【理学療法士(PT)】とはどんな職業?気になる仕事内容やなり方を紹介

【理学療法士(PT)】とはどんな職業?気になる仕事内容やなり方を紹介


リハビリの仕事に興味がある方のなかには、「理学療法士になりたい」と思う人も多いでしょう。

理学療法士は、病気やケガなどをきっかけに、生活がしづらくなった方のリハビリをおこなう専門職です。
最近では、テレビやインターネットなどのメディアで、理学療法士の仕事の様子を目にする機会が増えています。

私は、自分自身もリハビリの専門職として多くの理学療法士と一緒に働いてきました。
理学療法士はとてもやりがいのある職業ですが、実際の働きぶりを見たことがないと仕事内容がイメージしにくい専門職でもあります。

そこで今回は、理学療法士の仕事内容を説明しながら、なり方や給与事情などについて紹介します。

理学療法士(PT)とは?

理学療法士は、リハビリの専門職のひとつです。英語では、「Physical therapist」と言い、医療や介護に携わるほかの専門職からは「PT」と略称で呼ばれています。

意外に思われるかもしれませんが、理学療法士以外にもリハビリにはさまざまな専門職が関わっています。

例えば、医師・看護師・作業療法士・言語聴覚士・ケアマネジャーなど。このような専門職が協力しながら、リハビリがおこなわれています。

なかでも、理学療法士は、からだの機能を回復するためのリハビリを中心におこなう職業です。病気やケガで体を動かしづらくなった方のリハビリをしながら、日常生活が送りやすくなるようにサポートしています。

理学療法士の仕事内容

理学療法士がおこなう治療は、「理学療法」と呼ばれます。

理学療法とは、身体に障がいを持つ方に対してマッサージや筋力訓練をおこなったり、電気や温熱治療機器を使ったりなどして、日常生活で必要となる機能の回復を促す方法です。

例えば、病気の症状で筋力が低下してひとりでは歩くことが困難になった患者さんに対して、理学療法士は、筋力訓練や歩行訓練などのリハビリをおこなっています。

また、介護施設では、腰痛でベッドから起き上がることができない利用者さんに対して、マッサージや温熱治療、起き上がり動作の訓練などをおこなう場合もあります。

このように、理学療法士は身体の状況と生活上の問題を考えながら、それぞれの患者さんや利用者さんに合ったリハビリを提供することが仕事です。

色々な場所で働ける理学療法士


理学療法士と一口に言っても、実は病院や介護施設以外に色々な場所で働くことができます。ここでは、理学療法士が働く代表的な職場を紹介します。

病院

理学療法士は、脳卒中・脊髄損傷・骨折などの病気やケガがきっかけで、身体の一部、または全身を動かすことが難しい患者さんのリハビリをおこないます。

近年では、入院直後の患者さんのリハビリをおこなう機会が増えており、日に日に身体の機能が回復していく患者さんの様子を見られることも、病院で働く理学療法士のやりがいとなっています。

クリニック

街中にあるクリニックで働く理学療法士の仕事は、通院する患者さんに対してリハビリを提供することです。

クリニックには、肩こりや腰痛、膝痛などの悩みを抱えて来院される方も多く、理学療法士として、電気や温熱治療機器を使って治療する機会も多いです。

介護施設

介護施設の理学療法士は、入所や通所する利用者さんに対し、マシーントレーニングや歩行訓練、色々な体操の指導などのリハビリをおこなっています。

病院やクリニックに比べると、介護施設では身体の機能を維持するためにリハビリを提供するので、1人ひとりの利用者さんと長く付き合いながら生活をサポートできることが特徴です。

教育機関

理学療法士のキャリアを積んだ方のなかには、養成校(専門学校や大学)で理学療法学科の教員として働いている人もいます。

教員の仕事では、自分の仕事の経験を伝えていきながら、理学療法士を目指す学生が成長していく様子を見ることができるのも魅力です。

スポーツの分野

理学療法士は、スポーツ分野のリハビリにも従事することができます。

スポーツ選手が多く訪れる病院でリハビリをおこなったり、プロチームと契約してアスリートをサポートしたりできることも理学療法士の資格の強みですし、おもしろみのひとつです。

理学療法士の資格を取得するには?

理学療法士として働くためには、次の2つの過程を経て国家資格を取得する必要があります。

養成校(専門学校や大学)を卒業する

ひとつは、専門学校や大学の理学療法学科を卒業することです。

理学療法士の資格試験を受験するには、養成校に通い、厚生労働省が指定したカリキュラムを修了しなければなりません。学生は身体の構造や病気・ケガの仕組み、理学療法の方法などについて講義や実習を通して学んでいます。

一連のカリキュラムを修了し、養成校を卒業または卒業見込みになることで、理学療法士の国家試験の受験資格を得ることができるのです。

国家試験に合格する

もうひとつは、理学療法士の国家試験に合格することです。

毎年2~3月にかけて、全国各地で理学療法士の国家試験がおこなわれています。国家試験で合格基準を満たすと資格を得ることができ、理学療法士として働くことができるようになります。

第54回理学療法士国家試験(2019年)の合格率は85.8%でした。
ほかの医療系専門職に比べると、理学療法士の国家試験の合格率は高いので、養成校でしっかりと勉強をすれば合格できる可能性は十分にあるでしょう。

理学療法士の平均年収


理学療法士として働くことを考えると、気になるのは給与です。どんなに憧れている職業でも、十分な給与がもらえなければ生活していくのは難しいでしょう。

平成30年の「賃金構造基本統計調査」によると、理学療法士の平均的な給与は次のようでした。

理学療法士の平均月収 28万5,200円
年間のボーナス(賞与)その他特別給与額 66万2,200円
理学療法士の平均年収 408万4,600円

従業員10名以上の職場
理学療法士の平均年齢32.9歳

理学療法士は、一般的なサラリーマンに比べると平均給与がやや少ない状況です。
しかしながら、給与額だけを考えると、夫婦共働きであれば子どもを育てながら生活していける金額と言えるでしょう。

理学療法士は、病気やケガで生活に困難さを抱える方のサポートができるやりがいのある仕事です。

リハビリの仕事に興味を持ち、自分の力で困っている方を支えていきたい気持ちがあるのなら、理学療法士を目指してみてはいかがでしょうか?

◆参考
厚生労働省「第54回理学療法士国家試験及び第54回作業療法士国家試験の合格発表について」

厚生労働省「平成30年 賃金構造基本統計調査」

 

(Posted by 田口昇平)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月05日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事