【言語聴覚士(ST)とは?】仕事内容や資格の取得方法を解説

【言語聴覚士(ST)とは?】仕事内容や資格の取得方法を解説

言語聴覚士は、リハビリの専門職のひとつです。

最近では、テレビやインターネットなどのメディアで「理学療法士」や「作業療法士」といったリハビリの専門職の名前を見聞きする機会も増えてきましたが、それに比べると、「言語聴覚士」はまだまだ社会での認知度が低い職業です。

ところが、高齢化が進み、リハビリの需要が増え続けるにしたがって、言語聴覚士を必要とする病院や介護施設も多くなっています。

私自身も、リハビリの専門病院で仕事をするなかで数多くの言語聴覚士と一緒に働いてきました。

言語聴覚士は、どのような仕事をする職業なのでしょうか?

ここでは、言語聴覚士の仕事内容と勤務先、資格の取得方法について紹介します。

言語聴覚士(ST)とは?

言語聴覚士は、コミュニケーションや食事機能に困難がある方を対象にリハビリをおこなう職種です。

言語聴覚士は、英名を「Speech-Language-Hearing Therapist」と言い、医療や介護の現場では「ST」と呼ばれています。

言語聴覚士は、1997年に誕生したリハビリの専門職のなかでも比較的新しい資格です。

病気や障がいを持つ方のなかには、話す・聞く・書く・読む・食べることに困難を抱える方もいます。

言語聴覚士は、コミュニケーションや食事に関する訓練を通して、日常生活がしやすくなるように患者さんや利用者さんをサポートしています。

言語聴覚士の仕事内容

言語聴覚士の仕事内容は、大きく分けると次の2つです。

コミュニケーション面のサポート

勉強を教えているイメージ

病気や障がいによっては、コミュニケーションがうまくとれなくなることがあります。

例えば、「失語症」では、他人が話している言葉の意味を理解することが難しくなります。

また、「構音障がい」では、発音が正しくできないため相手に話している内容が伝わりにくくなるということも。

このように、病気や障がいの影響でコミュニケーションに困難を抱えている方に、言語聴覚士は話す・聞く・書く・読むことができるようにリハビリをおこないます。

 

食事面のサポート

また、食事面のサポートをするのも言語聴覚士の大切な仕事です。

「言葉」と「食べる機能」は身体の構造的に密接な関係があるので、言葉が出しづらい方は食べ物を飲み込みにくいなどの問題を抱えることも多いです。

そのため、リハビリの現場では、言語聴覚士が中心となって食事がしやすくなるように噛む・飲み込むなどの訓練もおこなっています。

言語聴覚士の働く職場は?

では、言語聴覚士になると、どのような場所で働くことができるのでしょうか?

言語聴覚士が働く代表的な職場には、次のような場所があります。

病院

言語聴覚士は、病院で働く医療従事者のなかで、コミュニケーションや食事のリハビリを中心におこなう専門職として働いています。

患者さんの身体状況や訓練方法などについて、他の専門職や患者さんのご家族に説明する機会も多く、チーム医療の一員として重要な役割を担っています。

 

介護施設

介護施設では、病気の後遺症や加齢によって食べ物を飲み込むことが難しい方も多く、言語聴覚士は、食事の訓練や食事方法のアドバイスをしながらリハビリにたずさわっています。

近年では、栄養管理を重要視する介護施設も増えてきているので、言語聴覚士の需要も増えている傾向にあります。

 

障がい児施設

言語聴覚士は、大人だけではなく子どもを対象にしたリハビリもおこなっています。

主な勤務地としては、小児医療センターやリハビリセンターなどです。

言葉の発達の遅れや耳が聞こえづらい子どもなどに対し、コミュニケーションの訓練をおこなうのも言語聴覚士の重要な役割です。

 

教育機関

言語聴覚士の仕事のキャリアを積んだ方のなかには、養成校(専門学校や大学)で、言語聴覚学科の学生の教育にたずさわっている人もいます。

養成校では、自分の仕事の経験を伝えながら次世代の言語聴覚士を育成に関われるため、病院や介護施設とは違った教育の楽しさを感じることができるでしょう。

 

言語聴覚士の資格を取得する方法

言語聴覚士の資格を取得するには、次の2つの過程を経る必要があります。

養成校(専門学校や大学)を卒業する

ひとつは、専門学校や大学の言語聴覚学科を卒業することです。

言語聴覚士の資格試験を受験するには、養成校で、厚生労働省が指定している教育カリキュラムを修了しなければなりません。

言語聴覚士の養成校では、学生は身体の構造や病気の仕組み、言語聴覚療法の理論や方法などについて講義や実習をおこないながら学んでいます。

養成校に通い、一連のカリキュラムを修了して「卒業」または「卒業見込み」になると、言語聴覚士の国家試験を受けるための受験資格を得ることができます

 

国家試験に合格する

もうひとつは、言語聴覚士の国家試験に合格すること。

毎年2月に、全国各地で言語聴覚士の国家試験がおこなわれます。

国家試験で、一定の合格基準を満たして言語聴覚士の資格を得られると、病院や介護施設などで言語聴覚士として働くことができるようになるのです。

第21回言語聴覚士国家試験(2019年)の合格率は、68.9%でした。

最後に

こちらにむけて手を伸ばす女性のイメージ

言語聴覚士は、リハビリの専門職のなかでは毎年合格率が低くなる傾向がありますが、養成校でしっかりと勉強すれば十分に合格の可能性があります。

言語聴覚士は、患者さんや利用者さんの生活のしやすさや楽しさをサポートする魅力ある仕事です。

コミュニケーションや食事面のサポートは、リハビリのなかでも専門性が高いことから、他の職種やご家族などからも頼りにされることも多いでしょう。

リハビリを通じて、人の役に立ちたいという思いが強いのであれば、言語聴覚士を目指してみてはいかがでしょうか。

(Posted by 田口 昇平)

◆参考
厚生労働省「第21回言語聴覚士国家試験の合格発表について」
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2019/siken21/about.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月03日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

制度・資格カテゴリの最新記事