【例題つき】介護福祉士国家試験ってどんな問題が出るの?試験日は?全部解説しちゃいます!

【例題つき】介護福祉士国家試験ってどんな問題が出るの?試験日は?全部解説しちゃいます!

ノートをとる手

こんにちは。社会福祉士・介護福祉士の笑和です。

福祉分野には、3つの国家資格があります社会福祉士精神保健福祉士、そして介護福祉士です。
この記事では、これから介護福祉士を目指す場合、どのようなルートで資格を取得することができるのか、試験の難易度は?等、介護福祉士国家試験の概要を説明します。

介護福祉士とは

介護福祉士は名称独占の国家資格です。高齢者や障がい者等、自立した生活を送ることが困難な人に対し、専門知識及び技術をもって日常生活上の世話・介護を提供する役割です。
介護福祉士になるためには、介護福祉士国家試験を受験し、合格しなければなりません。

受験資格

介護福祉士国家試験を受験するためには、まず受験資格を得る必要があります。逆を言えば、受験資格の無い人は国家試験を受験することができません。
では、どのようにしてこの受験資格を得ることができるのでしょうか。代表的な2つのルートを紹介します。

介護福祉士養成校ルート

1つ目は、介護福祉士養成施設(専門学校や短期大学等)で教育を受け、受験資格を得る方法です。
介護福祉士の養成校へ通学し、規定カリキュラムで専門知識や技術を学び、卒業すれば介護福祉士国家試験の受験資格を得ることができます。

実務経験ルート

受験資格を得る2つ目は、3年以上介護等の業務に従事した人が、実務者研修を修了したうえで、受験資格を得る方法です。
この実務者研修を修了した後、介護の実務経験を証明する書類を、定められた方法で社会福祉振興・試験センターに提出することで、国家試験を受験することができます。

試験の概要

 

実施時期

介護福祉士国家試験は年1回、例年1月末の日曜日に全国各地で実施されます。

試験内容

試験内容は筆記試験と、実技試験があります。詳細は次のとおりです。

筆記試験

次の11科目群から出題されます。例年、五肢択一の問題です。

  1. 人間の尊厳と自立、介護の基本
  2. 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
  3. 社会の理解
  4. 生活支援技術
  5. 介護過程
  6. 発達と老化の理解
  7. 認知症の理解
  8. 障害の理解
  9. こころとからだのしくみ
  10. 医療的ケア
  11. 総合問題

実技試験

受験者の大半は実技試験が免除されますが、一部次のようなルートの方は実務試験を受けます。

  • 福祉系高校卒業ルート
  • 経済連携協定(EPA)ルート

筆記試験の例題

では、どのような問題が出題されるのか、例題を通して確認しておきましょう。

例題1

社会福祉士及び介護福祉士法における介護福祉士の義務として、誤っているものを 1 つ選びなさい。

  1. 信用失墜行為の禁止
  2. 要介護者の医学的管理
  3. 福祉サービス関係者等との連携
  4. 資質向上の責務
  5. 秘密保持

例題2

介護老人福祉施設の感染対策に関する次の記述のうち、適切なものを 1 つ選びなさい。

  1. 職員のうち感染委員さえ注意していれば感染症は拡大しない
  2. おむつ交換は、使い捨て手袋を着用して行うことが基本である。
  3. 洗面所のタオルは共用にする。
  4. 入所者の吐瀉物を布巾で拭き、それを共用スペースに放置した。
  5. 感染拡大と施設内の清掃は関係が無いので、適当に済ませる

 

 

 

いかがでしたか? 正解は例題1、2ともに「2」です

国家試験の合格には、介護に関する総合的理解を進めるとともに、合格に向けたテクニックがあります。これらを身に付けて、チャレンジしてみて下さい。

合格基準

社会福祉振興・試験センターのホームページ*1によると、介護福祉士国家試験には次の合格基準が定められています。以下、引用します。

次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。

ア 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
イ アを満たした者のうち、以下の試験科目11科目群すべてにおいて得点があった者。
[1] 人間の尊厳と自立、介護の基本
[2] 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
[3] 社会の理解
[4] 生活支援技術
[5] 介護過程
[6] 発達と老化の理解
[7] 認知症の理解
[8] 障害の理解
[9] こころとからだのしくみ
[10] 医療的ケア
[11] 総合問題
(注意)配点は、1問1点の125点満点である。

総得点の60%以上であるうえ、全ての科目群での得点を必要とします。

やはり、専門職として総合的な理解の有無を問われます。

合格発表

試験の合格発表は毎年、3月の下旬頃にホームページ等を使って発表されます。
合格者には社会福祉振興・試験センターから、介護福祉士の登録手続きに関する書類が届きます。
登録手続きが完了してから、改めて介護福祉士国家資格登録証が自宅に届くような段取りです。
この書類が、介護福祉士国家資格の保有を証明する公的な書類です。登録をしなければ、介護福祉士になることはできません。

難易度・合格率

合格率はここ3年で約60%~70%です。以前は、合格率が50%を下回っていた時代がありました。現在では、以前に比べると合格率はUPしているといえます。

 

【細かな合格率が知りたい方はこちらをチェック!】

介護福祉士国家試験の合格率は?前年と比較して解説

合格を目指すには

だるまと本と鉛筆

合格を目指すには、介護に関する総合的知識が必要です。とは言っても、自己学習でも充分に手の届く国家資格なので、現場での経験と、テキストから得られる知識をもとに試験合格を目指しましょう。

 

参考文献

*1 公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月30日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。