【転職者インタビュー】格闘技インストラクターから重度訪問介護士へ~後編~

【転職者インタビュー】格闘技インストラクターから重度訪問介護士へ~後編~

イタリアで格闘技インストラクターをして暮らすという夢があり、その夢に向かって実績を積み上げていった八木橋武尊さん。

その八木橋さんがその後どうして重度訪問介護の道にすすむに至ったのか?その真相に迫りました。


八木橋さんが教えていた格闘技のキッズクラス(一番左端が八木橋さん)
八木橋さんが教えていた格闘技のキッズクラス(一番左端が八木橋さん)

当初は「自分の夢へ向かう資金集めの手段」

――イタリアで格闘技のインストラクターをしていた八木橋さんが、その後どうして今のように介護業界に出逢われたのでしょう?

そうですね…あの正直介護は…まったく眼中になかったですね。身近にそういう(介護を)必要とされる方とか、介護を仕事にしている方がいた訳でもなかったですし。自分も当初は一般的に言われる「低賃金、きつい、異性にモテない」とかっていうイメージだったと思います。

ただ、先ほどの「自分の夢」に向かう資金を稼ぐため「手段としての仕事」を探していた時、たまたま今の障害者介護の求人、その条件面を見て、これなら??と自分事になった、そんな感じでした。

――なるほど!はじめは必ずしも前向きではなかったんですね。その後はいかがですか?

はい、仕事で実際の現場を経験していく内に、これだ!と思えてきました。

――なるほど、「これだ!」と思えた。あの、、、先ほど求人広告を見て「条件面」が大きな要素だったと伺いましたが、実際飛び込んでみてそれ以外にもやりがいを感じられた点があったのでしょうか?

そうですね…まぁ自分にとってはですけど。肉体的には意外と楽。

――あーそいういうことですか!介護現場は体が資本で大変と仰る方が多いですけど、格闘家はそれ以上に体張りそうですもんね(笑)

あと、もう一つ言うと。周りから「良い人」だと思われるってこと。

――なんですって??(笑)格闘家のイケメンマッチョな大の男が、周囲の評判を気にしているなんて(笑)

そう言われると、ちょっと恥ずかしい(笑)でも、こんな体なんでギャップがあるんでしょうね。利用者の方々はもちろん、ご家族や新しく仲間になった同僚などからも「ギャップ萌えしました」なんて言われること、実際ありますよ(笑)

――なんと!それは嬉しい発見でしたね(笑)

介護とは無縁の私でしたけど、入ってみたら面白い発見が日々あります。結果論かも知れませんが。

でも、自分はとても運が良かったと思っています。こうして面白いと思える現場に出逢えたわけですから。

――出逢い、大事ですよね。自分の人生の出来事ではあるけれど、その時々に最適かどうか分からないことが多いですからね。

本当にそう思います!介護業界に限らず、(働くなら)どこの会社でもいい、と思える人はいないと思います。

私が運が良かったと感謝しているのは、まさにそこで、この会社の価値と大畑社長・高浜さんをはじめ、先輩スタッフたちの魅力に惹かれて常勤入社を決めました。介護×医療×ビジネスを一気に学べて自己成長につながり、人としての魅力も磨いていけると感じステップアップも志しました。

重度訪問介護士として働く八木橋さん
重度訪問介護士として働く八木橋さん

――生きる上で志を大切にされる八木橋さんが、ご自身の成長を実感できる環境があったということなんですね!凄いことですね

はい。おかげさまで今ではたくさんの現場が増え、同時に多くの仲間も増えてきています。新しく入られる方は、会社ではいわゆる「新人」ですがこれまでのお仕事の職種やご経験もさまざまあり、それぞれ個性的に素晴らしい能力をお持ちだと感じます。

ひとはもちろん、出来事や環境も自分の成長させてくれるもの

――必ずしも介護畑ではない方々、色々な経験をお持ちの仲間が加わって行く中で、同じ方向を見ながら進めていくのはまた大変そうですが、やりがいがありそうですね。八木橋さんの情熱は皆さん認めるところだと思いますが、他に気を付けていらっしゃることはありますか?

そうですね、私も今は管理者として、というよりも同じ人間として、利用者様お一人お一人と向き合うのと同じように、それぞれの個性を認め伸ばしつつ、積極的に新しい知識と経験を積めるよう良い環境と関係性を構築していきたいな、と思っています。

――新しく来られた方、幸せでしょうね。一つだけ具体的に何かこのお仕事をする方に重要な資質って挙げられたりしますか?

雑草スピリッツ(笑)ですかね?

――なるほど。つまり、どんな状況でもチャレンジを楽しむ、ということが大切なんでしょうかね。

はい、その通りだと思います。実際、予想できないことが起こることも少なくないと思いますが、目の前のことに一生懸命向き合っていると道が拓ける、みたいなことも多くて本当に楽しいですよ。あ、、、そう言えば、、、

――そう言えば・・・?

私事なんですが、実はこの仕事をしながら日本人の奥さんができてしまうとは我ながら予想外でした。笑

――ああ、なるほど!(笑)イタリアの方じゃなかったんですね!人生、公私共に大きな出逢いがあったんですね~

はい、本当に人生面白いなとつくづく、実感しています(笑)

――今日は短い時間でしたが、色々興味深いお話をお聞かせいただき本当にありがとうございました。

ありがとうございました。

【編集後記】

日焼けしたマッチョなお兄さんの印象通り情熱的でチャレンジングな八木橋さん。お仕事をする上で最も大切にし心がけていることは「常にバランス感覚をもつこと」とのこと。

日々命を扱う現場でありながら、常に物事の良し悪し、自分の感情と相手の感情、ワークライフなど、相手との出逢いに真摯に取り組んでいらっしゃる姿が非常に印象的でした。

今後一層のご活躍をお祈りしております!!

(聞き手:ユースタイルラボラトリー株式会社 板橋)

>> 「格闘技インストラクターから重度訪問介護士へ~前編~」へ戻る!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年12月05日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

体験談・インタビューカテゴリの最新記事