これって「燃え尽き症候群」?介護職が陥りやすいやる気のなさの原因と対処法を紹介

これって「燃え尽き症候群」?介護職が陥りやすいやる気のなさの原因と対処法を紹介

燃え尽き症候群のイメージ

やる気が湧かない。

仕事に身が入らなくなった。

介護の仕事をしていると、このような意欲の低下に悩まされる人も多いはず。最近では、介護職の「燃え尽き症候群」が問題視されています。

やる気のなさの原因が「燃え尽き症候群」であるとすれば、適切な対処が必要です。単なる疲れや気持ちの問題であると勘違いしていると、健康問題や離職などにもつながってしまうかもしれません。

これまで私は、管理職として介護職員の業務改善や精神的なケアに携わってきました。

ここでは「燃え尽き症候群」について解説しながら、どのような対処をおこなっていくべきか紹介します。

「燃え尽き症候群」とは?

燃え尽き症候群とは?

「燃え尽き症候群」は、1974年にアメリカの心理学者フロイデンバーガーが提唱した現象です。仕事などに一生懸命だった人が達成感を得られなくなったり、ストレスにさらされ続けたりすることで、ある日突然、意欲が低下するようになった状態を「燃え尽き症候群」と呼びます。

「燃え尽き症候群」は、「バーンアウト(シンドローム)」とも言い、医療や介護など、対人支援サービスに関わる職業人が陥りやすいのも特徴です。

私自身も、これまで介護職員と一緒に働いてきましたが、「燃え尽き症候群」になり、欠勤が増えたり退職したりする人を多く見てきました。

例えば、「声をかけられると、業務の手を止めて利用者さんの話を親身に聞く」「業務時間が終了しても、利用者さんの生活について考えている」「いつも笑顔を絶やさずに仕事をしている」など。仕事に一生懸命で、利用者さんに献身的な介護職員ほど、気がつくと心のエネルギーが切れ、働く意欲が湧かないほどに燃え尽きてしまっているように感じます。

もちろん、仕事に一生懸命で献身的に働く介護職が、必ず「燃え尽き症候群」になるわけではありません。人によって仕事の負担の感じ方は違いますし、ストレスを上手に解消できている人もいるでしょう。

肝心なことは、介護の仕事はストレスを感じやすく、「燃え尽き症候群」になる可能性が高いということです。

「燃え尽き症候群」の症状

症状のイメージ

では、どのような兆候があった時に、「燃え尽き症候群」を疑ったほうが良いのでしょうか?「燃え尽き症候群」になった時に見られる3つの症状を見てみましょう。

1)情緒的消耗感

情緒的消耗感とは、心のエネルギーが少なくなった状態です。仕事が忙しかったり、利用者さんの苦悩や問題に深入りし過ぎたりしたことで、働く意欲が消耗してしまった状態を言います。

2)脱人格化

脱人格化は、利用者さん個人に対しての関心がなくなり、人格を無視したり思いやりのない行動をとるようになってしまう症状です。人と接触する職務を避けがちになり、書類の整理や掃除など、対人でない仕事に没頭するようになります。

3)個人的達成感の欠如

情緒的消耗感と脱人格化によって、働く意欲が低下し仕事のやり方が粗雑になると、本来ならば仕事を通して得られていたはずの達成感がなくなります。これが個人的達成感の欠如です。こうなると、仕事にやりがいが感じられないので、自己嫌悪や離職などにもつながります。

さらに、対人サービスの研究の中では、「燃え尽き症候群」について確認するための具体的な質問が設定されています。自分が「燃え尽き症候群」になっていないか、次の質問でチェックしてみましょう。

質問① こんな兆候があったら要注意!
・仕事をもうやめたいと思うことがある
・こまごまと気くばりすることが面倒に感じることがある
・同僚や患者(利用者)さんの顔を見るのも嫌になることがある
・自分の仕事がつまらなく思えて仕方がないことがある
・日の仕事が終わると「やっと終わった」と感じるがある
・出勤前、職場に出るのが嫌になって、家にいたいと思うことがある
・同僚や患者(利用者)さんと、何も話したくなくなることがある
・仕事の結果はどうでもよいと思うことがある
・仕事のために心にゆとりがなくなったと感じることがある
・今の仕事は、私にとってあまり意味がないと思うことがある
・体も気持ちも疲れはてたと思うことがある
質問② こんな気持ちがなくなっていたら要注意!
・われを忘れるほど仕事に熱中することがある
・この仕事は私の性分に合っていると思うことがある
・仕事を終えて、今日は気持ちのよい日だったと思うことがある
・今の仕事に、心から喜びを感じることがある
・仕事が楽しくて、知らないうちに時間がすぎることがある
・われながら、仕事をうまくやり終えたと思うことがある

以上の質問に該当していた数が多い人ほど、「燃え尽き症候群」である可能性が高いです。最近、やる気が湧かなくなっていたり、仕事に身が入らなくなっていたりするのであれば適切な対処が必要です。

 「燃え尽き症候群」に対処する3つの方法

症状を回復するイメージ

ここでは、「燃え尽き症候群」になってしまった時にはどうすれば良いのか、3つの対処方法を紹介しましょう。

1)仕事量を減らす

まずは、仕事で関わる利用者さんの人数を減らすことが大切です。支援をする利用者さんの人数が多いほど、相手の気持ちに寄り添ったり、生活について考えたりする時間が増えるので心身には負担がかかります。例えば、受け持ちの利用者さんの人数を減らすこと、受け持ちの利用者さん以外の介護をおこなわないことなど。自分が関わる利用者さんの人数を減らせるように、上司に相談してみると良いでしょう。

2)自分の役割をはっきりさせる

まじめで一生懸命に働く介護職員は、利用者さんの苦悩や生活に思い入れが強くなりすぎてしまいがち。本来なら利用者さんの問題であるにも関わらず、自分の問題であるかのように思い悩み、強いストレスを感じている職員も多いでしょう。

もちろん、介護職員としては、利用者さんの気持ちに寄り添うことは大切です。ですが、介護職員にできることは、利用者さんの生活をサポートすることであって、ご本人やご家族に変わって直接問題を解決することはできません。仕事をする時には、介護職員として、自分ができる仕事の範囲や役割をはっきりするようにしましょう。

3)休める時間を増やす

仕事のストレスを解消するためには、からだを休めたりリフレッシュしたりして、心身を積極的に休めるのも重要です。

すでに働く意欲が低下している人のなかには、休息やリフレッシュの時間を作っても、意欲が回復しない人もいるかもしれません。そういった方の場合には、長い休息が必要になることもありますので、自己判断をして体調を悪化させないように医療機関の受診もおすすめします。

一生懸命に仕事をすることは素晴らしいことですが、長く働き、より多くの方に介護を提供していくためには、働き方を考えたり自分のからだを労ったりしながら働いていくのも大切ではないでしょうか。

介護士さんにオススメの習い事~アロマテラピー~

参考
久保真人(2007):バーンアウト (燃え尽き症候群) ―ヒューマンサービス職のストレス.日本労働研究雑誌,54(558),54~64
https://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/054-064.pdf

(Posted by 田口 昇平 )

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年11月23日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。