認知症とは?【症状や原因、種類について解説します】

認知症とは?【症状や原因、種類について解説します】

厚生労働省の発表した認知症の人の将来推計について参考(1)によると、認知症高齢者の数は2012年には462万人で、2025年には約700万人になるだろうと推測されています。将来、65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症になるのではないか、との指摘があります(2)。

高齢期における認知症の問題は、介護の問題と密接に関わるため、大きな社会問題といえます。認知症の種類はいくつかありますが、この記事を読むことで、認知症の症状や特徴などを正しく理解し、その進行を遅らせるための手立てを理解しましょう。

認知症とは?

ノートにメモをとる高齢者 ここでは、認知症がどのような症状なのか、どのくらいの数がいて、どのような種類があるのかを見ていき、全体的な理解を深めていきましょう。

認知症高齢者の数

厚生労働省が発表した認知症施策推進大綱(4)によると、認知症の人の数は2012年で462万人と言われており、軽度認知障害の人の数は約400万人と推計されるとのこと。2018年には、認知症の人の数は500万人を超え、65歳以上高齢者の約7人に1人が認知症と見込まれています。

今後、その数は増えていくものと見込まれており、先述のとおり、2025年には約700万人になるだろうとの指摘があるほどです。

認知症の定義

そもそも、認知症とはどのような定義があるのでしょうか。厚生労働省は認知症施策の現状(5)内にて、認知症とは「脳の変性疾患や脳血管障害によって、記憶や思考などの認知機能の低下が起こり、6ヶ月以上にわたって、日常生活に支障をきたしている状態」と定義しています。

また、厚生労働省の知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス(3)によれば、認知症は次のように定義されています。

認知症とは生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態です。つまりは、加齢等により正常に働いていた脳の機能が低下することで、記憶や思考への影響が見られる病気だといえます。

有病率

厚生労働省の認知症施策推進大綱(4)によると、認知症の有病率は次のとおりです。

  • 65~69歳で1.5%
  • 70~74歳で3.6%
  • 75~79歳で10.4%
  • 80~84歳で22.4%
  • 90歳以上で64.2%
高齢になればなるほど有病率が上がります。

認知症の症状

パズルをする男性

認知症には、主な中核症状と周辺症状があります。それぞれがどのような症状なのかを紹介し、説明します。

認知症の主な中核症状

認知症の患者の多くに、次のような認知機能に関する障害が出ると言われています。

記憶障害

先ほど覚えたものをすっかり忘れてしまうというものです。健常の物忘れは、ヒントを与えると思い出しますが、認知症の場合は、さっき経験したことを全てを忘れてしまいます。つまり、「忘れたことすら忘れてしまう」という状態です。

見当識障害

今、自分がどこにいるのか、何時ぐらいであるのかということが分からなくなります。自分の家にいても、「帰宅する」と外出しようとしたり、慣れた道にいても迷ってしまったりする症状です。

判断力低下

認知症になると、素早く判断するということが苦手です。たとえば、車の運転などはいい例です。運転はその場の状況を情報収集しながら、咄嗟に判断して実行するという複雑なプロセスを踏みます。

よって、素早い判断が出来ずないから運転できない、買い物で必要なものだけを購入できない等があります。

言語障害

脳梗塞などの血管性認知症では、言語障害が現れる場合があります。言葉は出ないものの、相手の言うことは理解できなかったり、自分の言葉は出るものの、相手の言葉の理解が難しかったりします

失行

道具を上手に使うことが出来ない状態です。たとえば、衣服を正しい方法で着ることができない、おはしを使って食事をすることが出来ないなど、手や足は正常に動くのに、行為に至ることができなかったり、順序がばらばらになったりします。

失認

視力に異常はないのに、視界にあるものを認識したり区別できなくなる状態です。左右が分からない左右失認、何指か答えられない手指視認などがあります。

認知症の周辺症状

周辺症状は、前記の中核症状に合わせて起こる症状です。日常生活での症状、精神面での症状などが主で、全ての認知症の人に必ず出現するものではありません。よく見られる周辺症状は以下で解説します。

不安

何かに不安を感じ、落ち着かない状態です。人ごみに出かけると過剰に緊張するので、家の中に閉じこもりがちになります。また、イライラしやすくなります。

抑うつ

気持ちが落ち込んで、やる気が出ない状態です。感情に鈍くなり、何に対しても興味を示さない、「家族のなかで自分が除け者にされている」などの否定的な感情が現れ、落ち込む等の症状です。

徘徊

目的が無く周辺を歩き回ったりします。傍から見れば目的が無いと認識しますが、本人にとっては目的のある行動の場合が多いです。無理に止めようとせず、一緒に歩いて目的を聞くと良いかも知れません。

不眠

寝付けない、途中何度も起きる、夜中に目が覚めてその後眠れない等があります。

妄想

本当は違うのに、本人にとって真実であると信じ込んでいる症状です。財布の置き場所を忘れて、財布を取られたといった妄想などがあります。妄想は、周囲の人がどんなに否定してもそれを認めない訂正不可能な誤った考えです。落ち着かせることが先決です。

暴言・暴力

認知症の人はさまざま要因で暴言・暴力に及ぶことがあります。要因として考えられるのは以下のとおりです。

  • 不安による混乱
  • 自尊心が傷つけられた
  • 体の不調

暴言・暴力に及ぶ要因としていずれも、感情をコントロールできないという点が共通しています。

不潔行為

不潔行為の理由としては、認知症により不潔なものかそうでないかという認識がなくなってしまうからと考えられています。

認知症の種類

検査を受ける男性

認知書には幾つかの種類がありますが、ここでは、主に高齢期に罹患しがちな認知症の種類と症状について説明します。

特に脳血管性認知症と、アルツハイマー型認知症は、罹患者数が多いため、詳しく説明します。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症の割合

認知症の原因疾患として、アルツハイマー型認知症は最も有名です。国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター もの忘れセンターの認知症はじめの一歩(10)によると、認知症の約70%を占めます。

主な初期~中期症状

ゆっくりと進行が進むため、早期に発見がしづらい点が特徴です。初期症状としては、今日の日付・朝ごはんのメニューが思い出せなくなり、一方で、自分の誕生日や生まれ育った郷里などの遠い過去の出来事は忘れにくいです。

中期になると、認知機能の低下が観られます。食事や移動、入浴やトイレ等の日常生活動作を自立して行うことが困難になります。また、発語が少なくなります。

後期症状では

後期症状としては、ほとんどの日常生活動作に介助が必要になります。また、子どもや孫の顔が分からなくなり、認知機能の低下のみならず、身体機能が著しく低下し、関節の曲げ伸ばしが難しくなり、寝たきりの状態になります。

脳血管性認知症

原因

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害に伴う形で現れる認知症です。高血圧をはじめ、糖尿病、心筋梗塞の経験や、狭心症などは脳血管障害の危険因子です。心疾患のみならず、脳血管性認知症の予防の観点から健康管理は重要となります。

特徴・症状

症状は多種多様です。多くの場合に、発症初期にめまいや頭が重い、しびれ、疲れやすいなどの身体症状が出ます。

日常生活に支障が出るような記憶障害、認知機能障害が現れます。また、この認知症の約8割以上の患者に、麻痺症状やすくみ足などの歩行障害、尿失禁等の神経症状が見られます。精神症状ではうつ状態が多く、妄想や感情失禁(感情のコントロールが難しく、些細なことで怒ったり、泣いたりする)、せん妄もよく現れます。

レビー小体型認知症

原因

欧米では認知症の原因疾患としてアルツハイマー病に次いで2番目に多いといわれています。原因は脳の神経細胞が原因不明に減少することと指摘されています。

特徴・症状

進行性の認知機能の障害が出ます。また、中核症状として次のような症状が出ます。

  • 注意や覚醒レベルの変動を伴う認知機能の動揺
  • 現実的で詳細な内容が繰り返し出現する幻覚(典型的なものとしては、人物や小動物など。その内容は具体的で繰り返す)、
  • パーキンソン症状(手足が震える、動きが遅くなる、筋肉の強張り、小刻み歩行等)

前頭側頭葉変性症(ピック病)

原因

脳の前頭葉と側頭葉が萎縮することで現れます。なぜ萎縮するのか、正確な原因はわかっていません。

特徴・症状

特徴としては、情緒障害・人格障害・異常行動があります。例えば、さっきまで笑っていたら突然泣き出してしまうなどの情緒が不安定になったり、温和だった人が怒りっぽくなるなどの人格障害、などです。

異常行動としては、窃盗を繰り返す、他人の家に勝手にあがるなど、社会生活を送るうえで逸脱した行為を取るようになります。

認知症の予防・進行を遅らせるために

ダンベルトレーニングする男性ここまで認知症の症状等について解説してきましたが、では、どうすれば認知症を予防することができるのでしょうか?

また、認知症を発症していたとしても、どうすれば進行を遅らせることができるのか、解説します。

認知症を予防する方法

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団の発行する認知症予防はカラダづくりから(国立長寿医療研究センター 総長特任補佐の鈴木隆雄氏が監修(16)によると、認知症の予防ためには、生活習慣の改善・運動だけでなく、積極的な社会参加が重要であると指摘しています。

糖尿病などの生活習慣病を防ぐ

認知症を発症した人と発症しなかった人の違いを研究することで、危険因子と保護因子が分かってきました。中高年世代の認知症予防には、糖尿病等の生活習慣病を防ぐことや、食事や運動習慣に気を配った健康的なライフスタイルの実践が大切です。

青魚、野菜や果物が有効

EPAやDHAを多く含む青魚、ビタミンC、ビタミンEを多く含む野菜や果物の摂取が認知症のリスクを軽減させます。抗酸化作用の高い食べ物が良いようです。

定期的な運動

運動習慣を身に付けることが重要です。そのため、1回あたりの時間が短くても、毎日決まった時間に行うことで習慣化させることが大切です。

強度は自分自身が続けられる適切な強さが理想です。決して無理することなく、慣れてきたら10分以上続けることを心がけてみましょう。

積極的な社会参加

高齢になるとどうしても日中を一人で過ごしたり、対人的な接触機会が減ってしまいがちです。そうなると、社会的活動を行う時間が少ないばかりか、食事や運動がおろそかになってしまいます。

閉じこもった生活は極力避け、周囲の方との関わりを持ち、お互いに声をかけあって地域活動を担うことが大切です。どんな些細な活動でも構わないので、一人ではなく複数人で関わり合いながら行います。また、趣味の会に参加したりするなど、積極的な社会参加が重要です。

認知症の進行を遅らせる方法

認知症の進行を少しでも遅らせるためには、医療的アプローチを充分に行うこと、生活環境を整えることの2点が考えられます。これを解説します。

医療的アプローチ

認知症は早期発見・早期治療が重要だと言われています。

具体的症状を発見することは難しいのですが、「おかしいな」と少しでも感じたら、病院やクリニック等のもの忘れ外来を利用して、状況を相談してみて下さい。

専門医の治療を受けたり、専門のお薬を内服することで、認知症の進行を少しでも遅らせる努力を欠かさないようにしましょう。

生活環境の整備

認知症の高齢者等が生活するうえでストレスをできるだけ少なくすることが大事だと言われています。疎外化しない、孤立化させない、本人に過剰な負担を強いない(過剰なリハビリテーション等)、人格否定をしないなどです。

まとめ

認知症にならないための予防に努め、発症した場合はもの忘れ外来等の専門科を利用して、早期発見・早期治療を心がける。そして、進行を遅らせるために、医療・生活の両面でのアプローチが重要です。

参考

(1)【参考】厚生労働省:認知症の人の将来推計について

(2)厚生労働省:認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン) ~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~の概要」 

(3)厚生労働省:知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス 認知症とは

(4)厚生労働省:認知症施策推進大綱について 

(5)厚生労働省 老健局高齢者支援課;「認知症施策の現状」

(Posted by 笑和)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月31日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。