デイサービス(通所介護)へ初めて就職、転職する方が失敗しないための3つのポイント

デイサービス(通所介護)へ初めて就職、転職する方が失敗しないための3つのポイント

介護施設

こんにちは。ヘルなび編集部です。

介護施設の中でも比較的元気な利用者の多いデイサービス(通所介護)。新たに介護の仕事を始める人にとっては「介護職への入り口」となることも多く、介護の仕事を目指すなら概要を知っておきたい施設です。

今回は、医療・福祉の分野に従事してきためっし~さんによる「デイサ-ビスについて」の記事をご紹介します。ぜひとも参考にしてみてくださいね。

デイサービス(通所介護)は、介護保険のサービスの中で最も利用者の多いサービスの1つで、全国に数多く設立されています。介護スタッフの在籍数も多く、介護スタッフにとっても人気の事業所です。

この記事では、デイサービスではどんなことが行われているのかや、これからデイサービスで働く人が失敗しないための方法等を紹介します。

失敗したくない!介護求人で見るべき「6つのポイント」を解説

デイサービスってどんなところ?

デイサービスは、通所サービスの1つで、利用者のご自宅や老人ホームなどの施設にスタッフが車で迎えにいき、サービスが終わるとまた車で利用者を送り届けます。利用者は、デイサービスセンターにて食事や入浴、レクリエーションなどのサービスを、利用者の希望や目標に合わせて受けることができます

施設によっては理学療法士などのリハビリの専門スタッフが在籍し、利用者一人ひとりに合わせた機能訓練も行います。閉じこもり傾向の高齢者が外に出る機会や、人と交流する機会を持つことができるので、気分転換の場となり認知症予防にもつながります。

デイサービスの目的・役割

手をにぎる介護士

デイサービスは、在宅で生活する要支援または要介護と認定された者に対し、必要な入浴や食事などの生活行為を補助し、その人が在宅生活を継続できるように身体・精神機能を維持するお手伝いをすることが目的に挙げられます。利用者だけでなく、一緒に生活する家族が一時的に介護から離れ、自分の時間を作ることができ、家族の身体的・精神的負担を軽減する役割も担っています

利用者は、利用開始前や初回利用時に相談員やデイサービスの担当者と生活目標を設定します。デイサービス事業所では、利用者自ら立てた目標を目指し、その目標に合わせた創作活動や機能訓練などの活動を提供します。また、看護師による血圧・体温などの健康チェックや健康上のアドバイスも受けることができます。

デイサービスってどんな利用者の方が来るの?

老人と介護士

デイサービスは、要介護や要支援と認定された高齢者が利用できます。デイサービスに来られる利用者は要介護1~2の方が多く、特別養護老人ホームなどの施設に入所している人たちに比べれば比較的に元気で、要介護度は低いのが特徴です。そのため、介護をする側の身体的負担が少なく、介護スタッフが身体を壊してしまうことなく働くことができるでしょう。

デイサービスの仕事内容

配膳する介護士

デイサービスの主要な仕事として、利用者の送迎、食事の提供・介助、入浴介助、レクリエーション、機能訓練、健康チェックなどがあります。送迎は専門のドライバーが送迎バスなどで利用者宅や老人ホームへの送り迎えをしますが、事業所によっては介護職員が利用者を送迎する場合もあります

食事の提供は、咀嚼力が弱い利用者が食べやすいように食事を細かく刻んだり、自分で食べられない利用者の口に食事をスプーンで運ぶような食事介助も含まれます。入浴を自分1人で行えない利用者のために介助をしたり、リハビリ器具を使って利用者の運動をサポートすることも仕事に含まれています。

デイサービスで働くメリット・デメリット

車椅子と介護士

メリット

デイサービスは、利用者の利用時間が決まっているため、夜勤はありません。(※1)残業もほとんどないため、規則正しい生活を送ることができます。それゆえ、パートで働く人が多いのもデイサービスの特徴です。多くのデイサービス事業所では、日曜日を休みにしています。そのため、予定を組みやすく、運動会などの子供の行事にも参加しやすいです。また、デイサービスの利用者は比較的介護度の低い方が多いので、介護に要する肉体的な負担は少ないです。

デメリット

デイサービス事業所は、夜勤や残業がないため、他の事業所より給料は安くなる傾向があります。厚生労働省の「平成29年介護従事者処遇状況等調査結果」によれば、特別養護老人ホームで働く介護者の月の給料水準が32万円代であるのに対し、デイサービス事業所で働く介護者の給料は約25万円前後となっています。

事業所によっては、介護職が利用者の送迎を行うところもあり、面接時に車の免許の有無を聞かれる場合があります。送迎に使う車も軽自動車から送迎バスのような大型車まで運転する必要があるかもしれません。

デイサービスで求められる職員像

指をさす介護士と老人

それでは、デイサービスで推奨される職員像を説明します。デイサービスを含めた高齢者介護サービスは、コミュニケーション能力が求められます。また、体調などが変化しやすい高齢者が対象となりますので、急な事態にも対処できる人が特に求められます。

高齢者と接するのが好きな人

一番重要な点として、利用者と円滑なコミュニケーションをとれる人が求められます。高齢者と接することが苦手な人は長く勤めることはできないでしょう。

臨機応変な対応が出来る人

デイサービスに通われている人のほとんどは、なんらかの疾患をもっています。高齢者特有の病気や転倒などで急な判断を求められる場合があります。そういった事態でも落ち着いて対処できる人が求められますが、初めは上手くできません。様々な経験を積むことによって落ち着いた判断ができるようになります。

明るく活発な人

利用者は利用者同士のコミュニケーションを楽しむ人もいれば、介護スタッフとの関わりを楽しみにしている人もいます。特に、レクリエーションを行う際には、場を盛り上げたり、利用者同士のコミュニケーションを促したりすることが必要となります。その際に明るく活発な人が行えば、より利用者の笑顔を引き出すことができるでしょう。

デイサービスで失敗しないための3つのポイント

ひらめいた

最後に、デイサービスで働くにあたり、失敗しないために行うべき3つのポイントを紹介します。デイサービス事業所ではチームとして利用者と関わります。利用者とのコミュニケーションだけでなく、チームとして他の職員とのコミュニケーションがしっかりとれることが求められます。

報告・連絡・相談をきっちり行う

デイサービス事業所では、不意のアクシデントや予想もしていなかった出来事に度々遭遇します。そういった出来事が起こった際に必ず上司に報告・連絡し、必要な指示をもらうことが重要です。報告・連絡・相談をしっかりと行うことで、事故を未然に防ぐことができるばかりでなく、チームの一員としてのあなたの信用性も高まっていくでしょう。

【基本的でも超重要!】介護職員が行う「報告」「連絡」「相談」のポイント

利用者や家族に対して挨拶がしっかりできる

利用者の家に行った際や、利用者が施設に訪れた際には必ず挨拶をしっかりと行いましょう。利用者や家族はスタッフの対応をよく見ています。しっかりと挨拶ができればお互いにすっきりとした気持ちになれますし、事業所の信頼も高まるでしょう。逆に挨拶ができないスタッフが多いとデイサービス事業所自体の評判を落としてしまうことにもなりかねません。

スタッフ間でのコミュニケーションが円滑に行える

スタッフ間のコミュニケーションも重要です。コミュニケーションがしっかりとれないと情報共有がうまくいかず、事故を誘発してしまう可能性もあります。また、職員間での仕事に対するモチベーションも上がらず、サービスの質が低下してしまう恐れもあります。

デイサービスで楽しく仕事をしよう!

デイサービスは介護保険サービスの中でも人気が高く、多くの介護職員が働いています。夜勤業務がなく残業も少ないため、正規雇用だけでなく、パートや契約社員として働く人も多い事業所です。しっかりと利用者や家族、スタッフ同士でコミュニケーションがとれる人であれば無理なく働ける職場なので、是非就職先として検討してみましょう。

(※1)「お泊りデイ」など、利用者が宿泊できるサービスを行っている事業所では、夜勤が発生する場合もあります。

(Posted by めっし~)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年12月03日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。