訪問介護のヘルパーへ転職する方のために!「訪問介護業務」の流れを教えます

訪問介護のヘルパーへ転職する方のために!「訪問介護業務」の流れを教えます

 

こんにちは。ヘルなび編集部です。

今回は、利用者の自宅等でケアを行う「訪問介護業務」についての記事をご紹介します。
訪問介護ヘルパーへの転職をお考えの方はもちろん、現在施設で介護の仕事をしている方も、ぜひ参考にしてくださいね。

 

訪問介護と施設介護の違い

まずは、施設介護と訪問介護との違いについて整理していきましょう。

①仕事内容の違い

 

訪問介護
身体介助のほか、食事の用意や買い物などの生活援助を含む日常生活の一部の介助

 

施設介護
身体介助のほか、体調面の管理、社会参加の促しなど、継続して行う生活全般のサポート

訪問介護は、基本的に自宅で生活する利用者のもとで「その利用者ができないこと」「その利用者が必要としているケア」のみをピンポイントで行うことが業務内容とされています。
施設介護は、施設の形態にもよりますが、必要に応じて利用者の健康管理や社会活動への参加を促すなどのトータルサポートが通常業務の内容として組み込まれていることが多いです。

②勤務時間の違い

 

訪問介護
ご利用者のケアプランに基づいた派遣時間にご利用者のもとへ伺い、介助業務を行う。

 

施設介護
シフト制により勤務時間が分けられている。

訪問介護は、ケアプランに基づき決められた時間の枠の中で決められた介助を行うことが原則です。
対して施設介護は早番、日勤、遅番、夜勤など、シフトに応じて勤務にあたることが多いです。

③業務時に使用できる物等の違い

 

訪問介護
自宅にあるものを使用する。

 

施設介護
施設の備品等を使用しながら介護を行う。

施設介護では施設にある備品や介護用具などが使用でき、スムーズに業務を行えますが、訪問介護ではご利用者の自宅にある物を使用しながら介助を行いますので、事前にご利用者やご家族と「何を使用していくのか」の話し合いが必要になります。

④体制の違い

 

訪問介護
基本的に1人にて業務を行う。

 

施設介護
複数人のスタッフで分担・協力しながら業務を行う。

訪問介護と施設介護の大きな違いの1つとして、他のスタッフの協力を得られるかどうかが挙げられます。
訪問介護では基本的には1人でケアにあたるので、訪問先や利用者の情報などを施設介護以上に知ることが必要とされます。

サービス提供責任者について

女性が打ち合わせをするイメージ

「訪問介護業務」を知るにあたり、欠かせない職種である「サービス提供責任者」についてご説明いたします。
訪問介護のご利用者に対する介護サービスの質の向上やサービス内容の不一致を防ぐため「サービス提供責任者」が設置されています。サービス提供責任者は、略して「サ責」とも呼ばれています。

訪問するヘルパーとご利用者との訪問日程の調整、ご利用者のアセスメント、ケアプランを基としてご利用者の意向をくんだ「訪問介護計画書」の作成、ケアマネージャーとの連絡や連携、定期訪問など、その仕事の内容は訪問介護事業の要になります。

サービス提供責任者の仕事は、3つに分けると「訪問介護業務」「訪問介護計画書などの書類作成」「管理業務」になります。施設やデイサービスにおける生活相談員の役割と似ています。

サービス提供責任者の仕事は訪問介護業務はもちろんのこと、ヘルパーへ業務の流れを伝え利用者にヘルパーの紹介をする同行訪問、新人ヘルパーへの研修、管理者の補佐(営業、請求事務の補佐)など多岐にわたります。
大変な面もありますが、訪問介護のヘルパーからキャリアアップを考えるのなら、やりがいのあるポジションでもあります。

ご利用者が訪問介護を受けるまでの流れ

介護認定を受け、訪問介護の利用を希望する高齢者が実際に訪問介護サービスを利用するまでには、いくつかの手順があります。
ここからは、訪問介護サービスの提供が開始されるまでの流れをご説明します。

①訪問介護サービスの利用を希望する方から申し込みや相談がある。※1
②利用希望者、家族と面談・アセスメントを行い、ケアマネージャーがケアプランを作成する。
③サービス担当者会議が行われる。(主にサービス提供責任者や管理者が参加)
面談、アセスメント後に、利用者・家族・サ責・ヘルパー・ケアマネジャーなどが同席し具体的なサービス内容などについて話し合う会議を「サービス担当者会議」(サ担)といいます。ケアマネジャーの作成したケアプラン(介護支援計画書)を確認し、必要なサービスの提案・話し合い等を行います。
④ 事前面談で得たアセスメントの情報とケアマネジャーが作成したケアプランを基として「訪問介護計画書」を作成する。

※1…介護保険による訪問介護サービスの利用は要支援認定・要介護認定を受けた高齢者に限ります。

訪問介護計画書の例

【総合的な援助目標】
家族は離れて暮らしている為、日常生活の援助はできない。ヘルパーを利用し、安心して自宅生活が送れるように支援します。最近息切れが激しく、少し動いただけで息づかいが荒くなってしまう。認知症も進んでいるようで短期記憶は極めて薄い。健康に注意して安心して自宅で生活できるように援助していきます。
【本人と家族の希望】
本人の希望:住み慣れた自宅で長く暮らしたい
家族の希望:離れて生活しているため介護が困難。住み慣れた場所で暮らしてほしい
【具体的な援助内容】
困っている事:自宅のお風呂に一人で入れない。
援助目標:自宅の風呂にゆっくりと入り身体の清潔を保つ
サービス内容:全身浴 洗身・洗髪 居室~浴槽への誘導介助 衣服着脱の介助 浴室掃除・調理・洗濯
注意点:両下肢筋力が低下しているため移動時、浴槽への出入り時に転倒しないよう注意する。

⑤サービス提供手順書、指示書の作成をする。
サービスの具体的な方法、手順、その他注意する点などを示した手順書、指示書を作成します。
⑥利用者にサービスの重要事項を説明し、契約をする。
主に管理者やサービス提供責任者が行う業務です。ご利用者と事業側だけでは行き違いなどあるためご家族や第三者の参加が望まれます。
⑦訪問開始。
契約等が無事におわり、サービス提供が開始されます。

ホームヘルパー業務開始前の「同行訪問」について

訪問介護では、サービス提供責任者や前任のヘルパーとともに同行訪問を行ってから本業務に入ります。施設介護では研修業務にあたるのが同行訪問となります。

同行訪問の期間については業務内容などによって違います。

同行訪問の際は介護業務の引継ぎや確認などの他、事業所またはヘルパー自宅から利用者宅までの移動時間を測ります。基本的には訪問サービス業務の開始時間の10分前に自宅近くにいることとされていますので、移動時間がどれくらいかかるのかを事前に知っておくことが必要となるのです。

訪問介護の記録について

ヘルパーは訪問介護の業務にあたったらその内容を記録する必要があります。
下記内容については必ず記載することが原則です。記入漏れがあると実地指導にて介護報酬の返還などあります。

  • 訪問介護の提供日及び提供時間
  • 利用者名及び訪問介護員名
  • 身体介護・生活援助・通院等乗降介助の別
  • 提供した具体的な身体介護サービス及び生活援助サービスの内容
  • 担当したヘルパーの印と利用者の印

まとめ

同じ介護の仕事でも、施設介護と訪問介護では業務の内容や働き方などが異なります。
住み慣れた自宅で長く暮らしたいという願いは、多くの方が抱いています。
その願いの一助として訪問介護の業務は重要です。
また、サービス提供責任者を目指すことにより、キャリアアップも望めます。
訪問介護のヘルパーになったら、ぜひサービス提供責任者へのステップアップも視野に入れてみてください。

(Posted by スタミナ)

 

訪問介護の仕事内容を滞在型と常勤型にわけて解説!自分にあった働き方はどっち?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年11月28日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事