【介護業界への転職】30代でも介護業界へ転職できるか?

【介護業界への転職】30代でも介護業界へ転職できるか?

こんにちは。社会福祉士・介護福祉士の笑和です。

介護分野への転職を考えているという人のなかには、「未経験でも就業できるの?」と不安に感じる方がいると思います。

実際に、介護職員の求人票のなかには、「未経験可」と記載されているものがあります。果たして実際はどうなのか、未経験でも仕事はできるのか、この記事で解説します。

そのうえで、未経験者が介護職員として働くうえでのポイント、資格の優位性、キャリアアップの方法を説明します。

未経験でも転職可能

足元

結論から言えば、未経験の方でも入職することが充分に可能です。なぜなら、介護分野は慢性的な人手不足に困っている施設が多く、未経験の方でも人材として確保したいからです。

但し、介護施設等の求人によっては介護系の有資格者、介護職の経験者を優遇するものがあります。

資格は必要ない?

介護の仕事を行ううえで、必須となる資格はありません

実際の現場で30代で未経験の方が転職組で入職したり、無資格でも長い間で働いていたりする場合があります。

しかし資格がないとつけない役職もあるため、キャリアアップしたい人は資格の取得を検討しましょう。

人員が多い大規模施設が狙い目

介護老人福祉施設や介護老人保健施設等、いわゆる老人ホームは大規模であり、複数の介護職員が勤務しているため、人員にゆとりがあります。

このような施設では、未経験の方でも現場のスーパーバイザー(監督者・管理者)から指導や教育を受けながら勤務すること可能です。よって、未経験の方は大規模の方が就職後に働きやすく、スキルアップしやすいといえます。

一方で、訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)等は、その規模が小さいため、職員に初任者研修修了(旧:ホームヘルパー2級)を入職の条件としている場合があります。

施設内の教育体制を確認

求人票に「未経験可」「未経験でもOK」との記載があれば、施設に問い合わせしてみるのが最も良いです。その際、施設内での教育・研修体制などを聞いて、未経験の人でも教育を受けながら就業できるか確認してみましょう。

施設によっては、未経験者向けの資格取得制度があります。これは、介護系資格を取るために勤務時間を配慮したり、費用を負担したりするものです。

就職する施設にこのようなシステムがあれば、上手に利用しましょう。

意外と多い無資格・未経験可の求人

世の中にある介護職員の求人には、有資格者・経験者を優遇する求人票が圧倒的に多いです。一方で、「未経験可」「無資格OK」の求人でも、人材を求めるものがあります。

人事は「人材不足なので選んでいられない」というのが現状であるため、無資格でも一旦は人材を確保しておき、施設のなかで育てるというのがセオリーのようです。

介護の仕事は簡単ではありませんが、決して資格が無いとできないという仕事でもありません。一つひとつを経験しながら自分の力にして、介護業務を行うことができます。

有資格者が優遇されるのか?

握手

繰り返しになりますが、介護職を求める求人票のなかには、有資格者・経験者を優遇するものが多く、給与待遇が良い傾向にあります。

よって、スタートは無資格でも、就職後に一つずつキャリアを重ねていき、介護系の資格の取得を視野に働きましょう。

近い将来「資格保有」+「介護現場のキャリア」が身に付けば、より給与待遇がしっかりした施設等に転職がしやすくなります。つまり、優遇される側に回るということです。

施設によっては「資格手当」を付けるところがあるので、給料UPが見込めますし、キャリアアップ(昇進)にも期待ができます。

未経験者が取得を目指したい資格

初任者研修

介護が未経験の方に最も適した介護系の資格です。以前は、旧ホームヘルパー2級資格と呼ばれていました。受講するための学歴要件はありません。未経験の方でも受講することができます。

この研修は全国様々な場所で、様々な機関が実施・開講しています。内容は介護職員として働く(入所・通所問わず)うえで、最低限身に付けておくべき知識と技術を学ぶ研修です。

そのうえ、最短で1ヶ月程度で取得できるうえに、修了試験はさほど難しくないため、未経験の方でも取得しやすい資格だといえます。

実務者研修

初任者研修を修了し、ある程度の実務経験を重ねたら、この研修修了を目指しましょう。以前は旧ホームヘルパー1級と呼ばれていました。

この研修も、全国様々な場所で、様々な機関が実施・開講しています。初任者研修よりも専門性が高くなるため、長い時間をかけて受講します。最短で6ヶ月程度で修了することができます。初任者研修を修了していると、一部の科目履修が免除になります。

研修修了のためには、全ての科目の履修と、修了試験の合格が必要です。修了試験はこれまでの科目の理解度を問う内容であるため、後述の国家試験のようにふるい落とすようなものではありません。

また、実施者によって修了試験の内容が異なることから、その難易度も実施者によって違います。研修内容をしっかりと復習して回答できれば合格に近づきます。

キャリアアップしたい人は介護福祉士の取得を!

介護分野における国家資格である介護福祉士です。介護の実務経験が3年以上あり、実務者研修を修了していれば国家試験を受験することができます。

詳しくは以下の記事で解説しています。あわせてご覧ください。

【介護福祉士とは?】資格の取得方法・勉強時間を詳しく説明

まとめ

介護分野は資格や経験が無くでも働ける業界です。

また、人手不足が深刻化していて売り手市場である業界であるため、未経験・無資格の人でも、30代の方でも十分に就職・キャリアアップが目指すことが可能な分野です。

介護未経験の人は、まずは就職して介護の経験を重ねながら、一つずつ階段を上がるように介護系資格の取得を目指し、最終的には介護福祉士国家資格を取得しましょう。

「資質」「資格」「経験」がそろえば、就職活動・転職に有利になることは間違いありません。自分の希望する方向へキャリアアップを進めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月03日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。