共働きでも大丈夫!家事の効率化と旦那の協力を引き出す魔法の一言

共働きでも大丈夫!家事の効率化と旦那の協力を引き出す魔法の一言

洗濯をして干す、食器を洗うなど、生活をするうえでやらなければならないこと、それが家事です。

介護職は肉体的にも精神的にもパワーが必要な仕事で、交代勤務で不規則な生活の人もいると思います。ヘトヘトになって家に帰ってきて、山積みになった家事のことを考えるとげんなりしますよね。

そんなとき、旦那が手伝ってくれたらどんなに助かるか…。しかし、すんなり手伝ってくれない旦那も多いのではないでしょうか?協力してもらえないとイライラがつのり、余計疲れてしまいますよね。

そこで今回は、家事をあまりやらない旦那にどうしたら協力してもらえるのか考え、具体的な言葉をまとめました。
共働きで家事の分担に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

なぜ旦那は家事を手伝わないのか?

拒否をする男性のイメージ
まず、旦那はなぜ家事をやりたがらないのか考えてみましょう。

・めんどくさいと思っている

掃除機をかけたり料理の後片付けをしたりなど、家事は面倒な手間が多いです。
旦那がリラックスしているときに「手伝って」とお願いしても、面倒に思うでしょう。

・仕事で疲れている

これは誰にでも当てはまりますが、仕事で疲れているとやる気がなくなってしまいます。

・家事の必要性を感じていない

掃除は週1回でも気にならない、食事は惣菜でもいいなど、家事そのものに必要性を感じていない人もいます。
この場合、いくら家事を手伝ってほしいとお願いしても、協力してもらえない可能性が高いです。

・家事は奥さんがやるものだと思っている

なかには、男は外で仕事、女は家で家事と思っている男性もいます。
「共働きなんだから協力して!」と言ったところで、「じゃあ仕事辞めれば?」と言われそうです。

まずは家事について共通認識を持とう!

話し合うイメージ
旦那に協力をお願いする前に、日頃の家事についてどう思っているのか聞いてみましょう。

あなたは家事をきっちりこなしたいと思っていても、旦那は同じように思っていないかもしれません。

旦那に家事を協力してもらうためには、まず共通認識をもつことが大切です。

毎日の家事をどうこなすか、1度話し合ってみましょう。

家事そのものの負担を少なくするのもオススメ!

負担を軽くするイメージ
旦那と共通認識をもったら、家事そのものの負担を軽くできないか考えてみましょう。

「家事は自分の手でやるもの」という思い込みをなくして、便利なものに頼るのもオススメです。

・仕事の日は最低限の家事のみにする

もし、あなたも旦那も家事についてそれほど必要性を感じていないのであれば、仕事の日は最低限の家事のみ済ませましょう。汚れた場所だけ掃除する、洗濯は2日に1回にするなど、家事の頻度を少なくすると負担は減ります。

全て完璧にこなそうとせず、「夫婦が快適に過ごせる環境」であれば良しとしましょう。

・便利家電やネットスーパーを利用する

お掃除ロボットや乾燥機付き洗濯機など、便利な家電が多く販売されるようになりました。このようなアイテムを利用すると、家事を時短できます。

また、ネットスーパーは通勤時間仕事の休憩時間にスマホから注文できます。カットされた食材がセットになったミールキットも販売されているので、利用するのも手です。

・家事代行を利用する

定期的に家事代行を利用し、掃除や料理をしてもらう方法もあります。

共働きしている夫婦にとって、時間は貴重です。その時間をお金で買うと考えれば、コスパはそれほど悪くないかもしれません。

「頑張っている自分へのご褒美」として利用するのもいいですね。

旦那のやる気がアップするポジティブな声かけとは?

夫婦で協力するイメージ
これらの方法を試し、家事そのものを減らしても、旦那に手伝ってもらいたいときもありますよね。

そんなとき、旦那の気持ちを動かし行動を後押しできるような一言をまとめました。

・「○○お願いしてもいい?」

例えば「お風呂を掃除して」とお願いしても、浴槽のみ掃除するのか、床や排水溝までしっかり掃除するのかは伝わりません。

家事に慣れるまでは、どこをどのように掃除してほしいのか細かく伝えましょう。そうすることで、お願いされた旦那も動きやすくなります。

・「ありがとう」「助かったよ」

これは王道ですが、やはり奥さんに感謝されると嬉しいものです。家事をしてくれたあとは、忘れずにお礼を伝えましょう。

・「きれいになったね」「さっぱりしたね」

家事のあとに改善した状況を伝えることも効果的です。家事が終わったあとは達成感がありますが、それを奥さんからも評価されるとさらに嬉しくなります。

・「さすが!」「やっぱり○○(旦那)がいないとダメだわ」

高い所の作業をしてくれたり、重いものを持ったりなど、男性だからこそできるような家事をしてくれたときはチャンスです。旦那の自尊心を高めるような言葉は、「次も手伝おう」と意欲をアップさせます。

そしてもうひとつ、気をつけたいことがあります。それは、旦那がやった家事に納得いかなくても文句を言わないことです。

もし言うとしても、「こうやるとうまくいくよ」とポジティブに伝えましょう。

このようなことを防ぐためにも、家事をお願いするときは細かく伝える必要があります。

旦那の気持ちに寄り添い、気持ちよく過ごせる方法を一緒に考えよう!

日々気持ちよく過ごすための家事だからこそ、なるべく負担を少なくしたいですよね。

旦那に「協力して!」と一方的に言うのではなく、なぜ旦那が協力してくれないのか、どうしたら協力してくれるのかを考えると一歩前に踏み出せます。

夫婦で納得のいく家事分担を行い、理想の生活を目指しましょう。

(Posted by 浅野すずか)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年10月24日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

エンタメ (ちょっとひと息)カテゴリの最新記事