特別養護老人ホームのユニットケアとは?従来の介護施設との違いを説明

特別養護老人ホームのユニットケアとは?従来の介護施設との違いを説明

車椅子と廊下
最近では、ユニットケアの介護施設が増えてきています。特別養護老人ホーム(以下、特養)への入所を考えている方のなかには、ユニットケアの利点を知りたいと思う人も多いでしょう。

私は、介護職としてユニットケアの特養で働いていました。特養に入居されている方の様子を見たり、日常生活の話を聞いたりすると、ユニットケアの色々な特徴にも気づくものです。

ユニットケアとは何か?今回は、特養で出会ったご利用者、ご家族の生活の様子も紹介しながら、ユニットケアの特徴について紹介します。

特別養護老人ホーム(特養)とは?

老婆の手
そもそも、特養とはどのような介護施設なのでしょうか?

介護施設を利用したことがない方にとっては、特養と聞いても“老人ホーム”といったイメージしかわかないかもしれません。

ただ、入居されるご本人からすると、特養は長く生活する自宅になっていく場所です。ですから、ご家族としても、まずは特養がどういった場所なのか知っておいたほうが良いでしょう。

特養とは、介護を必要とされる方が、ご自宅での生活が困難である場合に入居する介護施設です。多くの利用者さんにとっては生涯にわたって生活する場所になるので、「終のすみ家」としての役割も担う大切な居場所になります。

ご家族としては、介護の専門職に生活を支援してもらえるので、特養に入居できたことで一安心される方も多いです。

ですがご本人からすると、特養に入居することは家族と離れ、慣れない場所で生活を再スタートする場所とも言えます。人によっては、特養の入居直後に不安で眠れなくなったり、食欲や気力が減退してしまったりすることも。

介護の専門職がいても、ご本人の精神面はサポートしきれない場合もあります。

このように、特養への入居を考える時には、ご本人が安心して生活できる居場所であることを大事に考えたいものです。

「ユニットケア」と「従来型」の違い


特養の役割を理解したところで、続いては、ユニットケアについて見ていきましょう。

ユニットケアとは、入居者の尊厳を保ちながら、自宅に近い環境のなかで、他の入居者や施設の職員と共同生活ができることを目指した介護手法のことです。

従来の特養では、数人の入居者が同じ部屋で生活し、デイルームなどの共同生活スペースも大人数で利用していました。プライバシーが守られにくく、入居者の状況に合わせたケアがおこないづらいという問題がありました。

そういった問題を改善するために誕生した介護手法がユニットケアです。

ユニットケアの特養では、入居者は個室で生活します。多くの特養では、10人前後の入居者を1ユニットとして位置づけ、デイルームなどの共同生活スペースも少人数で利用します。

それぞれのユニットでは、顔なじみの介護スタッフが生活をサポートしてくれるので、入居者としても安心感を感じやすいでしょう。

このようにユニットケアは、入居者のプライバシーに配慮され、アットホームな小集団のなかで生活しやすいことが特徴です。

ユニットケアと従来型の特養に入居するメリット、デメリットを挙げてみると次のようになります。

ユニットケア 従来型
メリット

・プライバシーが守られている
・個別的なケアを受けやすい
・職員や他の利用者と顔なじみになりやすい
・面会にくるご家族とも落ち着いて話せる

・いつもまわりに人がいるなかで生活できる
・費用が割安
デメリット ・費用が割高
・人の目が届きにくい
・ひとりになれる時間や場所がほとんどない
・個別的なケアを受けにくい
・個人で使える生活スペースが狭い

厚生労働省が全国の7,705箇所の特養を対象に調査したところ、36.7%の事業所で、ユニットケアがおこなわれていました(平成28年10月1日時点)。

最近では、ユニットケアを導入している特養が増えてきているので、メリットやデメリットを踏まえながら、ご本人やご家族が利用しやすい介護施設を探すようにしましょう。

ユニットケアを選ぶ時の3つのポイント

チェックつける
では、ユニットケアを選ぶ時には、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?
具体的には次のような点がポイントです。

ご本人の性格

特養に入居されるご本人が穏和な性格であったり、静かな環境を好まれたりする方であったりする場合は、ユニットケアを選ぶほうが良いでしょう。

というのも、個室で生活できればひとりになる時間をつくりやすいですし、集団生活をしながらも落ち着いて生活がしやすいです。

一方で、人に囲まれていたほうが安心する性格の方には、従来型がおすすめです。

従来型であれば、自分の部屋で過ごす場合も常に人の存在を感じられる生活音がしますから、家族と離れて暮らす寂しさもやわらぐでしょう。

ご本人の生活様式

これまでの人生で、ご本人がどのような生活をしてきたのかも、ユニットケアを選ぶ基準になります。ユニットケアのメリットのひとつは、介護施設で暮らしながら、自宅の環境をつくりやすいことです。

例えば、私が働いていた特養では、自宅から仏壇や嫁入り道具のタンスを持ってきて、自室になじみのある物をたくさん置かれている方もいらっしゃいました。

個室であれば好きなものを持ち運べますから、大切にしてきたものに囲まれながら生活したい場合には、ユニットケアを選びましょう。

費用

従来型に比べると、ユニットケアの特養では、入居費用が割高になる傾向があります。

ユニットケアは、個室スペースのほかに自分専用の洗面台やトイレ、冷暖房設備などが付いてきますから、どうしても費用が高くなりがちです。

少しでも費用をおさえたい場合には、従来型を選んだほうが良いかもしれません。

まとめ

特養は、入居されるご本人が、生涯にわたって利用される大切な生活空間です。

ユニットケアは、個室があることからご本人が生活しやすいように環境を整えられ、個別的なケアを受けながらアットホームな空間で生活できることが特徴です。

ユニットケアか、従来型か。

特養は、

  1. ご本人の性格
  2. ご本人の生活様式
  3. 費用
の3つのポイントを考えながら選ぶようにしましょう。

参考:●平成28年介護サービス施設・事業所調査の概況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/service16/dl/kekka-gaiyou_04.pdf

(Posted by 田口 昇平)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月15日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。