国民に一律現金10万円支給【申請方法の検討や国民の反応について】

国民に一律現金10万円支給【申請方法の検討や国民の反応について】

こんにちは、ヘルなび編集部のゆうきです。

4月17日に、安倍首相は記者会見で国民1人あたり一律、10万円給付をすると決断しました。

今回はこの10万円給付の概要と申請方法、給付が決定した後の国民の声についてお話していきたいと思います。

10万円給付となった背景

 

貯金

安倍晋三首相は17日夕、首相官邸で記者会見し、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急事態宣言の対象区域を全都道府県に拡大することに伴い「国民1人当たり一律10万円の給付を決断した。

引用:Yahooニュース 安倍首相が記者会見「国民1人当たり10万円の給付を決断」

 

もともとは1世帯あたり30万円支給策が予定されていました。しかしこの政策は、支給対象となる世帯が少ないため「もっと給付対象を拡大するべき」との指摘をうけ、30万円の支給案は撤回。その代わりにすべての国民を対象に一律10万円の給付を行うとなりました。

給付の開始は5月中を目指す方針とのことです。

10万円給付の申請方法

今回の給付は、麻生副総理によると「要望した人、手をあげた人に給付する」とのこと。要望の仕方、つまり申請については現在検討中とのことですが、市町村の窓口では申請者が集まって感染の危険があるため、郵送やオンライン手続きを実施する予定です。

参考:yahooニュース 「10万円給付」は郵送やネットで手続き…首相が会見

手をあげられない高齢者はどうすれは?

ツイッターには以下のような意見がありました。

注目していただきたいのは、「手をあげれないご老人や、子どもはどうなるの?」というところ。

ごもっともな意見ですね。

本人の申請ができない人は、親やケアマネジャーなど、代理人が申請できるようになればよいのですが、「本人が手をあげれば」というままだと、必要な人に給付が届かないのではないかと思います。

国民の反応

民衆

今回の給付金について、以下のような様々な議論が巻き起こっています。

 

「公務員は損害を受けていないのだから辞退するべき」

「国会議員は受け取るべきではない」

「外国人は対象外にしてほしい」

「生活保護受給者は配布する必要ない」

「金持ちは給付を辞退しろ」

「年金や貯金のある高齢者には必要ない」

引用:Yahooニュース 現金一律10万円給付が始まる前に考えておきたいことー確実にあなたのもとにお金が来るようにー

 

しかし、子育てにはお金が必要です。緊急事態宣言により、親の収入が減ってしまったのなら、10万円だけの支給ではとても足りません。子どもも受け取ることができたら、その費用を子育てや教育費にあてることができます。

また介護にもお金は必要です。認知症や寝たきりの高齢者が、給付金を受け取れたら、その費用を介護費にあてられるでしょう。

年金ぐらしの高齢者も、年金は決して多く貰えているわけではなく楽な暮らしではありません。また高齢者はいつ病気になってもおかしくない状態と隣合わせなため、医療費なども必要です。

今回の10万円給付は全国一律なので、批判的な意見を聞いてしまったとしても、気にしないようにしましょう。

まとめ

10万円給付について、さまざまな意見がありますが、筆者個人の意見としては、「もらえるものなら、もらっておいたほうがいいのでないか」と思います。今回もらえる10万円は非課税となるため、もらったから不利益になるということは現状ありません。

国民全員が平等にもらえる制度なので「外国人は~」「公務員は~」「高齢者は~」とまく仕立てるのはやめましょう。

それよりも大切なのは、もらった10万円の使い方ではないでしょうか。

最後に、介護職員による10万円の使い方について、ツイッターの投稿を紹介したいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月23日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。