介護職員のコミュニケーションで必要な自己覚知とは

介護職員のコミュニケーションで必要な自己覚知とは

最近、よく介護の現場でも「自己覚知」が重要と言われるようになってきました。自己覚知がしっかりとできていると利用者や家族だけでなく、一緒に働くスタッフとも良好なコミュニケーションがとれるでしょう。

今回は自己覚知とは何か、どのようにすれば身につくかお話しします。

自己覚知とは?

大きな疑問のイメージ

自己覚知とは、自分自身が持つ考え方や感情などのパターンを理解することです。しかし、実際には明確な定義づけはされておらず、様々な解釈がなされています。

介護業界では、人と接するとき、その人に対して思い込みや偏見などをもって接しないよう用いられます。自分自身の価値観を知り、その価値観に基づいてどのような行動を起こすか、人と接する際にはどのように影響するかを考えるのです。そして価値観はその人がどんな人生を送ってきたかによって左右されます。

そのため自己覚知は、自分自身の今までの人生を見つめなおすという側面を持っています。

自己覚知はなぜ必要?

疑問を持っているイメージ

自分を見つめなおす自己覚知は、医療・介護・福祉の現場でとても重要です。その理由について説明します。

自己覚知ができていると

自己覚知がしっかりと出来ていれば、偏見や周りの意見に左右されることなく、その人に素直な気持ちで接することができるでしょう。

例えば、皆さんは人と接するときに「なぜかわからないが、この人の言い方は気に食わない」だとか、「この人はこういう人なんだ」と決めつけてしまったことはありませんか。

自己覚知とはそういった人と接した際に生じる、様々な感情を見つめ直し、なぜそんな感情になったかを考える過程でもあります。冷静に考えると、昔苦手だった人にその人の態度や話し方が似ているだとか、自分の価値観に合わない発言をしているなど、決めつけてしまった原因がわかるかもしれません。

不快な感情の原因が理解できていれば、自分の感情や価値観に流されず、その場に合わせた行動や会話を冷静に判断できるでしょう。

自己覚知ができていないと

自己覚知がしっかり出来ていないと、苦手な人に対する不確かな思い込み、自分の経験に基づいた安易な判断による思い込みでその人を見てしまうかもしれません。「この人はこういう人だ」と決めつけたり、その人の思いや感情を受け入れられず距離を取ってしまう恐れもあります。

医療・介護・福祉の現場では利用者を選ぶことはできません。こういった状況が続けば、あなたの仕事の幅を狭めてしまうでしょう。

この理由に納得できますか? 介護職を辞めたい理由やストレス体験を紹介します!

自分を見つめるということ

自分自身を見つめるということは、どういうことなのでしょうか?

人は自分自身で体験したこと、特に嫌な思いをしたことに対しては記憶の奥へとしまい込みます。完全にその経験を忘れたわけではなく、無意識のうちにその体験と似通った場面を避けようとしたりします。それが時に感情として表に現れたりします。

自分を見つめるということは、自分自身がどんな価値観を持っていて、問題が起こった時にどんな対処をしているか、どう考えどういう傾向があるかを知る過程でもあります。自分自身の価値観や感情、対処方法を知ることで相手にどんな影響を与えているかも知ることができます。また、自分自身に湧き上がる感情の原因を探っていくことでより自分自身のことが分かり、相手の理解も深まっていくでしょう。

自己覚知の例

自己覚知をすることによって、どういったことが解るのか一例を挙げてみます。

  • デイサービスに来ている利用者が、ゆっくり一人で過ごしていると「何か提供しなければならない」と焦っしまう。そのため、相手の気持ちを聞く前に塗り絵や漢字パズルなどを渡してしまう。
  • 自分の嫌な部分を指摘されると、「認めたくない」思いから相手に対して必要以上に攻撃的な話し方となる
  • 頼みごとを断ることが苦手。「自分は無能な人間と思われたくない」「その人に気に入ってもらいたい」という思いから無理してでもその頼みごとを全うしようとする。しかし、結局できないことも多く、余計に迷惑をかけて落ち込んでしまう。

上記の様な行動に移す前に、自分の感情と相手にどんな影響を与えるかを考えましょう。そうすれば、自分自身の態度や発言、行動などをコントロールできるきっかけになります。

自己覚知の方法

自己覚知と一言に言っても、ありのままの自分を見つめることはたやすいことではありません。自分自身が心の奥底に隠してしまっている感情もあるので、すべてを理解することは難しいでしょう。

しかし、自分一人では難しくても他の人に協力を依頼することもできます。例えば、自分が他者と接しているとき、他人からはどう見えているか伝えてもらうのもよいでしょう。自分では気づかなかった部分が気づかせてもらえるかもしれません。

自分自身を知る方法としてエゴグラムなどの心理検査を利用することも良いでしょう。表面には表れない自分の本当の気持ちがわかるかもしれません。毎日思ったこと、感じたことを日記などの記録に残しておき、それを後で読み返すのも自分自身を知ることの助けとなるでしょう。

自分自身と向き合ってみよう!

水面に水が落ちるイメージ

自己覚知は、自分自身が人と接するときにどんな影響を与えているかを知る作業です。自分自身とうまく付き合っていくことで今まで難しいと思っていたことも、考え方ひとつですんなりとこなせるようになるかもしれません。

対人援助職として自分自身をうまくコントロールできれば、利用者やその家族、職場の人ともより良いコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

介護職員が身につけたいコミュニケーション術!気になるそのポイントは?

(Posted by めっし~)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年12月23日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事