介護でよく見かける【ICF】ってなに?

介護でよく見かける【ICF】ってなに?

介護
介護関連資格取得のためのテキストに必ず出てくる単語、『ICF』。ケアプラン・アセスメント・サービス計画書などの作成にあたって活用すべきと言われています。

ですが、ICFとは一体何なのでしょう?私たち介護職員にとって、現場でどう活かすべきなのでしょうか?

ICFは、実は私たちが介護の現場で働くにあたって、非常に重要な役割を担っています。
深く知識を広げ、職場で活用できる様、ICFについて分かり易くご説明します。

介護の現場でのICF(国際生活機能分類)について

ICFは2001年にWHO(世界保健機構)で採択されました。
International Classification of Functioning, Disability and Healthの略で、和訳すると国際生活機能分類(正確には生活機能・障害・健康の国際分類)となります。

国際生活機能分類って?

国際は「世界共通の」と言う意味に他ならないと分かりますが、そのほかの『生活機能』『分類』とは、具体的にどのような意味なのでしょうか?

高齢者が健やかに生活していくにはどうすればいいか、という課題に対し、私たち介護職がまず始めるのは「分析」です。

その人の体の状態、住んでいる環境、社会とのつながりの有無など、人それぞれ置かれている状況の把握から、現在なぜ生活上「課題」とされることが起こっているのかを知るために、分析はとても大切です。

ICFではそれらの分析を確たるものとするため、まず『健康状態』。次に『心身機能・身体構造』。『活動』と『参加』。そしてその『活動』には『個人因子』と『環境因子』が作用していると定義し、さらに各要素1つ1つに1500に渡って項目が枝分かれしています。

細部の分析から、その人の生きる全体像を明確にするとともに、介護するものとして、今日その人に一体何をすればよいか。目標とそれに対する評価を正しい物へと導くために、学ぶべきはICFの分析であるといえます。

ICFの項目の(介護目線での)解説

医療
上記で述べた6項目は大きく3つのグループに分けられます。
『健康状態』『生活機能』『背景因子』です。

①【健康状態】

  • 高齢者ある
  • 病気である
  • 回復期である
  • 治療中である
  • 要治療状態である
そのほか、高齢者であれば「治療中だが状態は悪く進行中である」などといった状態も多いですね。

例えば変形性膝関節症で、定期的にヒアルロン酸注射を打っているが、根本治療ではないため症状が継続している。と言った状態です。

心が健康かどうかもこの項目に含まれています。ストレスの度合いもまた同じです。

②【生活機能】

『心身機能・構造』

  • 手足
  • 神経
  • 視覚
  • 聴覚
  • 触覚
  • 内臓
などが正常に働いているかなどが挙げられます。

身体構造の分類では足であればその指や爪。目であれば水晶体の状態といった、細部の事を指しています。

『活動』

ADLの状態のことを言います。

  • 例えば歩ける
  • 家事ができる
  • 公共の移動手段を使っていきたい所に1人で行ける
などを指します。

活動の中には「出来る活動」と「している活動」があり、現在生活上で行っていない活動も含みます。

例えば近所の商店街まで歩いて買い物に行くのが「している活動」だったとしたら「出来る活動」は、商店街よりも近い公園をリハビリ目的で散歩する、といった内容になります。

『参加』

家庭・社会とのつながりの中で、それぞれのシーンで役割を果たしている状態を言います。

自治会や婦人会のつながりだけでなく、趣味・スポーツを通じて何らかの形で参加している事も言います。宗教・政治の集まりへの参加も含まれます。

③【背景因子】

『個人因子』

  • 年齢
  • 性別
  • 民族
  • 宗教
  • 価値観
  • ライフスタイル
など、その方が固有している特徴を意味します。

『環境因子』

周囲の環境に対する要因の事を言います。物的環境・人的環境・社会制度環境が挙げられます。

物的環境には家の中の段差や福祉用具の使用状態。
人的環境には家族・友人と、それらの方々の介護に対する意識も含みます。
社会制度的環境とは、医療・介護のサービスの制度などがあります。

現場で活かせるICF

手をそえる介護士
介護の仕事をする職員としてこのICFが活かされるのは、介護認定前においては認定調査、認定後はアセスメントやモニタリング、サービス計画書作成などです。

訪問介護事業所のサービス提供責任者として勤務していた時、私はよく「初回訪問」というまだサービスを受けていない方への聞き取りを行いました。

聞き取り内容から、今後のサービスを行っていくに当たって問題は無いか精査する事も私の仕事でした。
しかし、どうも話の内容が上手くまとまらず、参考にしようと取ったメモも役に立たないことが多々ありました。

理由として、目の前の介護を要する高齢者の方を冷静に分析できていなかったことが挙げられます。住居の様子や暮らしぶりなどを観察しながらどのヘルパーを派遣しようか、などと考えていた事と、大概の高齢者はお話好きで、私はトークに翻弄されがちだったことが敗因でした。

こういったシーンで活躍するのがICFなのです。

【アセスメントシートの書き方おさえられていますか?】

【アセスメントシートの書き方はこれを押さえよ】正しい書き方を押さえて、質の高い介護を

まとめ

ICFの分類は世界基準です。国内でもその分析は基本とされており、医療・福祉の現場で周知されています。

ICFの分析に基づいた個人データを作ることで、高齢者本人に会わなくてもその結果を見れば、自然とどのような介助が必要な方かが分かり、ケアに集中することが出来ます。

カンファレンスにおいてもICFの考えは欠かせないものと言えるでしょう。

 

(Posted by namiki

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年05月22日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。