【介護未経験さんに朗報!】転職する際の志望動機の書き方、添削経験者が教えます

【介護未経験さんに朗報!】転職する際の志望動機の書き方、添削経験者が教えます

慢性的な人手不足と言われている介護業界では、経験者はもちろんのこと、全く関係ない異業種などからの転職も積極的に受け入れています。

そうは言っても、やはり経験者の方が優遇される傾向がありますし、人気のある求人先はライバルも多いため、単に「介護の仕事に興味がある」という漠然とした理由ではなかなか採用を勝ち取ることは難しいです。

そこで今回は某大手就活情報メディアのエントリーシート添削サービスにて、添削業務行っていた経験をもとに未経験から転職する前に最低限知っておきたい介護の仕事について、そして、採用に繋がる志望動機の作成ポイントについてご紹介します。

介護職ってどんな仕事があるの?種類や特徴について

 

介護職とは?未経験からの働き方

一口に「介護職」と言っても、担当する利用者の状況や、職場の種類によっても仕事の内容はさまざまです。基本的に高齢者やサポートを必要としている人たちの身の回りの生活を支援することが介護職の仕事と考えられています。

具体的には、着替えや食事、入浴などの介助、買い物の代行や筋力低下予防のための運動メニューの指導などを担っており、利用者の生活に直接関わる非常に大切な存在です。

現行の介護保険制度上では、無資格でも就業できる仕事ですが、有資格者に比べると給料が低い傾向にあり、施設によっては介護キャリアパスの入門資格である「初任者研修(以前のホームヘルパー2級)」以上の資格を求めることもあります。

しかし多くの求人先では、無資格者や未経験者であっても入社後に資格取得を目指した支援制度を設けているため、まずは現場で働きながらスキルアップとキャリアアップを図ることが可能です。

 

介護職の種類と就職先

介護職の就職先というと、老人ホームなどの施設を思い浮かべますが、実は大きく分けて2つのパターンに分けることができます。

1つ目は、特別養護老人ホームなどに代表される入所型の施設に就職するパターン。介護を必要とする利用者が施設内で生活しているため、基本的に交代勤務の24時間体制で介護を行います。

2つ目は、訪問介護という形で利用者の自宅に行って介護を行う事業所に就職するパターン。施設に比べると、利用者1人1人と向き合う時間が長く、個別のケアが求められます。

雇用形態に関しては、どちらの場合も正社員や派遣社員、パートといったさまざまな形態の求人が出ているので、自分に合った働き方を選ぶことが可能です。

 

なぜ未経験は不利になるの?

介護業界では無資格や未経験者であっても活躍できる可能性があることが分かりましたが、実際に転職活動をするとなると「未経験は不利になるのか?」というのは気になるポイントですよね。

冒頭でお話した通り、確かに経験者は優遇される傾向がありますが、そこには介護職の抱える「離職率の問題」が大きく関わっています。

急激に高齢化が進む我が国にとって介護職の需要は非常に高まっていますが、やはり現場では大変なことも多く、なかなか人材が定着しません。

特に、未経験者の場合は「実際に働いたら想像と違った」ということで、離職するケースが多く見られるため、採用する側も慎重にならざるを得ないという現状があるのです。

だからこそ、未経験から介護職に転職する場合は、採用担当者が納得するだけの熱意と志望動機が必要と言えるでしょう。

 

志望動機を作成するポイント

離職を避けるためにも、採用担当者が志望動機を重視するということが分かったところで、ここからは実際に志望動機を作成する際に気を付けたいポイントをみていきましょう。

 

漠然とした理由はNG

介護職は社会貢献性が高い職種であるため、どうしても「人の役に立ちたいから」といった漠然とした志望動機を書いてしまいがちですが、これはNG。

他のライバルと差別化できるポイントがありませんし、こうした志望動機を見慣れている採用担当者には熱意が伝わりません。

そのため、当たり障りのない理由ではなく、自分らしさをアピールできる志望動機になっているかという点に注意しましょう。

 

実体験を基に志望動機を考える

採用担当者が求めているのは、「あなたならでは」の「あなたらしい」志望動機です。

「なぜ介護職でなければならないのか?」「なぜ転職してまで介護の仕事をしようと思ったのか」ということが説明できる具体的なエピソードを盛り込むと採用担当者にも熱意が伝わりやすくなります。

例えば、「これから介護職の必要性が高まると思ったから」という動機よりも、「家族が倒れたことで自分が介護を手伝うようになった。その結果、介護職の重要性と必要性を実感し、介護現場で働くことを希望した」という動機の方がリアルに感じますよね。

このように、実体験に基づいて「あなただけの志望動機」を作成することが出来れば、未経験であっても採用担当者に熱意を伝えやすくなるでしょう。

 

施設を選んだ理由を明確にする

介護職を選ぶ理由と同じく重要視されるポイントが、「なぜその施設を選んだのか」ということです。

よくあるパターンが、「素晴らしい志望動機だけど、これならうちの施設でも良さそう」というもの。たとえ、どんなに介護職へ就きたいという理由が具体的に説明できても、希望する施設や事業所を選ぶ理由が明確になっていなければ、採用担当者としては不安になります

だからこそ、希望先の事業理念や力を入れているサービスなどをしっかりと調べて、志望動機に盛り込むことが大切です。

他にも、希望先の資格支援制度について調べた上で、「自分が今後どのようなキャリアを積みたいか」といった事にも触れると、あなたが自分の施設でどのように働いてくれるのか採用担当者もイメージしやすくなるのでおすすめです。

【履歴書って自己PR欄もあるよな・・・と思ったあなたへ。これ読めばサクッと書けますよ】

介護業界に転職する際の履歴書の書き方~自己PR・志望動機のポイント~

まとめ

介護イメージ

介護職はやりがいのある仕事ですし、今後ますます活躍が期待される職業であるため、未経験から転職する人も増加傾向にあります。

言い換えれば、その分ライバルも多いということになるため、自分が希望する施設や事業所で働くためには、あなたの熱意をしっかりと伝えられる志望動機を作成する必要があります。

ぜひ、今回ご紹介したポイントを参考にしながら、「あなたならでは」の志望動機を作成して転職活動に活かしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年05月16日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。