【精神保健福祉士はどんな仕事?】働き方や給料について解説!

【精神保健福祉士はどんな仕事?】働き方や給料について解説!

ハートを持つ手

精神に障害を持った人のために働く精神保健福祉士ですが、実際にどんな職業かを理解している人は少ないのではないでしょうか。

精神保健福祉という特殊な分野は一般の人には馴染みが少なく、人権などの問題もあってなかなかクローズアップされにくい分野です。

今回は精神保健福祉士の仕事内容、年収、働ける場所等について説明します。

精神保健福祉士ってどんな仕事?

精神保健福祉士は「精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worke)」と呼ばれる精神保健福祉領域の専門家です。国家資格でもあり、精神福祉士となるには難関な国家試験を合格する必要があります。

精神に障害を持った人が、日常生活を円滑に行えるようにサービスの提案や相談、生活支援、社会復帰のお手伝いなどを行います。

必要に応じて生活環境の調整や地域資源の活用、職業訓練のお手伝い等も行います。また、その人が生活する地域の住民にも働きかけて精神に障害を持った方でも住みやすい地域づくりにも貢献します。

精神保健福祉士の仕事内容・役割

精神保健福祉士の仕事は大きく病院内での仕事と、病院以外での仕事に分けられます。

病院内での仕事

病院内での仕事は、精神障害を持った方がスムースに退院できるように支援することです。

入院中にその人が暮らしてきた生活環境を熟知し、退院に向けて必要であれば生活環境に対して働きかけます。退院後に利用する施設やサービスの調整も行います。

退院に向けて準備すべきことや退院に関する不安などの相談を受けたり、家族に対してのケアも行います。院内の各職種と連携し、退院に向けての意見・情報交換等も行います。

病院外での仕事

病院外では、その人が住む地域そのものに働きかけをします。

市のケアワーカーとも連携を取り、退院後必要なサービスが受けられるように調整をします。就労へのアドバイスや、就労を希望している職場への連絡調整も行います。

地域の保健所や精神保健福祉センターなどの啓発活動などのイベントにも参加し、精神障害者や知的障害者に対する偏見を減らすような取り組みも実施します。

よく混同される社会福祉士との違い

精神保健福祉士は、名称が似ているので社会福祉士と混同されてしまうことがよくあります。精神保健福祉士が対象とする人は、精神保健福祉領域に属する精神障害者や知的障害者とその家族となっています。

その一方で社会福祉士の対象者は、障害を抱える人すべての人で高齢者だけでなく児童、成人の障害者などより幅広い分野で活躍します。実際には、社会福祉士を取得してから精神保健福祉士も取得し、より幅広い分野で活躍する人も多いようです。

精神保健福祉士の働く場所

精神保健福祉士の就業場所として最も多いのが精神科のある病院ですが、最近では様々なエリアで活躍する人が増えてきました。以下に主な就業場所と仕事内容を説明します。

精神病院

最も就業率の高い職場で、入院中の患者さんの退院後の生活の調整を行います。必要に応じて各種サービスを連携させたり、家族関係の調整も行います。

精神科・心療内科クリニック

地域で生活する精神に障害をもつ人やその家族の不安を軽減するために、相談業務やサービスの調整、地域住民への啓発活動等を行います。

就労支援事業所・相談支援事業所

各種相談業務や生活がスムースとなるようにサポートするための連絡・調整等を行います。また、就労支援やアドバイス・就労訓練なども行います。

保健所、精神保健福祉センター

保健所では市町村の職員のために精神障害に関する情報の提供や教育を行います。地域住民に対する啓発活動を企画し、精神科医、看護師、作業療法士とも連携し講演会やイベントを行ったりもします。また、精神障害者やその家族や雇い主などに対する相談窓口を設置し、様々な相談業務も行います。

精神保健福祉士の給料

精神保健福祉士を目指そうとする場合、気になるのが給与水準だと思います。一般的に福祉関係の給与は安定してはいますが、一般企業の給与水準と比べるとやや低めに設定されていることが多いです。精神保健福祉士も例外ではなく、大卒の初任給であれば20万円ほどとなっています。

年収の相場としては、350万円から500万円くらいとなっており、管理者等の役職に就くと600万円ほどになると思われます。

一般的に県立の精神科の病院や保健所など公的な機関で働くと平均年収が420万円ほどとなり、クリニックや福祉施設などで働くと350万円から380万円ほどとなっています。

精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士として働くためには、厳しい国家試験に合格しなければなりません。国家試験は「財団法人社会福祉振興・試験センター」が実施しており、受験するにも受験資格が必要となります。

以下に精神保健福祉士の国家試験を受けるための受験資格を記載します。

・保健福祉系大学4年卒業 指定科目履修
・保健福祉系短大3年卒業 指定科目履修および実務経験1年必要
・保健福祉系短大2年卒業 指定科目履修および実務経験2年必要
・福祉系大学卒業 基礎科目履修および短期養成施設等6ヶ月間の講習必要
・福祉系短大3年 基礎科目履修および短期養成施設等6ヶ月間の講習必要
・福祉系短大2年 基礎科目履修および短期養成施設等6ヶ月間の講習必要
・社会福祉士取得および短期養成施設等6ヶ月間の講習必要
・一般系大学4年卒業および一般養成施設等1年間の履修必要
・一般系短大3年卒業 実務経験1年および一般養成施設等1年間の履修必要
・一般系短大2年卒業 実務経験2年および一般養成施設等1年間の履修必要
・実務経験4年および一般養成施設等1年間の履修必要
・実務5年および一定時間数の認定講習会の受講必要

精神保健福祉士を目指してみよう!

病院で相談

精神保健福祉士は、精神に障害を持つ方の生活をサポートする国家資格です。今後益々多様な働き方が求められる仕事で、やりがいは十分あるのでぜひ目指してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月30日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。