気持ちに寄り添う認知症ケアとは?現場で役立つ基礎知識4選

気持ちに寄り添う認知症ケアとは?現場で役立つ基礎知識4選

高齢者の増加とともに、罹患者数も増加している認知症。認知症の罹患者数は、2012年には65歳以上の高齢者の約7人に1人でしたが、2025年には約5人に1人になるという推計があります。

参照:厚生労働省 3 高齢者の健康・福祉 認知症高齢者数の推移
https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/gaiyou/s1_2_3.html

介護の仕事をしていると、必ずといっていいほど出会う病気で認知症の利用者さんと関わったことのある人もいると思います。しかし「これでいいのかな?」とケアの仕方を迷ったり、なんとなくケアしたりすることはありませんか?

そこで今回は、認知症ケアの基礎部分についてまとめました。大切なポイントをおさえて、ぜひ明日からのケアに活かしてください。

認知症とは?どんな特徴があるの?

桜を見る女性

認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。

参照:厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス 認知症とは
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_recog.html

加齢や病気によって認知機能が低下し、さまざまな症状を引き起こします。原因として最も多いのがアルツハイマーです。また、高齢者に限らず、65歳以下で発症する「若年性認知症」もあります。

認知症の症状とは?

手をにぎる

  • 記憶障害
  • 実行機能障害
  • 失語、失行、失認
  • 暴言、暴力
  • 徘徊
  • 妄想
  • 精神的な落ち込み
など

認知症と聞いて思い浮かぶのは、記憶障害かもしれません。食事をしたばかりなのにまた食べようとする、さっき話した内容を思い出せないなどです。また、料理の手順が分からなくなる、長年務めていた仕事の流れを忘れるなど、実行機能障害も目立ちます。

暴言、暴力、徘徊も、家族の負担が増大するので深刻です。認知症になると、これらの症状が全て現れるわけではありません。原因となる病気やその人によって異なります。また、認知症の進行にともなって新たに現れる症状もあります。

認知症ケアの基本4つ

手をにぎる介護士

厳密にいうと、同じ認知症であっても原因となる病気や進行具合によってケアの方法は変わります。そのため、ここでは基本的なケアの姿勢に的を絞ってご紹介します。

本人のペースを尊重する

認知症が進行するとできないことが増えますが、急かさないようにしましょう。できるまで待ったり、時間がかかりそうなときは早めに声をかけたりなど、可能な限り本人のペースに合わせることが大切です。

環境を整える

環境の変化は、認知症の人を不安にさせます。入院や入所などで致し方ない場合もあると思いますが、そのようなときも使い慣れた物や思い出の品を用意すると安心できます。食事、入浴、睡眠など、生活リズムを整えることは、身体面の健康だけでなく精神面の安定にもつながります。

また、なるべく自分で身の回りのことができるように、よく使うものは同じ場所に置く、服や靴を着脱しやすいものにするなども効果的です。

否定しない

認知症の人は、認知機能が低下していくことに不安を感じています。そんなときに「何やってるの?」「おかしいんじゃない?」など、否定的な言葉をかけると落ち込んでしまうので注意が必要です。

例えば、自分の物が盗まれたという妄想があるときは、一緒に探すと次第に落ち着く場合もあります。徘徊は、どこに行きたいのか話を聞き、一緒に付き添いましょう。時間やタイミングによっては、「また明日にしましょう」と声をかけるのもいい方法です。

認知症の人の気持ちに寄り添う姿勢が求められます。

介護職員が身につけたいコミュニケーション術!気になるそのポイントは?

シンプルに要点をしぼって伝える

認知症の人に何か伝えるときは、分かりやすいシンプルな言葉で伝えるのがポイントです。複雑な内容や方法を説明しても混乱してしまうので、「○○できますか?」「△△お願いします」など端的に伝えましょう。

記憶障害がある人には、メモを残す方法もおすすめです。

家族のケアも忘れずに

介護関係の人形

認知症には、今のところ完治する治療法がありません。内服薬は、症状の進行を抑えるためのものです。いつまで続くか分からない生活に、疲れている家族も多いです。

家族から相談されなくても、さりげなく「どうですか?休めてますか?」と声をかけてみましょう。それをきっかけに、悩みを吐き出してもらえることがあります。さまざまなサービスを利用して介護負担を少なくしたり、休む時間を確保したりすることは、介護を長く続ける秘訣です。

認知症の患者をもつ家族で構成された「家族会」は、同じ境遇の人と話せるので精神的に楽になれます。もし家族に疲れがみられたら、ケアマネジャーや多職種と情報共有することが大切です。そうすることで、家族の負担軽減に向けてさまざまな方向からアプローチできます。

認知症を理解して「その人らしさを支えるケア」につなげよう

介護士と車椅子女性と花畑

認知症を発症すると、今までの生活が崩れてしまうので、本人も家族も動揺します。介護職の人でさえ、迷うことがあります。

そのようななかでも、忘れてはいけないケアの基本は、その人らしさを尊重することです。その人が何をしたいのか、どんな気持ちでいるのか考えることで、認知症に寄り添ったケアができます。

迷ったときは基本に立ち返り、日々のケアに活かしましょう。

(Posted by 浅野すずか)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年11月29日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。