ケアハウスとケアホームの違いとは?それぞれの入所条件を解説

ケアハウスとケアホームの違いとは?それぞれの入所条件を解説

高齢化による介護の需要拡大に伴って利用者を受け入れる施設の数も増えていますが、同時に施設の種類や役割も多岐に渡るようになっています。

そのため、例えば「ケアハウス」と「ケアホーム」のように、名前が似ている施設を間違えてしまうというケースも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、名前は似ていても全く違う特徴を持つ、ケアハウスとケアホームの違いについて詳しくご紹介します。

 

ケアハウスってどんなところ?

まず始めに、ケアハウスがどういった施設なのか、どのような人が入居する施設なのかといった特徴をご紹介します。

ケアハウスとは

比較的安い利用料金で生活の援助やサポートを受けられる施設のことで、軽費老人ホームとも呼ばれています。

身寄りがいなかったり、家族などの近親者から支援や介護を受けることができない独居の高齢者が入居対象になりますが、ケアハウスのタイプ(型)によって入居条件が異なるため注意が必要です。

地方自治体や社会福祉法人が運営しており、これらの団体から支援を受ける形で、入居者は介護サービスや生活支援を受けることになります。

 

ケアハウスには4つのタイプがある

ケアハウスと一口に言っても、実は入居条件や提供されるサービスに応じて4つのタイプ(型)に分かれています。

それぞれのタイプの特徴をまとめると以下のとおりです。

 

タイプ名 入居条件 提供サービス
軽費老人ホームA型 ・個人または夫婦どちらかが60歳以上
・月所得が34万未満
・身寄りがない、家族の支援が得られない
上記全てを満たす独居の高齢者
・食事提供
・生活支援
軽費老人ホームB型 ・個人または夫婦どちらかが60歳以上
・月所得が34万未満
・身寄りがない、家族の支援が得られない
上記全てを満たす独居の高齢者
(食事の提供がないため、自炊可能の場合に限る)
・一部の生活支援
(入浴サービス、緊急時対応など)
ケアハウス(一般型) 60歳以上であればOK ・食事提供
・生活支援
(見守りなども含む)
ケアハウス(介護型) 65歳以上で要介護1~2を満たす高齢者 ・食事提供
・生活支援
・入浴や排せつの補助、
機能訓練などの介護サービス

 

このように、軽費老人ホームA型B型については、入居者の所得や自炊の可否などによって入居できるのかが異なるというのが特徴です。

また、一般型と介護型に分かれているケアハウスは軽費老人ホームC型とも呼ばれており、所得制限がないという点が大きな特徴と言えます。

 

ケアハウスのメリット

豚の貯金箱のイメージ

ケアハウスの最大のメリットは、何と言っても費用の安さではないでしょうか。

基本的にケアハウスを利用したいという方は家族からの経済的支援も難しいケースが多いので、出来るだけ低い価格で安心できる生活を確保できるというのは非常に大きなポイントです。

実際にかかる費用の目安としては、入居するタイプにもよりますが、軽費老人ホームA型とケアハウスでは6万~17万程度、食事サービスが無い軽費老人ホームB型であれば3~4万円程度が月額相場と言われています。

 

また、ケアハウスは基本的に入居者に個室が完備されているので、プライバシーを守りつつも、レクリエーションなどを通して他の入居者とコミュニケーションが取れるという点もメリットの1つです。

実は、独居の高齢者の多くは、どうしても家に引きこもりがちになり、そのまま認知症が進んでしまうといったケースが多く見られます。

その点、ケアハウスであれば他の入居者との交流を通して老化を防止すると共に、生き生きと暮らしを営むことができると言えるでしょう。

 

ケアホームってどんなところ?

ケアハウスが独居高齢者のための施設であることは分かりましたが、ケアホームは一体どのような施設のことを指すのでしょうか?

ここからは、ケアホームの定義や役割、入居条件などについてご紹介します。

 

ケアホームとは

ケアハウスと名前が似ていて、かつ「ホーム」という単語がついているので、どうしてもケアホームを老人ホームの中の1つと勘違いしている人が多いですが、実はこれは大きな間違い。

ケアホームとは、知的障害や精神障害を持つ方が、地域で自立した生活を送るために必要な支援を受けることが出来る施設です。

基本的には夜間において、家事などの日常生活上の支援や、日常生活における相談支援、必要であれば食事や入浴・排泄などの介護といったサービスを受けることができます。

これらのサービスは「共同生活援助」と呼ばれ、障害者総合支援法で定められている障害福祉サービスの1つです。

つまり、ケアハウスは老人福祉法に定められている高齢者向けの施設であったのに対し、ケアホームは障害者総合支援法による障害者向けの施設ということになるため、全く別物であるということが分かります。

 

ケアホームの入居条件

ケアホームへの入居条件はケアホームの種類によって異なりますが、原則として障害者総合支援法が定義する「障害者」に該当する方が対象です。

「障害」には身体的なものも精神的なものも含まれますが、一般的には、知的障害や統合失調症などの精神障害を持つ方の利用が多いとされています。

 

また、身体障害者である場合は、65歳未満の方、もしくは65歳になるまでに障害福祉サービスなどを利用したことがあるということが条件になっています。

 

ケアホームからグループホームへ

障害者向けの施設であるケアホームですが、障害者の高齢化に伴って生活援助だけでなく、介護が必要となるケースが増えていました。

同時に、認知症高齢者が共同生活を営みながら認知症の進行を抑制する目的で設置されたグループホームと呼ばれる施設においても、入居者の高齢化に伴って介護が必要になるケースが増大していました。

そのため、平成26年にはこの2種類の施設を一元化する法律が施行され、現在ではグループホームに統合される形になっています。

あいまいな情報はきちんと調べて正しい理解を

調べ物をする人のイメージ

名前が似ているケアハウスとケアホームですが、全く異なる目的のために開設された、全く種類の違う施設であることが分かりました。

このように、介護サービスや施設の充実化に伴ってサービス内容が複雑になり、利用者にとって分かりにくい点があるという事実は否めません。

だからこそ、介護サービスを選択する際には、名称やイメージで選ぶのではなく、しっかりと自分で調べて理解した上で選ぶということが、今後ますます重要になると言えるでしょう。

(Posted by ふるたに しょうこ)

参考URL
https://www.sagasix.jp/knowledge/guide/care_house/
https://kaigo.homes.co.jp/manual/facilities_comment/list/
https://snabi.jp/article/187

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月03日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

エンタメ (ちょっとひと息)カテゴリの最新記事