介護保険申請は代行できる!【代行してくれる介護機関を紹介】

介護保険申請は代行できる!【代行してくれる介護機関を紹介】

こんにちは。社会福祉士・介護福祉士の笑和です。

この記事では、介護保険制度における要介護認定の申請を代行してくれる機関について説明します。自分自身で要介護認定の申請が難しい場合、この記事を読んで申請代行を担ってくれる機関に相談しみてましょう。

要介護認定とは

二人で作るハートマーク

加齢に伴い、身体的・精神的能力が低下した場合、自立した日常生活を送ることが困難になります。これを要介護状態、要支援状態といいます。介護保険制度では、要介護状態・要支援状態にある人たちは、必要な申請や判定を受ければ、介護サービスを受けることができます。

要介護度を判定

要介護認定では、要介護状態・要支援状態にある方が、果たしてどの程度介護が必要な状態なのか度合い(要介護度)を明らかにする認定です。

要介護度は、要支援1または2、要介護1~5のスケールで定められています。これは全国一律に客観的に定められ定められており*1、要支援1が自立に最も近い要支援状態です。一方で要介護5は寝たきりの状態で、常時介護が必要な状態を指します。

具体的な手続きの流れは次項で解説します。

要介護認定の申請

介護保険制度のサービスを受けるためには、まず最初に要介護認定を受けるために申請して、要介護区分(7段階)のいずれかに判定されなけばなりません。

申請窓口は?

要介護認定の申請は、住所のある市町村の担当窓口に行けば申請することができます。介護保険制度の保険者である、市町村および特別区が申請の窓口となります。

申請に必要なものは、詳細は市町村によって異なりますが、基本的には次の書類等が必要です。

  • 要介護認定・要支援認定申請書
  • 介護保険被保険者証の原本
  • 申請者の身元確認書類
  • マイナンバーの確認できる書類
  • 医療保険被保険者証(介護保険制度における第二号被保険者の場合)

要介護認定の申請は代行できる

相談

要介護認定の申請を行うのは、原則として、介護サービスの受給を希望する被保険者本人です。

しかし、体調が悪かったり、入院していたりして、被保険者本人が申請できない場合は、代理人が申請できます

誰が申請を代行できるのか

次の人たちが、被保険者に代わって申請することができます。

  • 被保険者の家族・親族
  • 地域包括支援センター
  • 居宅介護支援事業所
  • 介護保険施設(被保険者が入所している場合)

上記のうち、被保険者の家族・親族を除いて、これらを細かく見ていきましょう。

地域包括支援センター

高齢者の生活に関する総合相談窓口です。介護・医療・保健・福祉に関する専門知識を持った職員が在籍しており、それぞれの専門性を発揮しながら、地域住民の相談を受けています。

住み慣れた地域で生活を送ることができるように、日常生活上の相談、介護サービス・介護予防サービスの利用に関しての相談を受けるのも、地域包括支援センターの役割です。

人口2~3万人の日常生活圏に1つの地域包括支援センターが置かれています(多い場合は、中学校区域ごと)。お住まいの近くにあるはずなので、あらかじめ場所を確認しておきましょう。

居宅介護支援事業所

自宅等で生活を送る要介護状態・要支援状態にある人が、適切に介護サービスを利用できるよう、様々な相談を受けたり、手続き等の代行を行う機関です。

ケアマネージャー(介護支援専門員)が在籍し、要介護認定の申請の代行、要介護状態・要支援状態の居宅サービス計画(ケアプラン)立案などを行います。

各相談・手続は無料ですので、まずは相談に行ってみると良いですよ。

介護保険施設

介護保険制度で定められている介護施設3種類を紹介します。いずれも、施設に勤務するケアマネジャーや生活相談員が、要介護認定の申請代行を担ってくれます。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

常に介護が必要な状態で、自宅での生活が難しい人が入所します。食事、入浴、排泄などの生活上の介護サービスを受けて、施設内で生活を送ります。原則として、要介護3以上の人が対象です。

介護老人保健施設

病院等に入院していた利用者が、急性期の治療が終わり、今後は回復期でのリハビリを行う。退院後すぐに自宅に帰るのは難しいので、リハビリを目的として一旦入所する施設です。

施設内では、医学的な管理を受けながら、生活上の介護(食事、入浴、排泄等)や看護、リハビリ等のサービスを受けます。やがて、自宅に復帰することを目標とする中間施設の位置づけです。主に要介護1以上の人が入所できます。

介護療養型医療施設

治療は終わって病状は安定しているものの、重度の要介護者であるため、引き続き医療的管理とリハビリテーションが必要な人が入所する施設です。

これまで見てきた「介護老人福祉施設」や「介護老人保健施設」と比べて、医療ケアがより充実している施設といえます

まとめ

老夫婦

自分自身で要介護認定の申請を行うことが難しい場合、この記事を読んで申請代行を担ってくれる機関に相談しみてましょう。

特に地域包括支援センターは、高齢者の生活に関する相談窓口です。日常生活の課題や困ったことがあれば、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。この機関では、要介護認定の申請の代行を担ってくれるので一石二鳥になるかもしれません。

(Posted by 笑和)

参考:

1 要介護認定 厚生労働省

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月02日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。