新人ヘルパーさん必見!現場で使われる略語集!

新人ヘルパーさん必見!現場で使われる略語集!

本

私が新人介護職員だったころ。今から約15年ほど前ですが、介護の世界にはこんなにも専門用語があるのか!と驚きました。

今となっては当たり前に使っている言葉ですが、最初は先輩たちにその意味を聞きまくっていた記憶があります。(うざかっただろうなぁ…)

ここではそんな介護業界で使われている専門用語や略語とその意味や使い方をご紹介します!

略語を知れば、現場でのホウレンソウもやりやすくなるでしょう。詳しくは以下の記事をご覧ください。

【基本的でも超重要!】介護職員が行う「報告」「連絡」「相談」のポイント

介護の専門用語の略語~ベーシック単語編~

勉強している様子

どの介護業界、つまり在宅・施設関係なく、介護をやる人間なら知っておきたい・知って得する専門用語の略語をご紹介します!

『BP』…バイタル。血圧の事。
『P』…プルス。脈拍の事。
『KT』…体温の事。記録などにBP=112/88 P=90 KT=36.2℃など記載される。
『Sp』…血中酸素SpO2の事。
『熱発』…発熱している状態の事。
『発赤』…皮膚が赤くなっている様子。
『義歯』…入れ歯の事。
『ハミング』…口腔ケアの一種。自力で口腔ケアを行えない方に対しスポンジの歯ブラシで口内・口唇の洗浄を行う。
『体交』…体位交換の事。
『陰洗』…陰部洗浄の事。陰拭は陰部清拭の事。
『食介』…食事介助の事。「食介入って」=「食事介助してください」
『ヒヤリ』…ヒヤリ・はっとという、事故一歩手前の出来事、またはその報告書の事。
『事故報』…事故報告書の事。
『アセス』…アセスメントの事。「アセス取った?」などの使い方をされる。
『クーリング』…冷やす事。3点クーリングの場合は、首すじ・腋下(わきの下)・鼠径部(そけいぶ・太ももの付け根)の3か所を示す。

便の状態についても表現が細かに別れています。
『泥状便』『水様便』『普通便』『付着便』。よく観察して記録に残します。『下痢』と言う表現はあまり使用しません。

尿も同様に状態を観察し、『濃縮尿』(色が濃い)、『混濁尿』(にごっている)、液体ではない異物が混入している時は、混濁尿と記載して追記で『異物あり』など記録します。

介護の専門用語の略語~よくある病気編~

薬と注射器

介護業界の方でなくても知っている病気はありますが、介護(医療)の世界では呼び方が変わる事もあります。
その略語も覚えておきたいですね。

『認知』…認知症の事。「認知入ってる」などの使い方をされる。
『アルツ』…アルツハイマー型認知症の事。
『脳血管』…脳血管型認知症の事。
『レビー』…レビー小体型認知症の事。
『統失』…統合失調症の事。
『DM』…糖尿病患者の事。
『ペグ』…胃ろうの事。
『ストマ』…人工肛門の事。
『バルーン』…導尿カテーテルの事。
『パーキン』…パーキンソン病の事。
『もの盗られ』…もの盗られ妄想の事。

介護の専門用語・略語~訪問介護編~

車椅子のひと

在宅介護と言えば訪問介護ですね。
ある意味介護業種の中で1番多機能的に動かなくてはならず、さらにホウ・レン・ソウがきちんとできていないと、大きなトラブルにつながる事も。そんな訪問介護の略語や専門用語は以下です。

『ヘルプ』…訪問介護サービスそのものの事。
『生活・身体』…訪問介護のサービスの種類。生活援助・身体介護の事。
『予防』…予防介護の事。
『調整』…サービスに関する様々な調整。ヘルパーの入れ替えや代替え、訪問時間の変更など。
『サ責』…サービス提供責任者の事。利用者とヘルパーとケアマネージャー、3者の架け橋となる、訪問介護事業所の役職名。
『サ担』…サービス担当者会議の事。
『包括』…地域包括支援センターの事。
『小規模』…小規模多機能サービスの事。
『サ付き』…サービス付き高齢者住宅の事。「サ高住」と言うこともある。

その他介護記録に役立つ専門用語

カレンダー

介護者は、毎日介護記録を付け、さらに次の時間帯の勤務者に申し送りを行います。
介護の現場で起きた出来事を速やかに周知させるために、様々な用語が使われています。

『独歩』…杖も何も使用せず、自力で歩く事。
『立位』…立つ様子の事。バーや杖、車椅子を持って立つことも立位と言う。
『座位』…座っている様子の事。
『端座』…ベッドのへりに座っている様子の事。
『傾眠』…ウトウトしている様子の事。
『傾聴』…話を聞く事。「帰宅願望あるため傾聴する。」といった使い方をする。
『覚醒』…眠っていない様子。「夜勤巡回時覚醒しておられる」と言った使い方をする。
『浮腫』…むくみの事。
『腫張』…腫れている様子の事。
『落屑』…こぼれ落ちる皮膚の事。更衣の際などに舞う。
『白癬(はくせん)』…水虫の事。手の爪白癬と足の爪白癬がある。
『喘鳴』…呼吸に「ゼーゼー」という音が混ざっている様子の事。
『居配』…居室配膳。お部屋にご飯を運ぶ事。
『塗布』…シップを貼ったり、軟膏を塗る事。

介護記録に関して、以下の記事もオススメです。合わせてご覧ください。

【目的、理解してますか?】介護職員が行う記録の意味とは!

まとめ

他にも、施設やデイサービスで行われるレクリエーションの事を「レク」と略したり、家にあるような普通のお風呂の事を「個浴」、機械浴の事を「座浴」と言うなど、さらにその施設ごとに通称があることも。

さらに今まで1日の行動表、介護記録、送迎表などは全て紙面での記載でしたが、タブレット端末にて管理している介護事業所も増えてきています。
その場合、介護用語の意味が分かって口頭で表現ができても、端末入力ができないと通用しないので、端末操作もマスターしないといけません。

やる事・覚えることは多いけれど、マスターすれば業務はスムーズ!略語・専門用語を覚えて、使いこなせるようにしましょう!

(Posted by namiki)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月24日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。