介護業界でステップアップするために重要な4つの方法

介護業界でステップアップするために重要な4つの方法

ステップアップ、4つの方法

「いま介護の仕事をしているけど、これからどうやってステップアップしていけば良いのかな?」「介護の仕事に興味があるけど、どのようなキャリアパスがあるかを知りたい」などと思っている人はいませんか?

介護業界の市場は高齢化社会に伴って、今後ますます大きくなっていくでしょう。せっかく介護業界に入ったのであれば将来を見据えて、ステップアップキャリアパスを知って準備することが大切です。

今回は介護業界でステップアップするために重要な4つの方法について紹介します。

介護の資格取得によるステップアップ

資格取得のイメージ

1つ目の方法が、介護の資格取得によるステップアップです。介護に関わる資格はいろいろあるので、いまの自分に合った資格取得を目指しましょう。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の仕事で一番初めに取得しておきたい資格です。介護における入門的な資格で、介護に関する基礎的な知識と技術を一通り学ぶことができます。

介護職の中には、無資格で就業できる職種もあります。しかし介護職員初任者研修を受けることで普段の仕事に対して裏付けが生まれ、より自信を持って取り組めるようになるでしょう。

通学だけでなく通信制の講座もあるので、働きながらでも取得できるのはうれしいですね。スクールごとに受講料金やスクーリング日数などは異なるため、いろいろと比較をしてみてください。

実務者研修

介護職員初任者研修の上位資格が、実務者研修です。初任者研修よりも受講時間が多く、より専門的な介護知識や技術、そして医療的ケアなども学びます。

初任者研修を受講せず、いきなり実務者研修から受けることも可能です。すでに介護職として一定の経験がある人は、実務者研修から受けてしまっても構いません。また後述する介護福祉士の受験資格にもなっているので、なるべく早く介護福祉士を取得したい人にもおすすめです。

介護福祉士

介護福祉士は介護に関する国家資格です。介護を必要とする人に対して直接介護をするだけでなく、現場の介護スタッフを取りまとめるリーダー的役割も期待されています。

将来的に現場の介護職として働き続けていきたい人は、介護福祉士の取得を目指しましょう。高度な知識と技術が身につくだけでなく、スタッフや利用者からの信頼性も格段にアップしますよ。

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

管理職就任に伴うステップアップ

管理職ポジションのイメージ

2つ目の方法が、管理職就任に伴うステップアップです。働いている同じ法人内や事業所内で、より上の役職に就くことでステップアップをすることができます。

サービス提供責任者

サービス提供責任者とは、訪問介護事業所で利用者の訪問介護サービスに関わる計画を作ったり、事業所で働くヘルパーの取りまとめや指示出しをしたりする役職のことです。利用者一人ひとりの状態に合わせた介護サービス提供計画を立てるための実践力、そしてヘルパーをまとめて業務を円滑に進めるためのマネジメント力が求められます。

サービス提供責任者になるためには、介護福祉士や実務者研修の資格が必要です。

主任や介護長

勤務している介護施設内で、主任や介護長を目指す方法もあります。それぞれ介護職としての勤務年数だけでなく、高い介護知識と技術、そして後輩や部下の指導力とマネジメント力が求められます。

介護長になると施設運営にも関わっていくことになるので、より大きなステップアップとなるでしょう。

施設長や事業所長

施設や事業所のトップが、施設長や事業所長です。現場で直接介護をする機会はほとんどありませんが、施設運営と経営を左右する重要なポスト。経営やマネジメント業務に興味がある人にはぴったりな役職ですね。

ただし1つの施設や事業所に対して、ポストは1つだけです。前任者が退職や異動とならない限り、なかなかポストは空きません。最近は新規オープンの施設が増えているため、思い切って勤務先を変えてみるのも一つの方法です。

職種変更によるステップアップ

職種変更のイメージ

職場変更によるステップアップが、3つ目の方法です。介護職ではなく、介護に関する職種に変更することでステップアップができます。

ケアマネジャー

介護職からの職種変更で多いのが、ケアマネジャーです。介護保険サービスを利用する人のケアプランを作成することが主な業務で、関連機関やスタッフとのやり取りと連携も必要となってきます。

資格取得の試験を受けるためには要件があるので注意しましょう。介護福祉士などの国家資格を持っている人や生活相談員などの相談職で、5年(かつ900日以上)の実務経験が必要です。

生活相談員

生活相談員は特別養護老人ホームなどの施設や、デイサービスセンターなどに配置されています。入所や利用の相談、サービス利用中の各種相談、退所に関わる相談など、サービス利用に関わるあらゆる相談を受ける仕事です。現場の調整をすることも多いので、介護職の経験があると役に立ちます。

生活相談員になるためには社会福祉士や精神保健福祉士、または社会福祉主事いずれかの資格が必要です。ただし自治体によっては介護福祉士やケアマネジャーでも可能な場合があるので、詳細は各自治体に確認をしてください。

起業によるステップアップ

起業のイメージ

最後の方法が、起業によるステップアップです。介護業界はこれからもますます需要が伸びていきます。自分がやりたい介護を提供できる理想の事業所を、起業して作ってしまうのも一つの方法です。

資本金の確保や人材確保、経営ノウハウの習得などハードルはありますが、その分のやりがいは大きいものとなるでしょう。

まとめ

介護業界にはいろいろなステップアップの方法やキャリアパスがあります。同じ施設や事業所で介護職としてステップアップをする、管理職を目指す、ケアマネジャーなどへ職種変更する、思い切って起業するなどさまざまです。

また今後の介護業界の拡大に伴って、今回の記事では紹介していない新しいステップアップやキャリアパスの方法も生まれてくるかもしれません。

将来を見据えて、一人ひとりに合ったステップアップをしていってくださいね。

(Posted by Ahmad)

[介護資格が学べる]ユースタイルカレッジのサイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年11月15日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事