【わかりやすく解説!】認知症ケア専門士と加算の関係について

【わかりやすく解説!】認知症ケア専門士と加算の関係について

支え合う老人とヘルパ-

こんにちは!認知症ケア専門士のsyuseiです。

専門的な認知症ケアの知識や技術を取得するための資格として「認知症ケア専門士」がありますが、取得するメリットとして「新たな加算が取れる」ということを期待している方がいるかもしれません。

実際、年々増加する認知症高齢者に対して認知症ケアの専門性を有する介護福祉士の重要性は増しており、介護老人保健施設などの介護施設においても、認知症ケアを充実させるために「認知症専門ケア加算」が創設されるなど対応が図られています。

そこで今回は、認知症ケア専門士の資格と取得できる加算の関係について紹介します。

認知症ケア専門士を要件とする加算はない

いきなり本題の回答から述べると、認知症ケア専門士を取得したからといって、施設で新たに取れる加算はありません

認知症ケア専門士は認知症関係の資格の中でも難易度が高く、十分な認知症ケアに関する知識や技術を学んだ上でないと取得できない資格であることは間違いありませんが、民間資格の1つであり介護福祉士などの国家資格のように加算の算定要件には現在のところ含まれていないのです

認知症ケアに関する加算としては、医療保険における病棟で算定できる「認知症ケア加算」や介護保険施設や介護福祉施設で算定できる「認知症専門ケア加算」、通所介護で算定できる「認知症加算」などがありますが、どれも認知症ケア専門士の人員配置に関しては要件にありません。

では認知症ケアに関する加算はどのような要件が必要なのでしょうか。

認知症に関する加算はどの資格が必要なの?

先ほど紹介した認知症ケアに関する加算を例にあげながら、認知症に関する加算に必要な資格要件を確認します。

認知症ケア加算は認知症ケアチームの関わりが必要

医療機関で算定できる認知症ケア加算は、院内の認知症ケアチームによる関わりが必要とされています。

認知症ケアチームは

・認知症患者さんの診療について十分な経験のある医師
・認知症患者さんのケアの経験を持ち必要な研修を受けた看護師
・認知症患者さんの退院調整の経験のある社会福祉士や精神保健福祉士

といったメンバーが要件とされています。

医療機関で取得する加算ということもあり、介護福祉士の人員配置は加算取得の要件に含まれていません。

認知症専門ケア加算は認知症介護実践リーダー研修などの修了が必要

介護老人保健施設や介護老人福祉施設などで取得できる認知症専門ケア加算ですが、道府県が実施する「認知症介護実践リーダー研修」や「認知症介護指導者研修」の修了者の配置が加算算定に必要な要件となっています。

認知症加算は認知症介護実務者研修の修了者の配置が必要

通所介護で算定できる認知症ケア加算を算定するためには、認知症介護実践リーダー研修などと同じ都道府県が実施する「認知症介護実務者研修」の修了者をサービス提供時間を通じて配置する必要があります。

以上のように認知症ケアの加算を取得するためには、認知症ケア専門士の資格は必要なく、他の研修修了や有資格者の人員配置が必要になります。

また上記の他にも認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の計画作成担当者などでも認知症ケア専門士の資格は必要とされておらず、認知症介護実務者研修などの研修終了が要件となっていることが多いです。

認知症ケア専門士は加算が取れないから意味ないの?

加算が取得できないと認知症ケア専門士の資格は重宝されないのではないかと思われる方も多いかもしれません。

私が働く職場でも加算の算定要件になっている認知症介護実務者研修や認知症介護実践リーダー研修は、法人が研修にかかる費用を負担してくれますが、認知症ケア専門士は自己負担で資格取得をする必要があります。

しかし近年認知症介護の重要性が増しているなかで「認知症ケアの専門的な知識を有しているスタッフを配置している」ということを売りにする事業所が増えてきています。

民間団体が認定する他の認知症ケアの資格に比べて専門的な知識や技術が学べる認知症ケア専門士の資格は、そのような事業所で重宝される資格の1つになってきています。

事業所によっては認知症ケア専門士の有資格者に対して数千円の資格手当を付けているところもあり、資格を取得することは介護福祉士のスキルアップはもちろんキャリアップとしても非常に魅力的な資格であると言えます。

認知症ケア専門士を必要とする施設は増加傾向!スキルアップにもオススメの資格

手を取り合う人々

現状では、認知症ケア専門士の資格を取得したからといって事業所に新たな加算が取れるということはありません。

しかし認知症介護の必要性が高まるにつれて認知症ケア専門士の資格を評価する事業所は増えてきています。

もし専門的な認知症ケアを強みにして活躍したいと思うならば、スキルアップをするために認知症ケア専門士の資格取得はおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年05月30日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。