高齢者・お年寄りが喜ぶ景品とレクリエーション【イベントにおすすめ】

高齢者・お年寄りが喜ぶ景品とレクリエーション【イベントにおすすめ】

高齢者向けの介護施設では、さまざまなレクリエーションを取り入れています。利用者さんが飽きないように、人気のレクリエーションを中心に行いつつ、新しいレクリエーションを取り入れるなど、試行錯誤しながら工夫されています。

その中でも利用者さんも楽しみしているのが、誕生日や敬老の日、クリスマスなどの1年に1回の特別な日のイベントです。

景品がもらえるレクリエーションとは?

プレゼント

デイサービスなどの高齢者向けの介護施設では、午後にレクリエーションが組まれています。運動や創作、コミュニケーションをとる機会としてさまざまなレクリエーションが行われており、体操、カラオケ、ゲームなど1ヶ月ごと予定を立てられているので、好きなレクリエーションを心待ちにしている高齢者さんもいます。

年に数回のイベント時には景品が準備されているレクリエーションもあります。たとえばクリスマス会のある日は、サンタさんからのプレゼントをゲームなどと組み合わせてもらえるレクリエーションが実施されます。

すべての介護施設で行っているわけではありませんが、多くの施設ではこのようなイベント時を利用して高齢者の皆さんに喜んでもらえるような景品を準備しているようです。

高齢者に人気のあるレクリエーション

介護施設で行われるレクレーションでは、健康維持や運動機能維持のために運動を取り入れたものが多く行われています。その中でも、ゲーム性の高いレクリエーションはとても人気があり、高得点を取れるように楽しく競っています。介護施設によっては、上位に入った人には手作りのメダルを授与するようなことも行われ、周囲とのコミュニケーションに役立てているのです。

このように何か目標があると高齢者の人も活気を取り戻しやすいのでおすすめのレクリエーションとなっています。

高齢者のレクリエーションの楽しみ方

高齢者のレクリエーションの楽しみ方には人それぞれあります。

イベントの時に披露したり高得点が取れるように日頃のレクリエーションを利用して練習する人や他の人がするのを見て何でも上手にできる人、恥ずかしくてゲームなどには参加しないけれど参加者の様子を見て一緒に楽しむ人など、これまでの長い人生経験によって楽しみ方が人それぞれなのも高齢者施設での特徴です。

景品のあるレクリエーション

サンタクロース

高齢者施設でのレクリエーションで、景品がもらえるようなイベントにはどのようなものがあるのでしょうか。各介護施設によって異なると思われますが、代表的なイベントをご紹介します。

誕生日会

月一回の誕生日会です。歳をとっても誕生日は嬉しいもので、1年を振り返ること、これからの次の誕生日までのことを考える良いきっかけになります。また誕生月ではない人にとっても、自分の誕生日まであとどれぐらいあるのかなど、日々の生活に目標を見つけることになるのです。

利用者さんやスタッフに祝ってもらい誕生日プレゼントをもらうと、誰もが笑顔になるので誕生日イベントはスタッフにとっても利用者さんにとっても有益なものとなります。

敬老の日

敬老の日のイベントで行われることが多くなってきているのが、地域の幼稚園や保育園の子供達との交流会です。利用者さんにとって小さな子供と触れ合う機会はあまりない人も多く、子供たちの明るい表情に癒されています。幼稚園や保育園の子供達もおじいちゃんおばあちゃんと同居している家庭が少なくなる中、有意義な交流となるようです。

このような敬老のイベントでは、子供達から手造りの作品をもらったり、施設から長寿のお祝いの品をもらうことがあります。

クリスマス会

高齢者施設のクリスマス会では、日頃のレクリエーションの成果を発揮するゲームを行ったり、カラオケ大会を実施したり、いつもよりも規模の大きいレクリエーションが行われます。

スタッフがサンタクロースとなり、利用者さん全員にプレゼントを配ります。またこのクリスマス会でも地域の子供と交流会を行う施設もあり、手作りの作品を交換するような取り組みも行われています。

高齢者がもらって嬉しい景品

プレゼントをながめる女性

高齢者の人がイベントでもらって喜ぶ景品は、高価なものである必要はありません。本人が使えるものでなければ、家族や親しい人に譲ってしまうこともあります。そのためにプレゼントで効果的なものは、日常で使用できるものが喜ばれます。介護施設で利用できる雑貨や日用品がおすすめとなります。

まとめ

デイサービスなどの高齢者向け介護施設で行われているレクリエーションでの景品に関わることについてご紹介しました。

高齢者の人にレクリエーションをより楽しんでもらえるようにする一環としての景品やプレゼント。それらがあることで、生活にメリハリが付いたり、楽しみができたりするのであれば一定の効果があるといえます。

すなわち、プレゼントの中身ではなく、プレゼントがあるということに意味があり、景品やプレゼントが生活を送る中の一つの活力になる効果を期待できることが大きいのだといえます。

(Posted by はるいく)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年04月06日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。