ケアプランを作成しよう【介護サービス計画書の様式について解説】

ケアプランを作成しよう【介護サービス計画書の様式について解説】

ケアプランの様式とは

ファイルの山

ケアプランは、介護保険を利用して介護サービスを受けるためには必須のもので、「介護サービス計画書」と呼ばれる書類をもとに作成されます。

要介護者向けのものとして、標準的な様式が厚生労働省から「介護サービス計画書の様式及び課題分析標準項目の提示について(老企第29号・平成11年11月12日)」により示されています。

この介護サービス計画書は2種類があり、自宅で様々なサービスを利用しながら在宅生活を続けていく人のための「居宅サービス計画書」と、介護保険施設に入所する人のための「施設サービス計画書」があります。

それぞれ複数の種類の様式があり、これらをまとめてケアプランと呼び、それぞれ次のようになっています。

居宅サービス計画書の様式

・第1表:「居宅サービス計画書(1)」
・第2表:「居宅サービス計画書(2)」
・第3表:「週間サービス計画表」
・第4表:「サービス担当者会議の要点」
・第5表:「居宅介護支援経過」
・第6表:「サービス利用票(兼居宅サービス計画)」
・第7表:「サービス利用票別表」

施設サービス計画書の様式

・第1表:「施設サービス計画書(1)」
・第2表:「施設サービス計画書(2)」
・第3表:「週間サービス計画表」
・第4表:「日課計画表」
・第5表:「サービス担当者会議の要点」
・第6表:「施設介護支援経過」

解説

居宅サービス・施設サービス計画書の第1~第2表は、アセスメントの結果から得られた状況や課題、本人や家族の希望からどのようなサービスを利用して生活していくか、また、短期的や長期的な目標が記載されます。

居宅サービスの第3表、施設サービス計画の第3表~第4表には、週単位、一日単位での介護サービスの利用方法やその他の日課が記載されます。

「サービス担当者会議の要点」では、計画書や計画表の作成にあたり、ケアマネジャー、サービス事業者、利用者とのその家族で調整した結果や、見つかった課題などが記載されます。

「介護支援経過」には、計画が実行される過程で起きた様々な出来事を記録していくものです。

居宅サービス計画書の「サービス利用票」は、実際利用されたサービスを確認するための大切な書類です。ケアマネジャーと介護サービスは別の事業所であるため、利用票によって計画通りに利用されているのかを把握しています。これは介護サービス事業者に介護報酬が支払われるための根拠ともなるものです。
なお、介護保険施設ではサービスもケアマネジャーも同じ施設に所属しているためにこの様式はありあせん。

ケアプランの様式は「標準様式」

これはあくまで「標準様式」とされていることから、これ以外の様式を使うことも可能です。ただし、その場合には標準様式と同じ要素は必要とされているので、独自のものを使用する場合には注意が必要です。

なお、平成20年の改正まではどちらの様式にも「サービス担当者に対する照会(依頼)内容」という様式も含まれていました。(居宅サービス計画では第5表、施設サービス計画では第6表。そのため、それぞれ第8表、第7表までありました)。

廃止された今でも、現在でもサービス担当者会議の照会内容を記録するために利用しているケアマネジャーは多くいます。

要支援者向けには別のケアプランの様式も

ここまでは要介護者向けのケアプランの様式ですが、要支援者が介護予防サービス等を利用するために必要な介護予防支援(介護予防ケアマネジメント)のためにまた別の様式があります。

こちらは「地域支援事業の実施について(平成18年6月9日老発第0609001号)」で示されており、以下のものがあります。

・様式1:利用者基本情報
・様式2:介護予防サービス・支援計画書(ケアマネジメント結果等記録表)
・様式3:介護予防支援・介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)経過記録(サービス担当者会議の要点を含む)
・様式4:介護予防支援・介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)サービス評価表

その他のケアプランの様式

ケアプランに関して、実際のケアマネジャーが作成するこの標準様式と言われている一連の様式だけではありません。

ケアマネジメントプロセスにおいて大切な仕事である、最初に課題を見つけて計画の内容を検討する際の基となるアセスメントを行う際に作成する「アセスメントシート」と、継続的に経過を見て行くモニタリングの際に作成する「モニタリングシート」は標準様式が示されていません。そのため、様々な種類のものが使われています。

また、アセスメントとモニタリングに関係するものでは、厚生労働省の通知「課題整理総括表・評価表の活用の手引き」の活用について(平成26年6月17日事務連絡)」で示されている「課題整理総括表」「評価表」も多く利用されています。

これらの書類もすべて含めてケアプランと呼ばれることも多くあります。

まとめ

車椅子の人とヘルパーさんの散歩

要介護もしくは要支援の認定を受けた利用者にとって、今後どういった生活を送っていくかの指針となる「ケアプラン」。

介護保険サービスを利用する際には必須となりますので「介護サービス計画書」の様式をしっかりと把握し、作成していくことが大切です。利用者の状況や要望に合わせたケアプランを作成することこそが、質の高い介護を提供するための第一歩といえるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月18日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

エンタメ (ちょっとひと息)カテゴリの最新記事