介護職は無資格・未経験でも始められるのか

介護職は無資格・未経験でも始められるのか

「未経験の自分を雇ってくれるか不安」
「せめて資格を取得したいけど、費用がない」

介護職への転職を検討している人の中に、上記の様な悩みを抱えてはいませんか。

ですが、ご安心ください。未経験でも資格がなくても介護の仕事は始められます。本記事では未経験・無資格でも始められる介護の仕事について紹介します。

無資格・未経験からでも挑戦できる介護の仕事

OKする女性のイメージ

未経験でも介護の仕事は始められます。

しかし無資格の場合はどうしても選べる職種の幅が狭まるでしょう。どのような仕事であれば無資格でもできるのか。以下の項目をご参考ください。

介護施設全般

実は施設・事業所内の介護であれば、誰でも介護業務ができます。

介護現場には介護福祉士の有資格者を滞在させなければいけません。しかし有資格者がいれば、その人の下で無資格の人でも介護業務が可能です。

介護施設の送迎ドライバー

送迎を行っている施設のドライバーは、介護の資格は必要なりません。運転免許さえあれば誰でも送迎を行うことができます。

余談ではありますが、施設によっては介護員が行う場合と、専属ドライバーを雇って行う場合があります。

訪問介護はできないことがある

訪問介護は利用者の自宅に直接伺い、生活援助や身体介護を行う仕事です。

生活援助は、掃除や洗濯、調理などの家事全般。身体介護は食事・排泄・入浴などが該当します。

利用者が介護保険によってサービスを利用する場合、こういった業務は資格がないとできません。

例外として、介護保険を利用しない自費サービス(介護保険外サービスとも)の場合、介護資格は必要ありません。

無資格で働くことのデメリット

暗い洞窟のイメージ

前項目では無資格・未経験でも介護の仕事はできるとお話ししました。誰でも最初は未経験。日々仕事をこなして経験を積めば、いつかは成長できるものです。

しかし、無資格で働くのであれば、覚悟しておいた方がいいことがいくつかあります。こちらの項目では無資格で働くことのデメリットを解説します。

給与が低い

ほとんどの施設では資格所持者に対し資格手当が支給されます。

しかし無資格であれば、当然こういった手当は支給されません。介護業界は他業界と比べ給与が低いことが多く、資格手当がもらえないと基本給はさらに低くなるでしょう。

また、無資格の人は契約社員として雇用されることがあります。その場合、正社員よりも給与は低く、施設によっては賞与も正社員の半額しか支給されないこともあります。

仕事を覚えるのが大変

介護現場は人手不足のため、忙しいことが多いです。

そのため先輩職員の手が空いてないことが多く、仕事を教えてもらうための時間もなかなか確保できません。まったく前知識がない状態で入社すると、始めはかなり苦労することになるでしょう。

介護職員初任者研修を受講しておくと、講習時に介護の実務について学べるため、例え未経験でも講習を受けるのと受けないのとでは大きな差が出ます。

キャリアアップは難しい

業務を始め、技術的にベテランになったとしても、無資格だと昇給やキャリアアップは難しいです。

介護資格は運転免許のようなもの。車は運転免許がないと運転してはいけないように、介護の仕事にも資格がないとできない業務があります。

しかし介護の上位資格は、他の資格を取得している必要があるものばかりです。

例えば介護の国家資格である介護福祉士を取得するには、福祉系の大学を卒業していない場合、実務経験3年のほか実務者研修の修了が必要です。実務者研修の修了には450時間かかりますが、あらかじめ受講しておくと介護福祉士の受験の際の実技試験が免除されます。

無資格のままで実務経験が3年積み介護福祉士の取得しようとすると、実務者研修の講習も受けなくてはいけません。その分キャリアアップは遅れてしまいます。

キャリアアップについて

登頂のイメージ

介護職は実務経験に応じて資格を取得することができます。資格の取得ができれば、できる仕事の幅が広がりますし、新たな役職に就くこともできるでしょう。

こちらの項目では、介護職を続けることで取得できる資格について解説します。

介護福祉士

介護福祉士は、介護資格で唯一の国家資格。どの介護施設でも、介護福祉士の資格を取得すれば月給に手当がついたり、パートであれば時給がアップしたりするので取っておいて損はない資格です。

各自治体の決まりによっては、介護福祉士の資格をもっていると生活相談員として働ける場合もあり、活躍の場は広がります。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

長い実務経験と、難関な試験を合格することによって得られる資格です。
介護支援専門員は市町村やそれぞれの介護施設と連携しながら、相談者が利用するサービスの計画を立てる、支援計画の専門家です。

相談者の状況から計画を立て、どのサービスを利用するか、福祉用具の利用はどうかを考えなければいけないため介護だけでなく、医療・福祉の専門知識が必要となります。
直接介護をする機会は減りますが、介護が必要な状況になったら真っ先に相談を受ける仕事で、活躍できる場所は広いでしょう。

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格は実務経験ではなく、養成所で学習することによって取得できる任用資格です。
自治体の決まりにより、介護福祉士では生活相談員ができない地域では、社会福祉主事任用資格か社会福祉士、精神保健福祉士のいずれかが必要です。

社会福祉士や精神保健福祉士の資格は、福祉大学への進学か相談援助の実務経験が必要となります。しかし、相談援助の実務は生活相談員のように、そもそも社会福祉士や精神保健福祉士の資格が必要であることが多いです。

そのため福祉大学の卒業生でなければ、社会福祉主事任用資格の取得を目指した方が現実的でしょう。

できるだけ資格は取得しておきましょう

仕事に追われる女性のイメージ

ここまで何度も申し上げてきましたが、無資格・未経験でも介護の仕事はできます。
これから介護職に興味のある人は、ぜひ挑戦してください。

しかし経験はともかく、無資格のままというのはお勧めできません。せめて介護職員初任者研修は受講しておいた方が良いでしょう。

受講費用が気になるという方は、応募する法人について調べてみてください。介護職員初任者研修の受講費用を、法人で負担してくれるところもあります。入社する施設を選ぶ1つの基準にしても良いかもしれません。

(Posted by 優樹)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月22日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

制度・資格カテゴリの最新記事