【食事宅配サービス】を賢く使って負担を減らそう!

【食事宅配サービス】を賢く使って負担を減らそう!

和食
「高齢者の介護で食事を作る時間がない」
「老化で足腰が弱くなり、満足に買い物に行くこともできない」

などと困っている人はいませんか?

高齢者の介護をしている家族にとって、毎日3食の食事を作ることは大変です。
また老化が原因で買い物や料理自体に、負担を感じている人もいることでしょう。

高齢者にまつわる食事問題を解決してくれる方法の一つが、食事の宅配サービスです。賢く利用することで、あなたの負担を減らしてくれます。

今回は高齢者向けの食事宅配サービスで注文できる食事の主な種類、そして宅配サービス業者の特徴を比較したので紹介します。

食事宅配サービスで利用できる主な食事の種類

業者によって細かい点は異なりますが、業者ごとに豊富な食事の選択肢を設けています。
食事宅配サービスで利用できる主な食事の種類を、食事の形態用途別に見ていきましょう。

食事の形態

まずは食事の形態についてです。主なものとして常温、冷蔵、冷凍、レトルトパックの4つに分けられます。

常温

作りたてのものが常温のまま届きます。届いてからすぐに食べられるのが特徴です。

冷蔵

調理後に急速冷蔵をした状態で届きます。食べる直前に電子レンジなどで温めるだけでOKです。

自宅に届けられたら、冷蔵庫で保管をしましょう。
数日間保存できる食事であれば、翌日や翌々日に取って置くこともできます。

冷凍

調理後に急速冷凍をした状態で届きます。食べる直前に電子レンジで解凍をします。

自宅に届いたら、すぐに冷凍庫で保存をしてください。

冷蔵と比べて保存期間が長いため、まとめて注文をしておくのも便利ですね。
普段は自宅で調理をして、どうしても調理をする時間を作れないときに利用できます。

レトルトパック

最後がレトルトパックです。常温保管できる食材がレトルトパックに入った状態で届きます。おかゆやお惣菜系が多いです。

冷蔵庫に入れる必要がないので、保管場所に困りません。まとめて保管するのも便利です。

食事の用途

老人ホームの食事
続いては食事の用途についてです。
高齢者一人ひとりの咀嚼能力カロリー制限などに応じて、さまざまな種類の食事が用意されています。

普通食

まずは普通食です。咀嚼能力に問題がなく、またカロリー制限も特にされていない人にぴったりです。

また栄養のバランスを考慮されたメニューになっているので、健康的な食事を摂ることができます。

介護食

2つ目は介護食です。咀嚼能力や嚥下能力が低下した高齢者向けに、さまざまな形態の食事が準備されています。

やわらかい食事やとろみ食の他、ペースト食やミキサー食などさまざまです。

制限食

最後が制限食です。カロリーや塩分制限がある人向けに、さまざまな種類の制限食を利用できます。

高齢者が利用できる食事の宅配サービス!主な業者の特徴を比較

高齢者向けの食事宅配サービスを提供している業者はたくさんあります。
それぞれの特徴は異なるので、あなたのライフスタイルや求めるものに合ったサービスを選びましょう。

主な業者3つの特徴を比較したので紹介します。

まごころケア食 ウェルネスダイニング ワタミの宅食
食事の形態 冷凍 冷凍 冷蔵
食事の用途(ラインナップ) ・健康バランス
・カロリー調整食
・糖質制限食
・塩分制限食
・たんぱく調整食
・やわらか食
・カロリー制限
・塩分制限
・たんぱく&塩分調整
・糖質制限
・健康応援
・(厳選)栄養バランス
・まごころ手鞠(総菜4種類のみ)
・まごころおかず(総菜5種類のみ)
・まごころ御膳(ご飯が付いたお弁当)
・いきいき珠彩(ボリュームたっぷりのお弁当)
※やわらか食や制限食などのラインナップはありません
価格(一例) 健康バランス 7食セット(定期便):税込3,800円 健康応援 7食セット:税抜4,300円 まごころ御膳 5日間:税込2,900円
特徴 ・自社工場で製造で価格が安い
・送料無料
管理栄養士監修
・電話で栄養や食事相談を受けられる
毎回同じスタッフが手渡ししてくれる
・注文可能エリアが広い

 

まごころケア食

シルバーライフ社が提供している食事の宅配サービスが、まごころケア食です。
自社工場で食事を作っているため、料金を抑えられているのが最大の特徴。

健康バランス食は定期便注文にすると7食で税込3,800円なので、1食あたり540円ほどです。
送料無料なのもうれしいですね。安くて美味しい食事を届けてくれます。

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングの特徴は、管理栄養士が食事内容を監修していることです。
食の専門家が栄養バランスや食べやすさを考えたレシピを採用しているため、安心して美味しく食べられる食事が届きます。

また定期便を利用すると、フリーダイヤルで管理栄養士に栄養や食事の相談が可能です。
専門家のアドバイスを受けられるのはうれしいポイントです。

ワタミの宅食

ワタミの宅食のうれしいポイントは、毎回同じスタッフが食事を届けてくれること。

顔なじみのスタッフが届けてくれるので、1人暮らしの高齢者に何か変化があってもすぐに気付いてくれます。単身の高齢者にとって、一種の見守りサービスとしての役割も担っているのですね。

さらに全国に515もの営業所があるため、注文可能エリアが広いのも特徴です。
ただしやわらか食や制限食は提供していません。咀嚼能力に問題がなく、カロリーや塩分制限がない人におすすめです。

まとめ

笑顔の食卓

高齢者の介護をしている家族や、1人暮らしの高齢者をサポートしてくれるのが食事の宅配サービスです。

現在たくさんの業者が参入しており、食事の形態や用途別にメニューは実に豊富となっています。賢く利用すれば調理の負担を減らすことができますよ。

一人ひとりのライフスタイルに合わせて、ぴったりな宅配サービスを選んでくださいね。

 

(Posted by Ahmad

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月25日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。