【認知症ケア専門士のいる施設】普通の介護施設と比べたメリットとは?

【認知症ケア専門士のいる施設】普通の介護施設と比べたメリットとは?

介護施設

介護の世界にはたくさんの資格が存在します。国家資格である介護福祉士や理学療法士、看護師、そのほかにもケアマネージャーなど、認定する機関は異なりますが専門的な知識を有した職種ばかり。その中でも今回ご紹介する認知症ケア専門士という資格は、認知症ケアの経験を積み専門的な知識を習得することで認められる資格です。そんな認知症ケア専門士についてさらに詳しく見てきましょう。

認知症ケア専門士とは?

認知症ケア専門士は、日本認知症学会が主催する民間資格で認知症ケアに対する優れた学識と高度な技能、および倫理観を備えた専門技術士とされています。認知症患者に携わる看護師なども取得を目指すなど、医療と介護の両方の現場で有効な資格です。
高齢化社会が進み、認知症高齢者が増える中で専門的な知識と経験から得た活かせる技術を駆使し、認知症の本人と家族や周囲を含めたサポートを行うことができる存在としてこれからの活躍が期待されています。

認知症ケア専門士に与えてもらえる安心感

認知症の高齢者のケアに関する専門的な知識を有していること、その知識が「介護の現場で活かせる技術」として認められているのはとても安心できる存在です。また認知症である本人だけでなく、家族や周囲を含めた総合的な支援やサポートを行うことができる存在としても頼れる存在でもあります。また、認知症に馴染みのない人々への理解や最先端の技術などを広めるための懸け橋となる役割も求められているので、利用する予定の施設に資格取得者がいると心強いです。

認知症ケア専門士がいる施設

認知症ケア専門士の資格取得者の多くは、認知症の高齢者が利用するグループホームや認知症デイサービスなどの介護施設で働くことになります。そしてそのような認知症の人が利用する施設では、専門知識を有している存在として活躍することが可能です。
特別養護老人ホームや居宅介護支援事業所、地域包括センター、医療機関などがそれらにあたり、介護や福祉、医療それぞれの現場でも資格取得者が勤務しています。

認知症ケア専門士から受けられるサービス

サービス

グループホームや認知症デイサービスなど認知症に対応している介護施設では認知症ケア専門士がいることが多く、認知症介護の経験と専門的な知識をもとにした認知症ケアを行ってもらえます。

認知症に対応した介護やケア

認知症の人とそうでない人では同じよう接して介護をするのではなく、認知症であるということを前提に接し、介護をするなど対応を変えることも必要です。

また、なるべく自分自身で行えることはしてもらいながら、日常生活の機能維持に努めたり認知症の人の持っている世界を認めながら同意や共感をすることで、精神的な健康状態を保てるように心がけることも必要になります。
このように個々に差がある認知症の症状それぞれに合った介護やケアをしてもらいやすいという特徴があります。

認知症介護の相談

高齢者の介護を行う場合には、専門的な知識を有した人への相談は欠かせません。認知症の高齢者の場合であればなおさらです。介護の相談をするとなると、一番身近な専門家といえばケアマネージャーだと思いますが、認知症の専門的な知識が必ず持ち合わせているとは限りません。

一方で認知症ケア専門士は、介護全般のことも経験から理解していますし、認知症に関してはプロとも言える存在です。家族には介護施設のこと、自宅介護のこと、本人との関わり方などたくさんの疑問や悩みがあるはずです。総合的に支援してくれる認知症ケア専門士に相談すれば、共に介護に向き合ってくれますよ。

本人・家族以外の周囲への認知症の理解

認知症に関わりや馴染みのない周囲へ、認知症への正しい理解と認知症ケアの必要性を共有するための懸け橋となってくれます。

認知症ケア専門士以外の認知症ケアに関する資格

認知症ケア介護士以外にも認知症ケアに関わる資格があります。

・認知症介助士
公益財団法人「日本ケアフィット共育機構」が認定する資格で、家庭や地域で活かせる認知症ケアが身に付けられる資格です。

・認知症ケア指導管理士
一般財団法人「職業技能振興会」が認定し、認知症ケアの専門性向上を目的とした資格になっています。

まとめ

介護

認知症の介護における資格として認知症ケア専門士についてご紹介しました。数多くある介護施設でも認知症専門に対応する施設が増える中で、「専門的な知識や経験を有した人を認める資格」である認知症ケア専門士の存在は大きな意義を持つことになります。

このような資格取得者がいる場合とそうでない場合では、質の良い介護を受けられるようにと考える利用者にとって施設を決定するうえで大きな判断材料となります。これから利用することがあるのであれば、施設の設備や雰囲気とともに資格取得者の有無も考慮したいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月18日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。