サービス提供責任者に必須な知識とは?

サービス提供責任者に必須な知識とは?

介護サービスのひとつである訪問介護事業所には、サービス提供責任者という役割の人員を配置しなければなりません。介護に関わりのない人にとっては、そのサービス提供責任者というものがどのようなものかというのがあまり知られていません。そこで今回は、サービス提供責任者になるために必須知識を中心に、ご紹介していきます。

サービス提供責任者とは?

カンファレンス

サービス提供責任者というのは介護福祉士などの資格ではなく、都道府県によって定められた条件をクリアするとなることができる役割名のようなものです。介護支援専門員と呼ばれるケアマネジャーや介護福祉士などのケアワーカーとの連絡調整をする役割を担っています。

また、ケアマネジャーの作成するケアプラン通りに、ケアワーカーが介護サービスを提供できているかを管理します。

事業所内のマネジメントをする立場のような存在といった方がわかりやすいのかもしれません。また訪問介護事業者にはサービス提供責任者の配置が義務付けられており、利用者数によっては増員も必要となります。

サービス提供責任者になるには

介護事業所(居宅介護・重度訪問介護)でサービス提供責任者になるための条件は以下のとおりです。

  • 介護福祉士資格を取得している
  • 実務者研修を修了している
  • 初任者研修を修了していて実務経験3年(540日)以上ある

これらの条件を満たしていればサービス提供責任者になることが可能です。

訪問介護事業所には、最低でも1人以上のサービス提供責任者の配置が義務付けられています。また直近3ヶ月以内の利用者数に応じて必要な配置人数も異なり、利用者数を増やしていくためには、サービス提供責任者の確保も人様となるため、これからも重要の高い人材となるはずです。

サービス提供責任者に求められる知識

積み上げた本

サービス提供責任者は資格試験ではないので受験などはなく、必要な知識は自ら学ばなくてはなりません。こちらでは業務内容から求められるであろう知識にはどのようなものがあるのかなど、いくつかピックアップしたいと思います。

訪問介護事業全般の知識

訪問介護計画書の作成・ヘルパーの指導や管理・介護保険請求業務・利用者本人や家族への説明やコミュニケーションなど、サービス提供責任者の役割のほとんどが、訪問介護事業に詳しくなければ成り立たない業務です。

そのためサービス提供責任者は、訪問介護事業全般の知識が必須となります。

ケアプランの知識

ケアマネジャーが作成するケアプランに基づいて、サービス提供責任者は訪問介護計画書を作成します。

ケアマネジャーに関わる知識を有していれば、ケアマネジャーのケアプラン作成意図なども理解でき、より利用者のニーズに応えられる介護サービスを提供できるよう計画書の作成が可能になります。担当ケアマネジャーと同等の知識を持っていれば、利用者に関する相談もしやすくなるでしょう。

介護保険の知識

サービス提供責任者の業務として、毎月の介護保険請求があります。介護保険請求は介護保険の知識がなければ難しい業務です。

最近は介護用の会計システムの導入により、介護保険請求は多少簡単になりました。しかし介護保険請求業務の時だけでなく、利用者本人や家族から介護サービスの利用料の相談を受けることもあるため、介護保険の知識は必須です。

調整能力

シフトの調整はその施設の管理者が行うのがほとんどですが、サービス提供責任者が担当する場合もあります。

訪問介護事業所には多くの訪問介護士と利用者が登録されており、その中から「この利用者さんにはこの人に行ってもらう」というように、シフトを組まなくてはなりません。

なかには訪問介護士と利用者との相性が悪いと、利用者から「別の人に来てほしい」と要請されることもあるでしょう。しかしそれは、他に手の空いている訪問介護士がいなければ不可能です。

また訪問介護士がパートタイマーで、出勤できる日が限られていることもあるでしょう。

サービス提供責任者は限られた人材のなかで、利用者と相性のいい人を見つける見極めと、そうなるように上手くシフトを調整する能力が必要です。

将来的なサービス提供責任者の役割

先ほども少し触れましたが、訪問介護事業者には常勤1人以上のサービス提供責任者の配置が義務付けられており、利用人数が40人を超えるごとに増員が必要です。

高齢化社会である現代では、これから高齢者が増えることが予想されます。介護は必要だけど施設に入らず自宅で過ごしたいという人たちに、サービス提供責任者はこれからも欠かせない存在となりうるでしょう。

まとめ

今回は、サービス提供責任者に求められる知識についてご紹介しました。

条件さえ満たせばサービス提供責任者にとして働けますが、介護の知識と経験を持ち備えている人材でなければ、難しい業務ということがわかります。サービス提供責任者を目指す人は本記事を参考に、より良いサービスの提供に必要な知識の取得を目指しましょう。

(Posted by はるいく)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月01日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。