ケースワーカーの知られざる実態を解説!気になる業務内容・年収について

ケースワーカーの知られざる実態を解説!気になる業務内容・年収について

話を聞く女性

介護を含め、福祉に携わる業界に身を置いていると「ケースワーカー」という職種について耳にすることがあるかと思います。介護の分野とも密接に関わってくる「ケースワーカー」ですが、「どんなことをする仕事なの?」と疑問に思っている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ケースワーカーの役割や業務内容をはじめ、年収、実際にケースワーカーの職に就いている方の声など、「ケースワーカー」の実態がわかる情報をお伝えいたします。

ケースワーカーと仕事で関わる方にも、これからケースワーカーを目指す方にも役立つ情報ですので、ぜひご覧ください。

ケースワーカーの役割

光に差し伸べる手

困っている人を助けることが仕事のベース

ケースワーカーの役割は身体上や精神上、また社会的な理由などによって、日常生活を送るうえで様々な困りごとをもつ地域住民の相談援助業務に就く人のことをいいます。

その相談内容は多岐にわたります。生活保護に関することをはじめ、高齢者や病気の人の介護について、不登校の児童についてなどが主なものです。また、そういった人の自立を促すことも役割の一つとなります。

その人や世帯に応じた支援策を個別で考えていくことにもなります。また、医療機関などの関係機関と連絡をとり必要な援助を行うことも役割です。

近年、生活保護世帯は増加傾向にあり、ニーズのある仕事と言えるでしょう。

ケースワーカーはどこにいるの?

ケースワーカーは主に全国の市区町村にある福祉事務所、児童相談所など公的機関に公務員として所属しています。また、一般の病院や老人福祉施設などに相談部署があることもあり、そこに所属していることがあります。

業務内容

仕事をする女性

業務内容は生活保護に関するものが中心となり、「生活保護申請の相談、サポート」、「生活保護者の自立サポート」の二つを主に行うことになっていきます。それらは現場仕事と事務仕事に分けることができます。

現場仕事

現場仕事は主に次の内容になります。

  • 訪問調査
  • 打ち合わせ
  • 窓口対応(来訪者との面談)
  • 電話相談
  • 申請手続きのサポート
訪問調査においては家庭を直接訪問します。頻度は月に一回行い、それに加えて抜き打ちでも行います。こうして世帯に関するあらゆることを調べていくことになります。

訪問調査の内容は主に次の通りです。

  • 居住確認
  • 生活保護に関する申請内容が適切か
  • 生活保護費が適正に使われているか
  • 生活状態の把握
  • 収入や資産状況の確認
  • 障害や病気などの安全確認
  • 不正受給がないか
  • 相談事がないか

、など

ケースワーカーはいろいろな相談を受けますが、越権行為となり行うことができないことがあります。例えば入院や手術時の保証人にはなれません。また、引っ越しや電気、ガス、水道に関する手続きを行うこともできません。理由として自立への妨げになると考えられているからです。

事務仕事

事務仕事の内容は次のようになります。

  • 生活保護の新申請者に対する最低生活費の計算
  • 生活保護費の計算
  • 訪問調査の内容を書類にまとめる

、など

一般の病院などに所属しているケースワーカーの業務

一般の病院などにはケースワーカー専門の部署があることもあります。業務内容はは入院、受診、退院後の生活、医療費の支払いへの不安、介護方法、医療保険や福祉サービスの利用方法といったことへの相談を受けて対応していくことになります。

病院などに所属しているケースワーカーは医療ソーシャルワーカーと呼ばれることもあり、言葉の使い方はいろいろです。

求められる能力

ケースワーカーの業務はいろいろな能力が求められます。福祉関連(生活保護法、年金、介護保険制度、児童手当など)の法律への広い知識と、それらを勉強する能力は必要です。また、人を相手にする仕事なので相手への思いやりと、高いコミュニケーション能力も必要となってきます。

年収

年収計算

ケースワーカーは主に公務員として働くことになるので、年収は自治体によって異なります。また一般の病院などに所属しているケースも病院によって異なってきます。

公務員だと平均年収で300~400万円となることが多いようです。ただし、年齢や職階にもよって差があります。また長く働けばその分だけアップしていくことにもなります。

扶養手当、住居手当、通勤手当、超過勤務手当等の諸手当の支給もあります。

一般の病院などに所属しているケースでは職場により異なりますが、公務員と同水準であることが多いようです。

実態

現場の口コミ

ケースワーカーについて、テレビやネットなどの声をまとめてみました。

「とにかく激務で大変。」
「役所が閉まってから自分の仕事(事務仕事)がやっとできる。」
「受給者に罵倒されたり、恨まれたりすることもある。」
「家に帰ってからも仕事のことが頭から離れない。」
「福祉事務所としてのスタンダードを教えられる人がいないので、自己流でしている。」
「なんとかしてあげたい気持ちから仕事と割り切ることが難しい。」
「自立支援まで手が回らない。」
「一人で抱えるには件数が限界を超えている。」

ネガティブな声が多く、公務員の中でもあまり人気がない部署のようです。その理由は激務で人材不足であるとの声が多く聞こえます。

また、不安や不満のある人たちと深く関わることからくるストレス、精神障害をもつ人もいるので健常者とは違う難しさ、そういったストレスからうつになってしまう人もいます。

激務と言われる理由には一人あたりの担当件数にも理由があるようです。担当件数が多いとその分だけ訪問、事務仕事が増え多忙になってきます。担当件数の目安は80:1から100:1と言われています。現実では平均90~150:1となっていることが多く、なかには400:1のようなケースもあったようです。

その対象となるケースも比較的簡単に解決できるケースばかりではなく、難しいケースも多々あります。保護者の多いところは業務量も多くなり大変と言えるでしょう。

やりがい

ネガティブな声が多いケースワーカーの仕事ですが、大変な分だけ大きなやりがいがあるのも事実です。

「学び、助けられたことを実感し時に大きなやりがいを感じる。」
「相談者の本音を引き出し、信頼関係の構築をできた時に達成感や充実感を感じる。」

こういった大きなやりがいを感じている声も多いです。ケースワーカーの仕事はやりがいが大きく、社会貢献性が高いと言えるでしょう。

(Posted by 子守熊)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年10月15日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。