【介護未経験でも転職できる?】魅力ややりがいをズバッと解説

【介護未経験でも転職できる?】魅力ややりがいをズバッと解説

福祉業界は人手不足が慢性化しており、経験を問わない求人が多いです。年齢に関係なく、介護の仕事に就きたいと思ったときから始められるため転職先としてもぴったり。

介護職ではやる気も大切ですが、何も調べずに働いてみるとこんなはずではなかったと思うことが多々あります。そこでこの記事では、護の仕事の魅力ややりがい、不安に感じる現場の雰囲気、給料面など解説していきます。

介護イメージ

介護職の魅力とは?

魅力

介護職は「3K(きつい、汚い、給料が安い)」のイメージが強いですが、実際に働いてみると、とてもやりがいのある仕事です。では実際にどんな魅力があるのか解説していきたいと思います。

1.「ありがとう」と感謝される

利用者のできない部分を手伝うことが介護の仕事です。仕事として当たり前のことをしている中で、「ありがとう」など感謝の言葉をもらえることはりがいにつながります。また普段の生活の中で自分は感謝を表すことができているのか、振り返ることができ、自分自身が人として成長できます。

 

2.経験に関係なく仕事に就ける

介護の仕事は自分がやりたいと思ったらいつでも始めることができ、学歴、年齢制限など何もありません。無資格であっても働きながら自分で勉強して資格を取得することが可能なため、自分のがんばりが認めてもらえる仕事です。また、多くの介護現場でキャリアパス制度が導入されており、経験年数に応じて資格を取得していくことで仕事の幅は広がります。一方で年齢制限がないため、30代や40代から仕事を始めることはできますが、専門学校や大学などを卒業して就職している人もいます。そのため、職場では20代の先輩が指導者になることも。年齢的には自分の方が上であっても学ぶ姿勢を忘れずに取り組みましょう。

【介護資格の登竜門!初任者研修の資格概要はこちら♩】

【介護職員初任者研修】についてと資格を取得する方法

3.景気に左右されない

介護が必要な高齢者は増え続けているため、介護の仕事がなくなることはありません。また施設には在宅サービス、施設サービス、地域密着型サービスとさまざまなので自分にあった働き方を選択できます。そのうえで施設の特徴を理解し、働き続けられる職場を選ぶことが大切ですよ。

介護職の不安に感じるところ

不安

介護の仕事に限らず、どのような仕事にも不安に感じるところがありますよね。実際の介護の現場でも以下のような不安があげられることが多いです。

不規則な仕事のため、体力的な不安が大きい

特に入所施設の場合、24時間介護が必要な利用者が入所しているため、働く介護職員も24時間の勤務が必要になります。

そのため、早出、日勤、遅出、夜勤など変則勤務を行い、日々の介護を支えています。介護には土日祝日や年末年始もありません。

交代勤務になるため、会社員のようにカレンダー通りの休みを取ることは困難です。勤務時間も変則なため、体力を過信すると体調を崩す恐れがあります。早出の前日は早く就寝する、夜勤の日は昼間の時間にゆっくり身体を休めるなど、不安を失くすために自分なりの健康管理を行いましょう。

【「変則勤務はちょっと…」と諦める前にこちらを一読することをおすすめします!】

【夜勤も土日も】自分らしい働き方ができる変則勤務のメリット6つ

職場の人間関係

介護労働安定センターの行った「平成30年度介護労働実態調査」において前職の仕事を辞めた理由の第1位は「職場の人間関係に問題があったため」となるほど、人間関係に不安を抱えている人は多いです。

施設見学を行うことで転職する前に施設の雰囲気を感じることができるので、職場を決める前に一度訪れてみても良いかもしれませんね。まずは自分の目で実際に介護現場で働く人たちに触れることが大切です。

給料の実態

介護職の給料は安いイメージが強く、不安に思う人が多いですが介護保険事業を行っている施設では、定期的に賞与も含めて支給されています。

国税庁から発表された「平成30年分 民間給与実態調査」の結果を見ると、全体の平均給与が約440万円に対して、医療・福祉分野の平均給与は約397万円となっており、やや低いことは事実です。

一方で、介護職員の処遇改善が言われるようになり、賃金や賞与は年々増加傾向にあります。「平成30年度介護労働実態調査」によると、平成25年は介護職員(正規職員)の月給平均が216,131円に対して、平成30年には234,873円に推移しています。

令和元年10月より護職員等特定処遇改善加算が導入され、ベテラン介護職員の処遇改善にも力がいれられるようになりました。

安心して働き続けるために

未経験の介護職への転職に不安は尽きませんが、やりたいと思った最初の気持ちは大切です。一方で「正規職員の募集だったから」「即採用」などに踊らされるとこんなはずではなかったということになりかねません。

転職するまでに時間や金銭的に余裕がある場合は、初任者研修などの基礎資格を取得して仕事に就くことで自分自身が安心して仕事に就くことができます。

すぐに働きたい人は自分で未経験の仕事を探すには限界があるため、インターネットなどで転職サイトに登録して探すことも良いでしょう。仕事に就く前に自分が不安に思うことは必ず調べることが大切です。

(Posted by momota)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年05月05日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。