認知症ケア専門士になるには【資格の取得方法を解説】

認知症ケア専門士になるには【資格の取得方法を解説】

介護の資格として有名なものとして介護福祉士、ケアマネジャーなどが有名です。国家資格にこだわらず民間資格を含めると介護の資格は種類が豊富でそれぞれ、深い介護の知識を得られます。今回はその中でも認知症ケア専門士なるにはどうすればいいか説明していきます。

認知症ケア専門士とは?

介護士

認知症ケア専門士とは、一般社団法人日本認知症ケア学会から実施されている資格です。介護の中でも特に認知症ケアに対する技術と技能の向上を目的として作られた資格になります。認定後も認知症に対する生涯学習の義務を課すなど、長く介護を続けていきたい人やより高度な技術を求めている人向けの資格になっています。

認知症ケア専門士の受講資格は?

資格

認知症ケア専門士は誰でも取れる資格ではありません。条件は試験実施日の3月31日から10年間遡り、3年以上の認知症ケアの実務経験を有する者です。認知症ケアの実務経験とは認知症専門の施設ではなく、認知症ケアを必要とする利用者がいる施設、団体、機関等なら問題ないそうです。介護職員である必要もありませんし、介護福祉士などの資格も条件には含まれません。

例えば、軽度の認知症がメイン層のグループホームで3年間従事していても受講資格は満たされます。但し、ボランティア活動や実習等は実務経験に含まれません。近年出てきたサービス、Sketterも有償ボランティア扱いなので、実務経験には含まれません。

どんな人が資格を取っているの?

はてな

日本認知症ケア学会の、認知症ケア専門士情報によると2019年10月調べで介護福祉士の資格取得率がダントツに多いです。次いで介護支援専門員、ヘルパー、看護師と続きます。介護福祉士の更なる技術向上やキャリアアップとして取得されたり、老人ホーム勤務の看護師が認知症への知識を深める為に取得する場合も多いようです。

認知症ケア専門士の種類には、取得後更に複数の条件を満たすことで受講可能な認知症ケア上級専門士や、実務経験無しで取得できる認知症ケア准専門士もあります。

合格率はどのくらい?勉強内容は?

合格祈願

認知症ケア専門士は1次試験と2次試験に分かれています。1次試験はマークシートの選択問題となっていて、認知症ケアの【基礎・総論・各論・社会資源】の4つの分野から50問ずつ出題され全200問です。7割正答すれば合格となり合格は分野別に判断されます。3分野合格したけど1分野だけ落ちてしまった場合は、再度受験したときに合格した3分野を免除して試験を受けられます。但し分野ごとの合格有効期限が決まっていて、5年間となっているのでそこは注意が必要ですね。

2次試験は何をするの?

2次試験は論述の提出と面接になります。論述は提出期限が決まっており、2次試験の受講申請書類と一緒に送らなければなりません。論述は認定委員会から事例が出題されるので、それに対して論述する必要があります。試験会場などで時間が決められている訳では無いので、ある程度じっくりと取り組める時間的余裕があるでしょう。

試験日当日に行う事はグループディスカッションです。6人を1グループにし、当日発表のテーマに即した1分間スピーチとグループディスカッションで終了になります。こちらはテーマが当日発表で対策が立てづらいので普段から、認知症に対して勉強し知識を蓄えておく必要があるでしょう。

どんなことを勉強するの?

1次試験の問題は認知症ケア標準テキストから出題されます。基礎では認知症ケアの理念から、予防法まで認知症という症状自体のことを広く学ぶことが可能です。総論はそこから一歩進んで、認知症の人とのコミュニケーションや、支援の方法など具体的なケアの方法を学んでいきます。

各論では基礎と総論で学んだことをより深く掘り下げていき、ターミナルケア等にも触れていきます。最後の社会資源では認知症への相談業務や、地域ぐるみで支える方法などを学べるでしょう。

費用はどれぐらいかかるの?

計算機

認知症ケア専門士の受講料は、1次試験なら1分野3000円となっていて4分野で12,000円になります。これに加えて受験の手引きに1000円、教科書4冊で8,963円です。

合わせると21,963円となります。加えて団体で行われている試験対策講座を受けると15,000円プラスで36,963円の費用がかかるでしょう。これに交通費などを加えた額が費用になりますね。

2次試験では受講料の8000円と1885円で販売されているテキストで合わせて9885円の費用がかかります。合わせると最低でも31,848円の費用はかかることになるので、予算は予め用意しておくと良いですね。

まとめ

認知症ケア専門士は民間資格とはいえ、介護士のキャリアとして取得しておくと高度な認知ケアの技術を持っていることの証明になります。介護の仕事を一生の物とするのであれば、取得して損はない資格の一つだと思います。認知症ケア准専門士の取得すると、専門士の1次試験をパスできるので、初めは准専門士から取得を目指すのも良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月12日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。