【介護福祉士とは?】資格の取得方法・勉強時間を詳しく説明

【介護福祉士とは?】資格の取得方法・勉強時間を詳しく説明

介護の求人情報などでよく目にする「介護福祉士」という名前。

介護に関する資格ということは分かるけれど、具体的にどんな資格で、どのような仕事をする職種なのか、正しく知らないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、介護福祉士とその資格の取得方法について分かりやすくご紹介します。

介護福祉士】とは?  


そもそも介護福祉士は、1987年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格のことを指します。

具体的には

介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう

と、同法においてその業務内容が明記されています。

このように書かれると分かりづらいですが、簡単に言えば『介護現場の業務と、職員への指導を行う介護のスペシャリスト』といったところでしょう。

また、最近では介護現場における医療行為のニーズが高まっていますが、そうした背景を受けて、介護福祉士が行うことができる医療行為の幅も広がりました。

例えば、喀痰吸引は経管栄養などは実務研修を受けて、条件を満たした環境下であれば、介護福祉士が処置を行うことができるため、医療とも密接に関わっている介護現場においては非常に重要度が高い役割と言えます。

このように、介護福祉士は介護職の中では唯一の国家資格であり、介護に関わるあらゆる知識と技術を有する専門資格として認知されているため、活躍を期待されている資格でもあるのです。

介護福祉士】を持っているとできる仕事

 

介護のスペシャリストである介護福祉士ですが、実際にはどのような仕事をすることが出来るのでしょうか?

まず、介護現場で行う業務に関しては、ヘルパーと同様、利用者がスムーズな日常生活を送ることができるように食事や入浴、排泄や歩行の介助などを行います。

また、実際に介護が始まると、利用者はもちろんのこと、介護をする家族なども疑問や不安を抱えていることが多いです。

そのため、そういった介護者からの相談に乗って、より良い生活を実現するためのアドバイスをしたり、精神的な支えになるといったような業務も、介護福祉士の重要な仕事の1つになっています。

更に、職場においてはチームリーダーなどの責任者として、他のメンバーのタスク管理や指導といった業務も介護福祉士には求められます。

 

このように、幅広く介護に関わる業務を行うことが出来る介護福祉士ですが、実際にどのような職場で働くことが出来るのでしょうか?

介護福祉士の就職先には、大きく分けて高齢者分野障害者分野の2つがあります。

高齢者分野では、老人保健施設を始めとした介護施設が主な就職先となりますが、勤務する施設の種類によって勤務時間が大きく異なり、求められる役割なども変わってくるため、施設選びが非常に重要と言えるでしょう。

例えば、寝たきりや重度の認知症など、介護度が高い利用者が入居する特別養護老人ホームでは、24時間体制である程度固定された入居者の介護をする必要があります。

医師や看護師と連携することも多いため、介護福祉士は医療機関と介護現場の橋渡し的な存在としての役割を求められることも多いです。

一方で、訪問介護事業所などに勤務する場合は、訪問介護員(ホームヘルパー)として様々な介護度の利用者と触れ合ったり、他のヘルパーをまとめる責任者としての仕事をする機会が多くなります。

このように、高齢者分野の中も様々な施設があり、どの施設を選ぶかによって働き方が変わってくるということを覚えておきましょう。

また、障害者分野では、主に身体・精神・知的障害福祉施設が就職先として考えられます。

業務内容は高齢者分野と変わりない施設もありますが、利用者の対象は児童や成年など幅広くなるという点は、大きな違いと言えるでしょう。

どちらの分野においても、介護福祉士は介護のスペシャリストとして期待度が大きく、また幅広い業務に対応できるため、正社員として雇用されることが多く、現場で実績を積んでキャリアアップを図ることもできる資格なのです。

介護福祉士】から目指せる次のキャリア

介護福祉士は、介護現場で唯一の国家資格であり上位の資格と言われていますが、実はその先にもいくつかのキャリアステップが存在します。

それでは、介護福祉士として現場で実績を積んだ後、具体的には次にどのようなキャリアを目指すことが出来るのでしょうか?

介護現場では2012年に導入されたキャリアパス制度により、介護資格が4段階に順位づけられました。

その中で、介護福祉士は上位から2つめに位置づけられており、更にその上には最上位の資格である「認定介護福祉士」というキャリアステップが用意されています。

具体的に、認定介護福祉士とは介護福祉士のリーダーのような立場であり、介護職員に対してサービス面や介護についてさまざまな指導をする他、介護の質を上げるために医療機関や他のサービスと連携するなど幅広い役割が求められる資格です。

介護福祉士から認定介護福祉士になるためには、実務経験を5年以上積んだ上で、認定介護福祉士の養成研修を修了する必要があります。

認定介護福祉士になると、介護施設はもちろんのこと、病院や行政の介護関係の仕事に就くことも可能になるため、勤務先や業務の幅が広がることは間違いありません。

また、4段階のキャリアステップとは別に、介護福祉士と合わせて取得しておいた方が良い資格に「ケアマネージャー」があります。

ケアマネージャーとは、利用者に対するケアプランを作成することができる資格であり、介護福祉士とケアマネージャーを兼務することができれば、職場における業務の幅がより一層広がり、給与アップも見込めるでしょう。

介護福祉士】の資格を取得するには?

ここまで、介護福祉士の資格内容や働き方、キャリアステップなどについてご紹介してきましたが、実際に介護福祉士の資格を取得するにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで、ここからは介護福祉士の資格取得方法や、取得までかかる時間や費用など、リアルな部分をご紹介していきます。

 

介護福祉士】の資格取得方法

介護福祉士の資格を取得するには、介護福祉士の国家試験に合格することが必須条件になりますが、そこに至るまでには大きく分けて3つのルートがあります。

 

1つ目は、介護福祉士の養成施設として認定を受けた専門学校に入学する方法です。

入学後に1~2年の規定年数を修了することで、介護福祉士の受験資格を得ることができます。

専門学校を卒業した場合、国家試験の中の実技試験を受ける必要がなく、筆記試験にさえ合格すれば良いという点は大きなポイントと言えるでしょう。

 

2つ目は、福祉系の高等学校を卒業するという方法です。

最近では通学でも通信でも福祉系の高等学校が増えてきており、こうした学校を卒業すれば受験資格を得られると共に、1つ目で紹介した専門学校同様、筆記試験は免除されます。

しかし、特例高等学校の場合は、受験資格を得るため、卒業後に9ヵ月以上の実務経験が必要となるので注意しておきましょう。

 

3つ目は、介護の現場で実務経験を3年以上積み、実務者研修を修了してから受験する方法です。

研修といっても数日で終わる簡単なものではなく、20科目450時間分の深い知識を学習する必要がありますが、この実務者研修を修了することで2年以上の養成課程を持つ介護福祉士養成校と同等の知識を身に着けることが可能です。

そのため、この場合も介護福祉士の試験においては、実技試験は免除されて筆記試験のみとなります。

 

一方で、働きながらこのような研修を受けるのは難しいと感じる人も多いかもしれませんが、通信で受けるコースや通学と通信を合わせたコースなど様々な受講パターンが用意されているため、すでに介護現場で働いている人にはおすすめの方法と言えるでしょう。

 

介護福祉士】取得までにかかる期間

 資格取得にかかるまでの時間も、それぞれのルートによって異なります。

1つ目の専門学校に高校卒業後に通う場合は2年以上、福祉系大学などを卒業後に通う場合は1年以上、課程修了までにかかることになるため、経歴によって異なるということに注意しましょう。

2つ目の福祉系高等学校を卒業する場合は、原則3年間通学する必要があり、3つ目の実務経験ルートの場合は、最低3年かかるということになります。

 

しかし、これはあくまでも試験資格を取得するまでにかかる期間です。

介護福祉士の資格試験に合格するためには、もちろん勉強する必要があります。

学校系に通っている場合は、試験対策を授業の中や学校以外の時間ですることが可能ですが、実務経験ルートの場合はなかなかまとまった勉強時間を確保することが難しいかもしれません。

うまく仕事の時間を調整して独学で勉強したり、介護福祉士試験向けの通信講座や通学講座を受講するなどして対策をする必要があるということを覚えておきましょう。

 

介護福祉士】取得までにかかる費用

 介護福祉士の試験を受験するには、大前提として一律10,650円の費用が必要です。

 

そして、専門学校などの養成施設では大体100~200万円程度、福祉系高等学校では一般的な高等学校と同等の学費がかかると言われています。

 

また、実務経験ルートの場合は、実務者研修の費用が保有する資格ごとに異なってくるため注意が必要です。

具体的には、無資格者であれば10万円、初任者研修修了・ホームヘルパー2級を取得していれば8,2000円、介護職員基礎研修を修了していれば3万円の費用が実務者研修にかかってきます。

 

最も低コストで介護福祉士を目指すのであれば、3年以上の時間はかかってしまいますが、実務経験ルートでの取得がおすすめと言えるでしょう。

介護福祉士】の資格取得のための支援制度

 

介護福祉士の資格を取得するためには、それなりに費用もかかるということがわかりましたが、一方で、介護現場における人手不足と今後の需要拡大の背景から、国や自治体による「介護資格取得支援」も行われています。

 

どのルートから資格を取得するか、どんな立場なのかということによって受給可否は異なりますが、主に以下の3つの支援制度が存在します。

 

(1)一般教育訓練給付金

働く人の能力開発やキャリアアップ、再就職を支援を目的としたもので、実務者研修の費用が制度の対象となります。

具体的には、支給金額の上限を10万とした上で、費用の20%を支給するというものです。

この給付金は雇用保険から支給されるため、雇用保険被保険者、もしくは資格喪失から1年以内で支給要件期間3年以上を満たしていることが条件になります。

 

(2)専門実践教育訓練給付金

中長期的なキャリアアップと雇用の安定、再就職を支援する目的としたもので、実務者研修と介護福祉士養成施設が対象となります。

教育訓練を受講するために支払った費用の50%が支給されるというものです。

こちらも雇用保険から支給されるため、被保険者であり支給要件3年以上、資格喪失1年以内で同じく支給要件3年以上を満たすことが条件になります。

 

(3)求職者支援訓練

雇用保険を受給できない無給の求職者を対象とした無料の職業訓練です。

ハローワークに求職の申し込みをしており、雇用保険の被保険者ではないなどの条件を満たした、特定求職者であることが条件になります。

 

このように、介護福祉士を目指す人のために、様々な支援制度が用意されているため、条件を満たすようであれば、ぜひ活用してみると良いでしょう。

介護福祉士】の資格取得を目指そう

 今後ますます高齢化が進む日本において、介護の仕事は需要が高まる業界であり、その中でも介護のスペシャリストである社会福祉士の必要性は更に高まることが予想されます。

未経験であっても、すでに介護の仕事をしている場合であっても、社会福祉士を目指す方法はたくさんあり、支援する制度も用意されているので、ぜひ今後のキャリアップを視野にいれて社会福祉士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

(Posted by ふるたに しょうこ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月21日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。