【実務者研修】気になる資格の取得方法や資格内容まで詳しくご紹介!

【実務者研修】気になる資格の取得方法や資格内容まで詳しくご紹介!

教室

2025年問題を間近にし、ますます介護に携わる人材の確保・レベルアップが求められています。

国は、より質の高い人材育成を目指して、介護人材養成のあり方について検討しました。そこで導入されることになったのが、【実務者研修】です。

介護福祉士取得にも必要なので耳にする機会もあるかと思いますが、内容が分かりにくいと感じている人もいると思います。そこで今回は、実務者研修の概要や取得するメリット、取得方法などについてまとめました。

仕事の幅を広げたい人、もっと上を目指したい人の参考になれば幸いです。

介護業界15年以上のベテランが語る!未経験からのキャリアアップに必要な資格とは?

【実務者研修】とは?

教室

実務者研修とは、「幅広い利用者に対する基本的な介護提供能力の取得」と、「今後の制度改正や新たな課題・技術・知見を自ら把握できる能力の獲得」を目標としています。また、介護福祉士国家試験を受験するために必要です。

介護福祉士の試験は、これまでは実務経験が3年以上あれば受験できましたが、平成27年度国家試験(平成28年1月に実施)から実務者研修を修了していることも受験の条件となりました。

しかし、実務者研修の取得が、介護福祉士を目指す全ての人に必要なものというわけではありません。

介護福祉士を取得するためのルートは、4つあります。

  • 養成施設ルート:文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定した学校や都道府県知事の指定した養成施設を卒業した人。
  • 実務経験ルート:介護等の業務に従事した人で、従業期間が3年以上かつ従事日数が540日以上ある人。
  • 福祉系高校ルート:学校教育法による高等学校または中等教育学校を卒業した人。または、特例高等学校等を卒業し、9ヶ月以上の介護等の実務経験がある人。
  • 経済連携協定(EPA)ルート:日本の介護福祉士資格を取得することを目的とした研修を受けながら就労するインドネシア人、フィリピン人、ベトナム人。

この中で、実務経験ルート経済連携協定(EPA)ルートにおいて、実務者研修が課せられるようになりました。

【実務者研修】を持っているとできる仕事

介護

実務者研修で身につくスキルは、介護福祉士養成施設(2年以上の養成過程)における到達目標と同等の水準とされています。介護保険制度や認知症への理解、介護スキルなど、介護現場で活躍するために必要なものばかりです。

さらに、たん吸引や経管栄養といった医療行為の一部ができるようになります。そのため、実務者研修を取得すると今までよりも仕事の幅が広がります。

実務者研修は、介護の知識や技術が一定以上あることの証明になるので、転職でも有利に働く可能性があります。

※喀痰吸引を実務で行うためには、さらに喀痰吸引等研修の「実地研修」の受講が必要となります。

【実務者研修】から目指せる次のキャリア

積み重ね

実務者研修を取得後、まず目指したいのは介護福祉士です。介護福祉士は国家資格で、高いスキルをもった介護の専門家として活躍できます。

その他にも、以下のようなキャリアアップが目指せます。

サービス提供責任者

2018年4月より、サービス提供責任者の要件が変わり、介護福祉士か実務者研修を取得していることが条件となりました。

この要件を満たしていないと介護報酬が10%減算されることになるため、実務者研修を取得していることが求められます。

補足しますと、サービス提供責任者に必要なのは要件に該当することであり、サービス提供責任者という名称の資格はありません。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

ケアプランの作成や給付管理、サービス事業者と利用者間の調整など、介護保険に関するプロとして活躍します。

介護支援専門員は、利用者が介護保険サービスを利用するうえで欠かせない存在です。

認定介護福祉士

介護福祉士の上位資格といて位置づけられており、一般社団法人 認定介護福祉士認証・認定機構が認定する民間資格です。
より質の高いサービスの提供や医療との連携ができることを目指しています。

さらに、介護職チームへ指導をしたり、地域の介護力向上のために活動したりと、幅広く活動できます。

【実務者研修】の資格を取得するには?

上昇

ここからは、実務者研修取得に関する内容を具体的に紹介します。
なかでも実務者研修の取得方法や支援制度はさまざまあるので、比較しながら自分に合った方法を見つけましょう。

【実務者研修】取得までにかかる期間

実務者研修の期間は、6ヶ月以上と定められています。6ヶ月間で全て受講する必要はなく、数年かけて少しずつ修了すればよいことになっているので、自分のペースに合わせることができます。

一方で、すぐには取得できないので、現時点でキャリアアップを目指している人は計画的に受講する必要があります。

【実務者研修】取得までにかかる費用

実務者研修にかかる費用は、講習を受けるスクールやすでに取得している資格によって異なります。

無資格の場合は約15万円~25万円、介護職員初任者研修を修了している場合は約10万円~20万円が多いようです。スクール独自の割引制度やキャンペーンを実施していることもあるため、詳しい内容についてはスクールに問い合わせましょう。

また、場合によっては無料で講習が受けられたり、費用の負担を軽減するための制度が利用できたりします。詳しくは「【実務者研修】の資格取得のための支援制度」をご覧ください。

【実務者研修】の資格取得方法

実務者研修を取得するためには、450時間以上の研修を受けなければなりません。そのうちの45時間以上は、ケーススタディや演習などの面接授業になります。

講座は福祉系の専門学校やスクールで受講でき、昼間課程・夜間課程のほか、通信課程もあります。求職中の方は、ハローワークで求職者支援制度を利用することもできます。

どの方法が自分にとって無理なく学べるか、検討しましょう。

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

【実務者研修】の資格取得のための支援制度

本

実務者研修を受ける人の負担を軽減するため、さまざまな支援制度があります。

受講科目の免除

過去にホームヘルパー2級、介護職員初任者研修や認知症介護実践者研修を受けた人は、一部の講習を免除できます。また、社会福祉協議会や事業者団体など、地域の団体が開催する講習を受けた場合、一定の水準を満たしていれば科目単位での修了認定が認められます。

受講費用の支援

1.介護福祉士修学資金等貸付制度

介護福祉士を目指して介護現場で働く人に、20万円を上限として支援します。さらに、2年間介護職員として勤務すると返済が免除になります。

2.求職者支援制度(職業訓練給付金)

雇用保険を受給できない人でハローワークから支援指示を受けた人が、実務者研修を含む職業訓練を無料で受講できます。

3.一般教育訓練給付

指定する教育訓練を修了した場合、支払った金額の20%(上限10万円)が支給されます。

4.専門実践教育訓練

一定の条件を満たす在職者あるいは離職者が、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を受講すると、支払った費用の50%(年間上限40%)を原則2年(最大3年)、ハローワークから支給する制度です。

【実務者研修】の資格取得を目指そう

ひらめいた

実務者研修は、キャリアアップのためだけでなく、よりよい介護サービスを提供するために役立つ資格です。日々の業務に関することも学べるので、自信をもって利用者さんに接することができます。

働きながらの資格取得は大変かもしれませんが、受講方法や支援制度はさまざまあります。無理なく受講できる方法を見つけて、ぜひ資格取得を目指しましょう。

介護の資格には何がある?修得後に就ける仕事についてもご紹介!

参照:
・近畿厚生局 介護福祉士実務者研修に関するよくあるご質問Q&A
https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/faq/yousei.html
・公益財団法人 社会福祉振興・試験センター 介護福祉士国家試験
http://www.sssc.or.jp/kaigo/index.html
・厚生労働省 介護福祉士の資格取得方法の見直しの延期について
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/care/dl/care_16.pdf
・厚生労働省 介護労働支援ガイド
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000041787.pdf
・厚生労働省 介護人材の届出システムの概要(平成29年4月1日稼働)
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000153296.pdf
・政府広報オンライン 専門実践教育訓練給付金の拡充であなたのキャリアアップを支援します
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201408/1.html
・ウェルネットなごや 平成30年4月以降の訪問系サービスの従業者要件等について
http://www.kaigowel.city.nagoya.jp/view/wel/docs_jigyosya/2018022000029/files/300209houmonjugyousha.pdf
・一般社団法人 認定介護福祉士認証・認定機構
http://www.nintei-kaishi.or.jp/certification/

(Posted by 浅野すずか)

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年12月14日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。