介護職に転職して1年未満のスタッフに多い悩みとその対処法

介護職に転職して1年未満のスタッフに多い悩みとその対処法

医師こんにちは。介護福祉士のyumiiiii.sです。

介護の仕事はとてもやりがいのある仕事だと思います。

しかし「きつい」「汚い」「危険」「給料が安い」という「4K」のイメージが先行して人材不足が慢性化しているのが現状です。また、せっかく介護の仕事に就いたのにすぐに辞めてしまうスタッフも少なくありません。

公益財団法人介護労働安定センターの調査によると、勤続1年未満のスタッフの離職率がとても高いということがわかっています。しかし、やはり介護の仕事を「辛い」と思わず「楽しい」と思ってもらいたい!

ここでは、悩みを解消して介護の仕事を楽しんでもらうための対処法を紹介します。

特に多い3つの悩みとその対処法

介護士

抱えている悩みは人それぞれですが、ここでは特に多い悩みとその対処法についてお話しします。

一筋縄ではいかないかもしれませんが、悩みを解決する手助けになれば…と思います。解決策がなく悩んでいる方は、ぜひ実行してみてください。

スタッフ間の人間関係

介護業界の年齢層は幅広く、施設によっては10代や70代のスタッフが働いていることもあります。年齢に差があれば考え方・やり方にも違いがあって当然です。しかし、相手に受け入れてもらおうと努力しても、なかなか溝が埋まらないこともあるのではないでしょうか。

また「あの人は大変な仕事はしない」「言い方が怖い」などという悩みもよくあります。

自分が集中攻撃されている訳ではなくても、まだ職場の空気やスタッフの人柄などがわからない時期には「嫌われているのかも」と思い込んでしまうこともあると思います。

⇒対処法「相談する、負けずに努力する」

悩みがある時は自分の性格や気持ちと相談しながら、絶対に無理はしないようにしましょう。辛いときは上司に相談してみてください。

相談をすることで「そうだったんだ」と気づくことがあるはずです。第三者の意見を聞くことは自分自身と向き合う大きなきっかけにもなります。そして、頑張っている姿やまじめに取り組んでいる姿を周りの人は意外にちゃんと見ています。

「嫌だな」と思うことがあったとしても「仕事自体にやりがいは感じている」という場合は、覚悟を決めて頑張ってみるのも一つの方法です。努力はきっと伝わりますよ。

介護職の人間関係の悩みを解決!人間関係を良好にする方法と良い職場の選び方

想像していたものと違った

「働いてみたら想像と違った」という悩みは、介護の仕事に夢や希望を抱いて転職した方によくみられます。

やりがいがあると思って転職したのになかなかそのやりがいを実感することができない、毎日同じことの繰り返しで何がしたいのかわからなくなってしまった、などが挙げられます。

どんな仕事だって理想と現実のギャップはあるはずです。そのギャップから目を背けないで、一度は向き合ってみることも必要なのかもしれません。

⇒対処法「目標や課題を持つ」

毎日何かしらの目標や課題をもって仕事に取り組んでみましょう。

「今日はスムーズに仕事をする」「今日は〇〇さんに笑ってもらう」など小さな目標から始めてみましょう。積み重ねていくことで、そのうち「自立支援のために△△をしてあげたい」と少しずつ大きな目標を持てるようになるはずです。

介護は「人」対「人」の仕事ですから、思ったようにならなくて当たり前です。

誰にでも個性があるように、同じ問題を抱えている利用者でもその対応は違ってきます。マニュアルではなく利用者一人ひとりと向き合い、ケアの質を高めていきましょう。

収入が少ない

他業界からの転職の場合、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を修了している方は結構いると思いますが、介護福祉士や実務者研修修了資格は持っていない方がほとんどです。

資格がない場合は手当てがつかないので、その分収入は少なくなります。また、初任者研修修了者でも実務者研修修了者や介護福祉士に比べると収入が少ない場合がほとんどです。

⇒対処法「資格取得を目指す」

実務者研修の資格取得には450時間のカリキュラムを修了する必要がありますが、特に受験資格はありません。また、介護福祉士は受験資格として3年以上(540日以上)の実務経験などが必要ですが、受験資格さえあれば学校に通わなくても受験することができます。

仕事をしながら勉強をするのは大変かと思いますが、勉強することで多くの知識が身に付きますし、資格を取ることで手当がつく職場も多いです。

昇給のある職場なら、努力次第で収入を増やすこともできます。また、平成30年時点で常勤介護職員の平均月収は30万を超えているとの調査結果もあります。

参照:平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/19/dl/30gaiyou.pdf

介護業界でステップアップするために重要な4つの方法

転職という方法もある

分かれ道

悩んで悩んで自分自身が倒れてしまっては本末転倒です。

何でもすぐに諦めず対処するのも大事なことですが、もし耐えられなくなってしまったら転職も考えてみてください。

転職をするならば、面接時などに施設見学を依頼して、施設の様子やスタッフ・利用者の雰囲気を自分の目で確認しておくと良いでしょう。資格取得のサポートをしてくれる施設もありますから、そのあたりも確認しておきましょう。

悩みは溜め込まないで

悩みをため込みすぎると、いつか許容を超えてあふれ出してしまいます。

オンとオフは上手く切り替えて、ストレスを発散しましょう。オフが充実することで、仕事にも前向きな気持ちになれるはずです。また、介護は体力勝負ですから、おいしいものを食べてぐっすり眠ることも仕事の一つです。

決して無理はせず、道に迷ったときは一度立ち止まって一息ついてみましょう。疲れた時も悩んでいる時も「一息つく」ことを忘れないでくださいね。

(Posted by yumiiiii.s)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年12月17日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。