ケアマネージャーになるには?【受験資格や試験合格率を紹介します!】

ケアマネージャーになるには?【受験資格や試験合格率を紹介します!】

勉強する女

介護の資格にはいろいろなものがあります。介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士…この他にもレクリエーション介護士、認知紹介助士といった資格などが存在します。

この中でも、介護の仕事をしている人は、ケアマネージャー(介護支援専門員)と接する機会が多いと思います。そして、いつかはケアマネージャーになりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ケアマネージャーになるためには試験に合格する必要がありますが、受験資格や試験内容はどのようなものなのでしょうか。ここでは、ケアマネージャー試験についてお話ししていこうと思います。

ケアマネージャーになるには

まず、ケアマネージャーの試験を受けるために必要な受験資格などについてお話ししていこうと思います。

受験資格

ケアマネージャーの受験資格はハードルが高いと言われています。これは「勤務年数」の長さに要因があります。受験資格は、以下の業務を通算して「5年以上かつ900日以上従事したもの」と決まっており、必要実務経験期間は、試験日前日までに満たして入れば受験が可能です。

・国家資格に基づく業務
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語 聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士)、精神保健福祉士

・生活相談員・支援相談員・相談支援員・主任相談支援の業務

国家資格を有している者でも、5年以上かつ900日以上の勤務年数を要しますが、ケアマネージャーの資格自体は国家資格ではなく「公的資格」になります。

実務経験証明書が必要

上記でお話した勤務年数を満たしていても「実務経験証明書」がないと受験ができません。実務経験証明書は、現在勤務している施設やそれ以前に勤務していた施設に発行してもらう必要があります。

試験日時や申し込み方法について

ケアマネージャーの試験は、毎年同じ時期に行われています。申し込み方法は全国統一ではないので、各都道府県に問い合わせ・確認する必要がります。

試験日程

2020年(第23回)の試験日程は、
2020年(令和2年)10月11日(日)、午前10時開会
になります。

例年10月の第2日曜日に行われており、全都道府県統一でこの日時になります。

受験申込方法

各都道府県で受付期間や受付方法が異なりますが、おおよそ5月~7月が受付期間になります。
詳細は各都道府県のホームページ、または公益財団法人社会福祉振興・試験センターのホームページより確認できます。

試験会場

試験会場(受験地)は、勤務している都道府県が優先になります。

例えば、千葉に住んでいるけれど東京で働いている、という場合は、受験地は東京になりますので、注意が必要です。現在は仕事をしていないという場合は、居住地の都道府県での受験になります。

また、受験会場は自分で選ぶことができないので、受験票が送られてきたらしっかりと受験会場を確認しておきましょう。わからない方は、都道府県の担当窓口に問い合わせてみましょう。

ケアマネージャー試験の合格率

第17回(H26年度)…19.2%
第18回(H27年度)…15.6%
第19回(H28年度)…13.1%
第20回(H29年度)…21.5%
第21回(H30年度)…10.1%
第22回(R元年度)…18.5%

となっています。

過去6年の平均合格率は16.3%ですが、第20回と第21回では2倍ほどの差があります。また、第21回までは13万人ほどの受験者がいましたが、第22回からは受験者が極端に減り約5万人、第23回では約3万人にまで減少しています。

合格点は?

試験内容は

・介護支援分野…25問
・保健医療福祉サービス分野…35問(基礎15問、総合5問、福祉サービスの知識等15問)

の、計60問です。

合格点は毎回違い、正答率70%が基準になりますが、問題の難易度により上がったり下がったりします。ここ数年では70%を下回ることが多くなっていますが、どちらか一方の分野が合格点を下回る場合は残念ながら不合格となります。

第22回(R元年度)を例に挙げると

・介護支援分野…60%(25問中15問以上)
・保健医療福祉サービス分野…68.6%(35問中25問以上)

で合格ということになります。

合格発表はいつ?

12月の第1火曜日が合格発表になることが多いです。

第23回(R2年)の合格発表は、12月1日(火)の予定です。合格発表はインターネットで閲覧することができますが、受験申込をした時に合格発表時に受験番号を掲載する(開示を希望する)」に希望した人のみになります。

開示希望をしていなくても、合格通知ははがきで届きますので心配いりません。しかし、はがきは対面受け取りになるので、不在の場合は再配達もしくは郵便局に取りに行く必要があります。

合格後は「介護支援専門員実務研修」を!

ケアマネージャーとして仕事をするためには、都道府県知事が発行する介護支援専門員証」の交付を受けなくてはなりません。そのためには、試験合格者を対象に行なわれる「介護支援専門員実務研修」を受講する必要があります。

・87時間以上の研修(15日間の講習+3日間の実務)
・2~7.5万円の受講費用

が必要になり、地域によって異なりますので、こちらも併せて確認しておきましょう。

ケアマネージャーになってより良い支援を!

教科書の山

受験資格のハードルが高く、合格率も低い「ケアマネージャー」。試験に合格した後も研修を受講する必要がありますが、今後も加速する高齢化社会には、必要な資格・人材だと思います。

介護の仕事はとてもやりがいのある仕事だと思います。さらにケアマネージャーの資格を取ることで、より良いケア・サービスを提供していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年05月24日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。