介護職との兼任できる?【生活相談員】の配置基準とは

介護職との兼任できる?【生活相談員】の配置基準とは

相談員
介護施設や事業所などで最初の窓口となるのが生活相談員です。
介護職員や看護職員のように直接利用者の介護を行うのではなく、間接的な支援が中心になり、役割は多岐にわたります。

本記事では、生活相談員の配置や資格、仕事内容や仕事の魅力、求められる技術について解説していきます。

生活相談員とは

主に特別養護老人ホームなどの入所施設や通所事業所に配置されています。老人保健施設では支援相談員と言いますが、役割は同じです。

仕事内容は施設や事業所の窓口、入所者の相談援助、入所や利用の契約や事務手続き、サービス調整、外部機関との調整などがあげられます。

生活相談員の配置基準

悩むヘルパー
配置基準は介護保険において施設ごとに定められています。そのため、配置基準が満たされていれば兼務可能です。

各施設の配置基準は以下の通りになります。

サービス種別 配置基準

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム

利用者100人に対して常勤の生活相談員1人以上
介護老人保健施設 利用者100人に対して常勤の支援相談員1人以上
短期入所生活介護

・単独施設の場合、利用者100人に対して常勤の生活相談員1人以上

・利用定員20人未満の併設施設は単独での配置基準はなし

通所介護 サービス提供時間以上の常勤の生活相談員1人以上

入所施設は利用者の人数によって常勤職員の配置が決まっているのに対して、通所介護は、サービス提供時間以上の配置が必要と基準が異なります。

たとえば、サービス提供時間が6時間の場合、生活相談員は6時間以上、常勤での生活相談員の配置が必要です。

1日8時間の勤務を考えると、2時間の余剰ができるため、配置基準を満たしていれば、他の職種と兼任は可能です。管理者、介護職員、看護職員などと兼務する場合、その資格を所持していれば問題はありません。

ただし、勤務表上、生活相談員として勤務しているのか、介護職員として勤務しているのかを分ける必要があります。

資格要件

生活相談員という資格はありません。生活相談員や支援相談員は職種の名前になります。

一方で、職種が専門的な知識が必要になるため、社会福祉法や厚生労働省令によって生活相談員は、社会福祉主事(任用資格)、社会福祉士、精神保健福祉士と定められています。

しかし地域により資格保有者の人数に格差があるため、都道府県によって追加で資格要件を認めているところもあります。認められている資格で多いものは、介護支援専門員、介護福祉士、施設長経験者などです。

該当する資格を所持しているかの確認が必要になります。

仕事の魅力

介護士と利用者
施設や事業所において生活相談員は、利用者の生活を支えるのに欠かせない存在です。

また入所施設や事業所の窓口としていろいろな役割を担っています。

コーディネーターの役割

利用者が住み慣れた地域で安心して生活していくためのコーディネーターの役割を担っています。

入所施設、通所事業所に限らず、利用者を支える人、取り巻く環境、必要なサービスなどあらゆるものが自分勝手にサービスを進めていては利用者が求める生活や満足できる生活を送ることはできません。

その人らしく最期まで生活を支えるコーディネーターとしての役割を担えることは、生活相談員の魅力と言えるでしょう。

援助者の役割

入所の相談から始まり、入所申し込みや面接、入所手続きなどサービス利用に関して節目があります。

最初から施設の窓口として説明を行うことや相談に乗っていく中で築いていく信頼関係の構築は生活相談員としての魅力です。

先の見えない介護に不安を持っている人が多い中、相談して心が軽くなった、気持ちが落ち着いたとの声をいただくことはとてもうれしく、生活相談員になってよかったと感じる場面でもあります。

福祉の仕事の魅力が伝えられる

福祉の実習生や福祉学習をしている小中学生などへ福祉の魅力を伝える役割を担っていることはとてもやりがいがあります。

福祉業界は人材不足と言われている中、生活相談員として福祉の魅力を発信する場があり、発信した情報を受け取ってくれる人がいることは魅力です。

求められるスキル

医療や福祉に関する専門知識の他、利用者、取り巻く人や環境、支えるサービスなどあらゆる面での調整役を担っています。

求められるスキルは以下のことがあげられます。

  • 中立の立場で物事を見る
  • 利用者や家族からの訴えに対する表面上の問題と裏面に隠れた課題を見つける
  • 指導的にならないような援助技術を心がける
  • 個々の利用者に対してアセスメントを行い、その人に必要な支援を考える
  • 利用者とサービスの調整役
生活相談員はまさに縁の下の力持ちのような存在です。

直接触れることだけが援助ではありません。間接的な援助によって最期までその人らしい生活を支えることが一番の仕事になります。

配置基準が満たされれば、介護職と兼務は可能です。しかし仕事内容が異なるため、兼務の場合は職種ごとに求められるものを理解して取り組む必要があるでしょう。

 

(Posted by momota)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月09日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。