今後稼げるねらい目の介護事業所の種類

今後稼げるねらい目の介護事業所の種類

階段

現在では、介護保険施行当時から比べ、様々な種類の介護サービスが登場しました。給与体系も様々で、事業所によっては賃金格差も生じています。そこで最新データをもとに、今後ねらい目の介護事業所を紹介します。

介護サービスの多様化

黒板に書かれたハートマーク

高齢者や家族のニーズの変化とともに、介護業界も多種多様なサービスが展開され、介護者自身の働き方にも変化がみられるようになりました。これまで介護を必要とする高齢者は施設での生活が中心でしたが、出来得る限り在宅で生活を送るという選択をする高齢者が増え、在宅を支えるために、通所系サービス、在宅系サービス、地域密着型サービスにも焦点が当たっています。

介護サービスの種類

介護職の種類

施設サービス

施設サービスとは、特別養護老人ホームや老人保健施設など、施設に入居して介護を受けるサービスです。介護保険施設には「特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」があり、2018年より新たに「介護医療院」が施設サービスとして位置づけられるようになりました。

通所サービス

通所サービスとは、利用者が自宅や老人ホームなどからデイサービス(通所介護)やデイケア(通所リハビリテーション)などの通所サービス事業所に通い、食事・入浴などの生活援助、レクリエーション、健康チェック、機能訓練などが受けられるサービスです。ニーズの多様化により、通所サービスも様々な業態が誕生するようになりました。

居宅サービス

居宅サービスは、利用者が自宅での生活を継続できるよう訪問介護士などが居宅を訪問し、食事や掃除、入浴介護などの生活を援助するサービスです。居宅サービスには、「訪問介護」「訪問看護」「訪問リハビリテーション」「訪問入浴」「居宅療養管理指導」などのサービスがあり、それぞれの専門のスタッフが居宅に訪問し、援助を行います。

地域密着型サービス

地域密着型サービスとは、高齢者が住み慣れた地域で、今までの生活を継続しながらできるだけ長く元気に過ごすことができるように援助するサービスです。地域密着型サービスには、「小規模多機能型居宅介護」「看護小規模多機能型居宅介護」「定期巡回」「認知症対応型通所介護」「認知症対応型共同生活介護」「地域密着型特定施設入居者生活介護」「地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護」などが含まれています。

介護職員の給料の実際

給料袋

それでは、それぞれの施設で働く介護職員の給料の現状について厚生労働省の最新データを用いて紹介します。厚生労働省のデータでは、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、訪問介護、介護療養型医療施設、グループホーム、通所介護事業所の6つの施設携帯でアンケート調査を行い、それぞれの平均値をとったデータとなっています。

最も月給が多い事業所は特別養護老人ホーム

一か月の給料平均で最も多い介護事業所は特別養護老人ホームで、332,260円という結果でした。続いて、介護老人保健施設の317,350円、訪問介護事業所の291,930円、介護療養型医療施設の285,360円、認知症対応型共同生活介護の276,320円、通所介護事業所の262,900円でした。

最も時給が高い介護事業所は訪問介護

厚生労働省のデータを参考に、月額給料から労働時間数を割ったものを算出すると、常勤勤務者の時給換算で最も金額の高い事業所は訪問介護事業所で、時給換算1,418円でした。続いて認知症対応型共同生活介護事業所の1,312円、介護老人保健施設の1,280円、特別養護老人ホームの1,281円、通所介護事業所の1,166円、介護療養型医療施設の1,144円という結果となりました。非常勤では、介護職員の全体の平均時給は1,110円で、最も時給が高い事業所は介護療養型医療施設の1,279円でした。

今後ねらい目の介護事業所

介護士

それでは、今後ねらい目の介護事業所を紹介します。もちろん給与面も大事ですが、長く働くのであれば給与以外の面も重要となってきます。総合的に満足できるであろう介護事業所をピックアップしましたので、参考にしてください。

やりがいをとるなら小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護は地域密着型サービスの1つで、「通い」「泊り」「訪問」の3つの機能を1つの事業所で行える施設です。地域で暮らす高齢者を支えるために利用者のニーズに合わせ、臨機応変な対応をモットーとしています。そのため、利用者と密に関わることが出来、地域生活を間近でサポートすることが出来ます。夜勤や遅出・早出等の各種手当もあるので、給与面はやや高めとなっています。

プライベートを充実させたい人は訪問介護

訪問介護は、利用者一人ひとりの家に直接訪れるので、利用者の自立を一番身近でサポートすることが出来ます。そのため利用者と深い信頼関係を築くことができ、やりがいを感じやすい仕事です。訪問の移動時間も給与に含まれることが多いので、時給は高くなっています。また、訪問介護はパートや、登録ヘルパーという働き方もできます。パートや登録制のヘルパーであれば、自分の好きな時間に勤務できるのでお子さんのいる方や親の介護をしている人にとって働きやすい事業所です。

安定した給与のサービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅は、ほとんど介護を必要としない高齢者が入居する高齢者向けの賃貸住宅です。介護者の役割としては、入居者の安否確認と相談業務が中心となります。しかしながら、必要に応じて食事介助、入浴介助、家事援助などの援助を行う場合もあります。24時間交代制で夜勤も含まれているので、安定した給与を受け取ることができます。

ステップアップも考慮しよう

積み木

勤務地以外で給与に最も左右する要因は、保有資格です。あなたがどんな資格を持っているかで給与が大きく変わってきます。仕事に慣れ、生活が落ち着いてきたらステップアップできる資格に挑戦してみましょう。

介護福祉士の資格を取ろう

介護職として働くにあたり、最も給与に影響を与える資格が介護福祉士です。厚生労働省のデータによれば、無資格の介護職と介護福祉士の給与を比べると1か月5万円近くの差がみられています。介護福祉士となれば、給与面以外でも様々な面で自信となり得るので是非挑戦してみましょう。

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

生活相談員業務にも挑戦してみよう

生活相談員とは、ソーシャルワーカーとも呼ばれ、主に特別養護老人ホーム・デイサービス・ショートステイなどの介護福祉施設で、利用者やその家族と他施設や地域をつなぐ、連携と調整を行う職業です。社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格が必要とされますが、無資格でも介護職としての経験があれば行うことができる自治体もあります。通常の給料に手当が加算されるだけでなく、キャリアアップにもつながるので余裕があればチャレンジしてみましょう。

ケアマネージャーの道も考えてみよう

ケアマネジャーは介護保険の中心的職業で、ケアプランを立てることが最も重要な職務です。利用者や家族の希望をケアプランに反映させ、関係する事業所への連絡・調整も行います。もちろんこれらの職務の専門性は給与にも反映されるので、介護の経験が十分あれば、ケアマネジャーの道も考慮しましょう。

自分に合った介護事業所を見つけよう!

2025年問題が間近に迫った現在において、介護業界も新たな局面を迎えています。介護サービスも多様化し、介護者も様々な働き方が選択できるようになりました。今回、厚生労働省のデータを用いて、現在の介護事業所の給与状況を紹介し、これからねらい目の事業所を紹介しました。給与面も大切ですが、自分自身どんなところで働きたいのか、どんなキャリアアップを目指しているのかも明確にしていきましょう。

(Posted by めっし~)

稼げる介護士になりたい!「夜勤専従」「夜勤専門」の仕事内容とメリット&デメリット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年11月30日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。