介護職なら知っておきたい!「看取り」について詳しく解説します

介護職なら知っておきたい!「看取り」について詳しく解説します

手を重ね合うイメージ


看取り
という言葉を聞いたことがありますか?以前は病院で行われていたものですが、平成18年の介護報酬における看取り介護加算の創設後、看取りを行う介護施設も増えてきました。

そのため現在働いている介護職員だけでなく、これから介護の仕事に就こうと思っている人も避けては通ることはできません。経験したことがないとなじみが少ない看取りですが、どのような内容なのかをしっかり理解しておくことが大切です。

今回は看取りとは何かについてターミナルケアとの違いや、具体的な看取りの内容も交えて解説します。

看取りとは自然に亡くなる過程を見守ること

車椅子と居室のイメージ
看取りとは、高齢者が自然に亡くなる過程を見守ることを指します。死期が近づいている高齢者に対して身体的・精神的苦痛を取り除き、死を迎える最後の瞬間まで自分らしく生きるサポートを行うことです。

看取りが導入される以前は死期が近づくと病院に入院をして、延命治療を受けるのが一般的でした。しかしたくさんの管を入れたり、薬を投与されたり、人工呼吸器を付けられたりした状態で生きているのが人道的なのかどうかと議論され、平成18年の看取り介護加算報酬の設定へとつながったのです。

看取りとターミナルケアの主な違い

看取りとよく間違われやすいものがターミナルケアです。

ターミナルケアは日本語で終末医療の意味。看取りと同様に対象となるのは死期が近づいている人ですが、特徴は医療的ケアです。点滴などの医療的ケアを中心としながら死期を迎えることに対し、看取りは食事や排泄、入浴などの日常生活ケアが中心となります。

介護報酬には看取り介護加算がある

カルテを記入するナースのイメージ
前述したように、平成18年に介護報酬で看取り介護加算が創設されました。看取り介護加算を算定するためには、以下5つのポイントを満たす必要があります。

看護職員と24時間体制で連絡が取れること

看取りは24時間体制で行われる必要があります。看護職員と24時間連絡が取れる体制を作り、例え夜中であっても必要に応じて対応が取れるようにしなければいけません。

施設の指針を作成し、本人と家族に同意を得ること

まずは看取りの内容について、施設の指針を作成します。作成した指針に基づいて看取りを希望する本人と家族に説明し、同意を得なければいけません。

介護施設でできることやできないこと、医療ケアの内容などについて確認をしておきます。

施設内の関係職種が看取りについての協議を行い、適時計画を見直すこと

医師や看護師、ケアマネジャー、介護職員など、施設内の関係職種が看取りの内容について協議をします。どのようなケアの内容が適しているのか、どうすれば利用者が死の最後まで尊厳を持って生きられるのかを話し合い、それぞれの職種でやるべきことを決めなければいけません。

また協議により計画した看取りの内容は適時見直し、必要に応じて内容の変更・修正が求められます。

看取りに関する研修を行うこと

看取りに関わるスタッフに対して、看取りの研修を開催する必要があります。看取り介護の考え方の他、高齢者の身体機能低下に対する対応法、夜間や緊急時の対応法などです。

個室や静養室を利用すること

看取りは個室や静養室で行うことが求められます。他の入所者に気兼ねすることなく、残り少ない日常を過ごせるようにするためです。

介護施設で行われる看取りの内容

高齢者に毛布を掛けるヘルパーのイメージ
最後に一般的な介護施設で行われる、主な看取りの内容をチェックしていきましょう。本人への支援と家族への支援に分けて解説します。

本人への支援

まずは本人への支援内容です。

本人の欲求に合わせた栄養と水分の提供

本人の欲求やペースに合わせて、栄養や水分を提供します。看取りでは基本的に本人が食べたいものを食べたい時に、そして食べたい分だけ提供しましょう。水分も同様です。

もし摂取してほしい量の食事や水分を摂れない時は、無理強いはしません。あくまでも相手の欲求とペースに合わせることが大切です。

食品と水分の形態にも配慮してください。一人ひとりの嚥下能力や体調などに合わせて、食品と水分の形態を変えましょう。

適切な排泄が行えるためのケア

適切な排泄は健康を維持するために大切なことです。まずは利用者の排泄物を観察しましょう。形状や量、回数などを記録に残します。

適切に排泄ができていな場合は医師や看護師に相談をして、必要に応じて下剤や浣腸の投与、腹部マッサージなどを行ってください。

清潔へのケア

利用者の身体状況を見ながら、入浴を行いましょう。入浴をすると体の清潔を保てるだけでなく、心もリフレッシュします。入浴が好きな利用者も多いので、短時間でも入浴できるように配慮したいものです。
もし入浴が難しい場合は清拭となりますが、できれば足浴や手浴などを提供するとよいですね。

苦痛緩和のためのケア

死期が近づくと肉体的・精神的に苦痛を生じるようになります。

体の痛みを取り除けるように体位を変えたり、冷えを解消するために足先を温めたりしましょう。またずっと寝たきりの状態を保つと褥瘡(じょくそう)ができるので、注意が必要です。
精神面では死への不安を抱くようになるでしょう。言葉がけを多くする、手を握る、寄り添うなど、励みになるような支援が求められます。

家族への支援

看取りは本人だけでなく、家族への支援も重要です。家族も安心して本人を看取れるようなサポートを意識しなければいけません。

最も大切な支援は、小まめな連絡や説明です。本人の病状や様子を定期的に細かく知ることで、家族は安心します。また家族の希望や意向を聞き取って、可能な範囲で叶えることも大切なことですね。

まとめ

看取りとは死期が近づいた高齢者が死を迎える最後まで、自分らしく生きるためのサポートのことを指します。平成18年に介護報酬の中で看取り介護加算が設定され、介護施設でも看取りが行われるようになりました。

よりよい看取りを行うためには24時間体制の整備や指針の策定だけでなく、介護職員一人ひとりの知識と技量が重要です。介護職員に課される負担は大きくなるものの、今後も看取りは確実に増えていくため避けることはできません。

書籍や研修などから看取りに関する知識や技術を学ぶことは、これからの介護職員に必須といえるでしょう。

(Posted by Ahamad)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年02月25日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。