【介護ストレスと戦うあなたへ】ストレスを感じたら行ってほしいこと

【介護ストレスと戦うあなたへ】ストレスを感じたら行ってほしいこと

ストレス

どんな仕事をしていても、どのように生活をしていてもストレスはたまるもの。その中でも介護に関してのストレスは虐待などの問題に発展する傾向もあり特に重要視されていると言っても過言ではありません。自分の親をこれから介護することになる方はそのようなストレスが自分に降りかかることを不安に思う方も少なくありません。

そこで今回はそんな不安を取り除けるよう介護とストレスの関係性、ストレス解消法についてご紹介していきます。

なぜ介護をしていてストレスが溜まるのか

介護をしていてストレスが溜まる理由はさまざまありますが、なぜ介護をしているとストレスが溜まるのかを改めて考えていきましょう。もしかしたら、あなたにも思い当たるところがあるかもしれません。

 

人間関係がうまくいかない

介護とはいえ人と人とのやり取りであるため人として合う、合わないがあります。人として合わないのに、その方の介護をするとなるとやはりストレスが溜まるのは致し方ないことです。

また、介護者とは人として気が合う、良好な関わりができるという一方でその周りの人と合わずストレスが溜まることもあります。自分が介護をしている側の場合、関わってくれる訪問介護士や訪問看護師、ケアマネージャーなどとの人間関係がうまくいかずにそれがストレスの要因となるということもあります。

 

相手が思い通りに動いてくれない

認知症を患っている方を介護していると相手が自分の思い通りに動いてくれないということで結果としてストレスに感じてしまうこともあります

例えば、やっと食事を作り終えて温かいうちに食べてほしいのにトイレに行きたがる、入浴の時間なのに拒否をするなどなど。特に次に予定が詰まっているなど時間におされている時ほどストレスとして感じやすい傾向にあります。

【認知症介護のポイントまとめはこちら】

認知症介護のポイントとは?~ストレスを抱えないために~

終わりが見えない生活への不安

介護にはいつ終わりが来るのか誰にもわかりません。早ければ数週間などの場合もありますが、多くの場合は年単位です。

終わりの見えないことへの不安はストレスとなる傾向にあります。特に、自宅で介護をされている方は天気が良いのに自分の意志で自由に出かけられない、やりたいことがあるのに介護に時間を取られてできないなど自分の時間を制約されているということにストレスを感じる傾向にあるようです。

介護でストレスが溜まる…これって自分が悪いの?

介護をしていてストレスが溜まってしまう方の多くは、「介護をしていてストレスが溜まる自分はなんて人としてできていないんだ」など、自分自身を責めてしまう傾向にあります。ですが、ストレスが溜まるのは決して自分のせいではありませんし、介護を受けている方のせいでもありません。

これまでご紹介したものは介護だけでなく育児や友人との間柄、夫婦やカップルなどさまざまな場面でも起こりうるものです。ですのでストレスが溜まった時に自分のせいにせずいつなんどきでも起こりうることと捉えて、ストレスがうまく解消できるように行動してみましょう。

介護でストレスが溜まった時にすぐにやってほしいこと

リラックス

ストレスが溜まった時にはその人なりに解消方法はいろいろとあるでしょう。

ですが、介護でストレスが溜まった時にまず真っ先に行ってほしいことが2つあります。介護によるストレスから起こることが1番危惧される「自分や介護をしている相手に危害が及ぶ」ということを食い止めるためにも、ストレスが溜まっている…と感じたならばまずは、以下の2つをお試しください。

ストレスの対象から離れる

まずは、ストレスの対象となる人から離れましょう。もし、介護をしている方に対してストレスが溜まっているならば、介護者を交代したり、行政や地域の社会福祉施設などを活用するのも手です。

介護関係の仕事をしているならば、仕事の休みを数日もらったり、ストレスとなる対象者と関わりを避けられるような配置にしてもらいましょう。まずは、物理的な距離をとることがポイントです。

自分の時間を作る

自分のためだけの時間を作ることも真っ先に行ってほしいことですが、自宅などで介護をされている方は自分だけの時間を作ることは難しいかもしれません。

例えば、訪問の介護士や看護師が来ている間10分程度自分のために時間を使うだけでも、今抱えているストレスを少しでも緩和することはできます。

介護施設で働いている方ならば、昼休憩などの数十分、休憩室から離れて自分だけの落ち着ける場所を探し、そこでのんびりすることもよいでしょう。何時間という長い時間でなくても数十分程度でも十分ストレスを緩和することはできます。

ストレスとうまく付き合うことが介護を続けるコツ

リラックス

先の見えない介護生活、対象者の状況は刻々と変化していきます。その時その時でストレスに感じることやその度合いは異なるかもしれません。

介護だけでなく日常生活においてストレスを全く感じないということは少ないでしょう。自分のペースで、自分のやり方でストレスとうまく付き合うことが介護を長く続けるコツかもしれません。

 

(Posted by RAY)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年05月13日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。