する責任者とも言えます。

サービス提供責任者の業務内容

高齢者が介護サービスを利用する際には、ケアマネージャーが作成するケアプランに基づいて行われます。サービス提供責任者は、そのケアプランをもとに訪問介護計画書を作成したり、ヘルパーさんへの指示や配置などの指導・管理、利用者さん家族とのコミュニケーションなど多岐にわたっています。

もちろん自身もヘルパーとして業務を行うこともあります。

サービス提供責任者になるには

介護事業所(居宅介護・重度訪問介護)でサービス提供責任者になるための条件

  • 介護福祉士資格を取得している
  • 実務者研修を修了している
  • 初任者研修を修了していて実務経験3年(540日)以上ある

これらの条件を満たしていればサービス提供責任者になることが可能です。

訪問介護事業所には、最低でも1人以上のサービス提供責任者の配置が義務付けられています。また直近3ヶ月以内の利用者数に応じて必要な配置人数も異なり、利用者数を増やしていくためには、サービス提供責任者の確保も人様となるため、これからも重要の高い人材となるはずです。

サービス提供責任者の具体的な役割

さまざまな役割があるサービス提供責任者ですが、具体的にはどのようなことを行うのか業務内容ごとに紹介します。

訪問介護計画作成

ケアマネージャーが作成するケアプランをもとに利用者さんに合った訪問介護計画を作成します。計画作成するだけでなく、利用者本人に同意を得たり、家族に説明したりすることも重要なです。

ヘルパーの指導・管理

同意を得た介護計画書に沿って介護サービスを行っていくのですが、計画書通りに介護サービスを提供しているか、ヘルパーさんの配置やスケジュール管理を行います。また管理する立場として、ヘルパーさんと情報交換や相談などのコミュニケーションも大切な役割です。

事務業務

計画を立てる以外にも、介護サービスに関わる会議への出席、介護報酬の請求業務もあり、介護サービスの契約締結や介護保険などの知識も必要となります。

ケアマネージャーとは?

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護支援専門員とも呼ばれる資格で、介護を必要としている人のケアマネジメントを行い、自立した生活を送るためや適切な介護を受けられるように、さまざまな課題の解決を支援する役割があります。

主な業務としては、利用者が適切な介護サービスを利用できるようにケアプランの作成、利用者の介護施設への要望や介護施設の状況を利用者への説明などです。

サービス提供責任者とケアマネージャーとの違い

ここではサービス提供責任者とケアマネージャーとの違いを比較しながら見ていきましょう。

作成する計画

サービス提供責任者が作成:訪問介護計画書

介護サービスを提供するためにサービス提供責任者が作成する、介護技術的な計画書です。ケアマネージャーが作成するケアプランに基づいて作成します。

ケアマネージャーが作成:ケアプラン

介護サービスの利用プランの作成です。利用者の介護度や受けたい介護サービスなど、利用者のニーズと提供する介護サービスがマッチするよう計画します。

介護サービスへの関わり

サービス提供責任者

訪問介護事業所のヘルパー指導や管理が担当です。現場とケアマネージャーとの調整役でもあります。

ケアマネージャー

利用者さんのニーズと介護サービスがマッチしているのかなど、現場と利用者さんとの調整役です。

利用者さんへの関わり

サービス提供責任者

事務的な作業だけではなく、自らもヘルパーとして利用者さんに介護サービスを提供することもあります。

ケアマネージャー

直接介護サービスを提供する役割はありませんが、利用者さんの要望や相談に耳を傾け、困っていることを解決するお手伝いをします。

まとめ

ハートと給仕

今回は、サービス提供責任者の業務内容や役割をケアマネージャーとの違いとともにご紹介しました。サービス提供責任者とケアマネージャーはお互いが橋渡し役のような役割を持っています。しっかりと経験や知識を活かして、ケアマネージャーの作るケアプランをもとに訪問介護計画書を作成し、ヘルパーさんの管理を行うのがサービス提供責任者です。ケアマネージャーと現場のヘルパーさんとの調整役だけではなく、利用者さんや家族とのコミュニケーションをとることもできる立場なので、欠かせない大切な役割になっています。

(Posted by はるいく)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月17日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。