「介護事務」の仕事内容とは?資格・給料・メリットを説明

「介護事務」の仕事内容とは?資格・給料・メリットを説明

介護事務とは、介護費用にかかる請求や他連携機関とやりとりを円滑に進めるうえで必要不可欠な仕事です。

高齢化や介護者の増加に伴い、介護保険を利用される方が増えることで、介護関連の事務作業も多くなり、よりスムーズな事務作業が求められています。

この記事では、介護事務の仕事の詳細やなり方、給与について紹介していきます。

介護事務の資格とは?

本めっちゃある

介護事務の資格は、民間資格であるため資格を発行する団体により資格取得までの期間や合格率、資格の名前が若干異なります。

しかし、現場での介護事務の業務は各都道府県の国民健康保険連合会に請求するレセプト(介護給付明細書)を発行することがメインの業務です。

働く場所としては、居宅介護事業所や介護保険施設などが挙げられ、具体的には下記のような活躍の場があります。

  • 介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • 認知症型グループホーム
  • 訪問看護事業所
  • 訪問介護事業所
  • 福祉用具レンタル事業所

そのため、資格講座などでは介護保険制度を中心に介護業務の知識を幅広く学ぶ傾向となっています。

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

介護事務の仕事内容

暗闇の中で勉強

介護事務はデスクワーク中心の為、年齢などにより左右されません。また、介護士の仕事と異なり、肉体労働が少ない面に魅力を感じる方もいるでしょう。

では具体的に介護事務の仕事内容を紹介していきますね。

介護報酬の請求業務

施設や事業所が提供したサービスにかかる単位(金額)を計算し、利用者ごとにかかる費用を毎月国民健康保険連合会に請求する業務です。

職場によって使用する会計システムが異なりますが、多くが会計ソフトなどを利用しているので、一旦作業の流れを覚えてしまえばスムーズに行えるようになるはずです。

新規利用者のデータ管理や書類作成

介護保険のサービスを利用する際には、新規契約者のデータの入力や書類の作成があります。また、カルテや重要事項説明書などの書類を管理する業務も担います。

利用者や他事業所との連絡対応

介護施設では利用者からの連絡はもちろん、情報共有の為に他施設や福祉用具の業者などともやりとりが必要です。また、来訪者の対応なども行います。

ケアマネや看護師が不在の場合には、伝言を頼まれることも多くあるでしょう。そのため、自然と医療や介護に関する知識が豊富な介護事務員さんもいる程です。

スタッフの労務管理

施設にもよりますが、スタッフの有給管理や残業申請などといった労務管理も業務に含まれるところもあります。

介護事務の資格の取り方

介護事務には必ずしも資格が必要なわけではありません。そのため、介護職の経験がある場合やPCスキルに自信がある場合には資格なしで働いている方もいるようです。

しかし、介護報酬や介護保険の制度を独学で学んでいくことは大変だと思います。そのため、民間の介護事務講座を受ける方が大半以上です。

民間の介護事務講座を受講するには、3万円~4万円が相場で受験料は6000円程度となっています。

介護事務の給与

金の豚

介護事務の専任として働く場合には、夜勤などもないため、給与は16~20万円、平均年収は250万円前後が目安です。

また、介護事務員の中にはフルタイムではなく、パートやアルバイトとして働く方も少なくはありません。そのような場合には地域や会社にもよりますが、900~1100円くらいが時給の目安となっています。

介護事務はこんな人がおすすめ

  • デスクワークが好きな人
  • 物事に丁寧に取り組める人
  • コミュニケーションが嫌いでない人

介護事務の仕事は、ケアマネや他スタッフのサポート業務が多いことや、利用者や他事業所からの相談窓口としての役割も担うため、コミュニケーションが必要な仕事です。

また、書類作成や請求業務など納期に間に合わせて計画的かつミスのないように丁寧に仕事を進めていくことも重要です。

介護事務で働くメリット

介護現場では、利用者を抱えたりすることで腰や膝に慢性的な痛みが生じてしまうこともありますよね。その点、デスクワーク中心であれば、加齢による体力を衰えをあまり気にせず働き続けることができるのです。

実際に上記の理由で介護職から介護事務員を目指す方も少なくはありません。人生100年時代にも分かるよう、これからは65歳定年制も延長する可能性が高いです。

需要も高まる介護事務は、前もって視野に入れてもいい資格ではないでしょうか。

まとめ

仲良く握手

介護保険や介護報酬に精通した介護事務は、介護事業所や介護施設になくてはならない存在です。また、より効率的にスタッフが働けるように支える役割も担っているのです。

これから4人に1人が高齢者となる社会では、より介護事務は必要とされるでしょう。

もし、介護業界に興味がある場合には「介護事務」という働き方も検討してみてはいかがでしょうか?

(Posted by 大世渡渉)

一般面接とは違う!介護職の面接で面接担当者が見ている4つのポイントはここだ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月14日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。