高齢者とのレクリエーションで使える歌を一挙公開!

高齢者とのレクリエーションで使える歌を一挙公開!

カラオケなどは、高齢者からのウケが良いだけでなく、音楽療法と言い身体面や精神面、リハビリの面からさまざまな効果を生み出します。

今回はレクリエーション担当になった方に向けて高齢者のレクリエーションにおすすめな歌についてご紹介します。

高齢者のレクリエーションに使う歌選びで気をつけたいポイント

ダーツのイメージ

まずは、高齢者のレクリエーションで使う歌を選ぶ時に気をつけたいポイントを実際に高齢者のレクリエーションで歌選びをしてきた視点からご紹介します。

高齢者のレクリエーションの歌選びはテーマが大切

高齢者のレクリエーションに使う歌で意識したいのはテーマです。

四季を意識した歌や童謡、流行歌などテーマを意識して選曲することで盛り上がり、いい雰囲気でレクが進行できるでしょう。

特に童謡や四季を意識した曲は、世代を問わず知っている方が多く、特に女性は、子育て中や孫と関わる中で歌ってきたため知っている方が多いため、いくつか選曲しておくとよいでしょう。

テーマ選定時の世代の意識について

高齢者と一言で言っても70歳代から90歳代まで、世代はバラバラです。年の差が20歳あると、流行歌などは知っている人と知らない人が分かれてきます。

特に、今の世の中のように過去の音源をかんたんに見つけることのできる時代ではなく、テレビなども普及していない時代を過ごしてきた世代の方々ですので、今の若い方々のように多世代の流行歌を把握しているという方は少ないです。

さらに戦時中を生きてきた方は、戦争によって曲を聞ける環境がなく、男性の場合、戦時中に青春時代を過ごし、戦後は仕事などに没頭し、結局軍歌しか馴染みがないという方も実は少なくありません。

そのため、世代を意識しすぎることなく、誰もが聞いていて楽しめる歌を選曲されることをおすすめします。

古い歌ばかりでなくてもよい

高齢者が盛り上がる歌=古い歌と考えて、高齢者が若いころの歌を選曲する方も多いかと思います。

ですが、そこまで古い歌ばかりを選曲しなくても問題ありません。というのも、先ほどご紹介したように高齢者の若かりし時代はテレビも普及しておらず、家事や育児に大忙しで流行の歌に触れる機会が少なかったという方も意外と多くいらっしゃいます。

また、子供や孫の影響で最近の曲を知っているという高齢者も多くテレビドラマやCMで使われていたような曲でしたら、最新でなければ知っているという方もいます。

逆に、昔のことを思い出したくないから昔の曲を聞きたくないという高齢者もいらっしゃるため、あえて少し前に流行った流行歌を選曲に取り入れてみてもよいかもしれません。

あえて1~2局は前回と同じ歌を取り入れる

歌はたくさんあるし、高齢者の皆さんを飽きさせないように毎回違う歌を取り入れるというのもサービス性があってよいかもしれません。しかし、認知症がある方にとっては前回のレクリエーションで使った歌を忘れてしまっているという方もいます。

ですが、脳の分野は未知なこともまだ多く存在していることもあってか、中には何回も繰り返し聞いていることで、曲を歌えるまでに記憶に残ったという方も実際に何人か見たことがあります。そのため、認知機能のトレーニングを兼ねてあえて1~2曲は毎回同じ歌を入れるというのも良いでしょう。

高齢者のレクリエーションで使える歌を一挙公開

楽譜のイメージ

それでは、高齢者のレクリエーションで使える歌をテーマ別にご紹介します。

四季を感じる歌

四季を感じて高齢者がみなさん楽しく歌える歌をご紹介します。季節ごとのレクリエーションで活用してみてはいかがでしょうか?

春の歌

春の歌は、春が想像できるような歌が好まれます。

などは人気が高く、知名度もあります。

  • 春が来た
  • 春の小川
  • どこかで春が

春だけの歌ではありませんが、四季の歌も歌いだしが春に関する内容なので、春に謳われる傾向にあります。

夏の歌

夏の歌は、知名度に関してはばらつきがある傾向にあります。

  • われは海の子
  • 夏の思い出
  • 夏は来ぬ

がよく歌われます。

また、初夏であれば「茶摘み」や「ふじの山」なども良いでしょう。

秋の歌

秋の歌は

  • 小さな秋見つけた
  • うさぎ
  • 赤とんぼ
  • 虫のこえ

などが認知度が高いです。また、男性では「荒城の月」などしっとりとした渋い曲が人気があります。

冬の歌

冬の歌は

  • ゆき
  • たき火
  • ペチカ

などがよく歌われます。

また冬は行事の多いシーズンです。クリスマスであれば「ジングルベル」や「きよしこの夜」正月であれば「お正月」など行事を彷彿させる歌も好まれます。

高齢者の若いころにはやった歌

次に高齢者が若いころはやった歌です。先ほどご紹介したように高齢者の年齢層は幅広いです。

ですが、ここでご紹介する歌は高齢者が20歳~50歳の間に歌われていた歌ですので、知らないという方は少ないでしょう。

認知度が高く、知らない人は少ないであろう曲は、高齢者の中でも比較的年が若い方に

  • 365歩のマーチ
  • 見上げてごらん夜空の星を
  • 上を向いて歩こう

といったポップな歌が好まれる傾向にあります。ピンクレディーや少年隊など高齢者が子育てをしていた時代に流行した曲も認知度が高く好評です。

一方、年齢が高めの方には

  • 青い山脈
  • お祭りマンボ
  • 銀座かんかん娘
  • リンゴの唄
  • いつでも夢

をなどが好まれます。

高齢者が盛り上がる歌

最後に2000年代にはやった歌ではありますが、高齢者であっても盛り上がれる歌についてご紹介します。

やはり、ご高齢の方のは演歌を好まれる傾向にあります。特に女性では氷川きよしさんの曲は好評です。

また、映画やCMで使われている曲であれば最近の歌でも知っている方が多いです。

高齢者にぴったりな歌を選んでレクリエーションを楽しく!

談笑する高齢者たちのイメージ

高齢者と一言で言っても世代や生きてきた背景は多種多様。ですので、全員にぴたりとはまる歌は少ないかもしれません。

ですが、色々な歌をちりばめてレクリエーションを行うことで結果的に全員が楽しめるかもしれません。

ご自身の施設の高齢者の年齢層や性別の比重、趣味などの傾向を見極め、みんなが盛り上がれる歌をチョイスしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年02月26日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。