求人募集でよく見る「夜勤」って?詳しくご紹介!

求人募集でよく見る「夜勤」って?詳しくご紹介!

介護施設
こんにちは。社会福祉士・介護福祉士の笑和です。

入所型福祉施設は、複数の介護職員がシフトで勤務しています。
例えば、早出・遅出・日勤・夜勤という名称で、時間をずらしたり、重複させたりしながら、切れ目なく入所者のお世話をしています。

この記事では、上記の勤務帯のなかで最も長い時間勤務する夜勤を取り上げます。介護職が行う夜勤の仕事内容やポイント、夜勤専門の求人等について解説します。

夜勤とは?

夜勤とは「夜間勤務」の略で、その名のとおり夜に勤務する形態を指します。

施設によって、勤務する時間や内容・役割が多少異なりますが、以下で基本的な介護職の夜勤ついて説明します。

夜勤の勤務時間

時計とキーボード
先述のとおり、勤務する施設によって勤務する時間は異なりますが、大体8時間~16時間勤務(途中、仮眠・食事休憩あり)が一般的です。具体例は次のとおりです。

  • 17時に出勤~途中で仮眠・食事を取る~翌日9時に退勤
  • 22時に出勤~途中で仮眠・食事を取る~翌日6時に退勤
なお、多くの施設は夜勤明けの翌日を公休扱いにします(後述)。

夜勤での仕事内容

夜勤の仕事内容は、勤務する施設の目的・特徴・役割・ルールによって異なります。仕事内容は概ね、施設入所者に対する生活介助、就寝介助、夜間の安否確認、起床介助等です。

夜勤帯に入ればすぐに、日勤または遅出の職員から引き継ぎを受けます。例えば、「◯◯さんの体調が悪い様子」や、「××さんは昨晩から不穏な状態が続いている」等です。

つまり、利用者の体調、服薬の状況などの情報を聞いて、夜間勤務が始まるというわけです。

夜勤での具体的な業務内容は次のとおりです。

  • 夕食の食事介助
  • 就寝前における衣類着脱の介助
  • トイレ誘導、ポータブルトイレでの排泄(はいせつ)の声掛け、その他の排泄介助
  • おむつ交換
  • 就寝の介助
  • 巡回、見回り
  • 仮眠・休憩
  • ナースコールの対応
  • 緊急時の対応
  • 介護記録を取る
  • 起床の介助
  • 朝食の食事介助
夜勤が終わる頃に、次のシフトで出勤した早出や日勤の職員に対し、引き継ぎを行います。

例えば、「◯◯さんは依然として体調が悪いようだ」や「××さんは不穏だったため、充分な睡眠が取れていない」等の夜間にあった出来事や、利用者の体調、服薬の状況などの情報を申し送り、夜勤業務を終えます。

夜勤の回数

夜勤に入る回数は、介護職の経験年数や、勤務する施設のルールなどによって異なります。

例えば、4月に入職した新人の介護職員は、まず日勤で仕事に慣れさせて、8月くらいから夜勤を開始させる、といったローカルルールがあります。

一般論として、1人の介護職員が1ヶ月で夜勤に入る回数は概ね4~5回です。これも勤務する施設の人員によって異なります。

夜勤手当

夜勤に入った介護職員に対し、通常のお給料に上乗せして夜勤手当が支給されます。

1回あたりの夜勤手当の金額は、勤務する施設の給与体系により異なりますが、一般的には5,000円~8,000円と設定している施設が多いようです。

つまり、月に4~5回夜勤に入れば、通常の給料にプラスして約2万円が得られることがあります。

夜勤専従という働き方

福祉施設によっては、夜勤専従の職員を雇用しているケースがあります。夜勤専従の人員は、早出・遅出・日勤には入らず、夜勤のみに出勤するという働き方です。

雇用形態

夜勤専従の場合、多くはアルバイトや、パートタイム労働者としての雇用が多いです。

例えば、フリーランスで働いている人が、日中はお昼まで寝ていて、昼から在宅でライティングの仕事をやり、夜に夜勤の仕事をする、といったケースです。

常勤の介護職の場合だと、日勤・早出・夜勤と様々な勤務帯で出勤するため、生活リズムを一定に保つことが難しいです。このようなことから、敢えて夜勤専従を選んでいる労働者がいるようです。

夜勤のメリット・デメリット

病院

メリット

最ものメリットといえば、夜勤手当が給与に加算される点です。

例えば、夜勤1回あたり5,000円の手当が付く施設で勤務する場合、1ヶ月で4回入れば、通常のお給料に約2万円がプラスして支給されます。

また、夜勤明け~翌日公休を使って、約1.5日間の連休を楽しむことができる点がメリットといえます。具体的には次のとおりです。

  • 夜勤入り:4月1日の17時に出勤する
  • 夜勤明け:翌日の4月2日の9時に退勤する
  • 公休:翌々日4月3日は終日休み

 

デメリット

勤務時間が長いうえに、少ない職員で利用者の安否を管理・確認しなければならない点はデメリットです。新人のうちは、少ない人数で不安ななか夜を過ごすことが億劫になるかもしれません。

ただし、施設の規模によっては1人で全体を見るのではなく、複数人で夜勤に入り、また、看護師等の医療職も夜勤帯で勤務しますので、緊急事態が起きた場合には連絡さえきちんとすれば良いのではないでしょうか。

最後に

施設によって夜勤の時間帯が異なります。また、夜勤専従という方法で勤務することができます。

現在は労働者が働き方をある程度選べる時代です。費やす時間、もらえるお給料、働きやすさなどから判断し、常勤として勤務するのか、夜勤専従として勤務するかを決めると良いでしょう。

介護施設は慢性的人手不足です。常勤、非常勤、夜勤専従の求人はたくさんあります。時間があれば、求人内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

(Posted by 笑和)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月29日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。