理解していますか?経営を支える介護報酬請求業務について

理解していますか?経営を支える介護報酬請求業務について

請求書を作るイメージ

介護の仕事というと、利用者と直接触れ合うスタッフの業務をイメージしがちですが、実は非常に重要な業務の1つとして「介護報酬請求業務」と呼ばれる仕事があります。内容が難しくて敬遠されがちですが、介護の現場で働くのであればしっかりと理解しておきたいところ。

そこで、ここでは介護報酬請求業務の基礎知識について分かりやすくご説明します。

介護報酬請求の仕組み

請求の仕組みのイメージ

介護報酬請求業務とはその名の通り、介護サービスを提供した分の報酬を請求する業務です。しかし、事業者は一体誰に報酬を請求して、どのように支払いを受けるのでしょうか?

まずは、介護報酬請求の仕組みと注意点について解説します。

国保連と利用者に請求

介護報酬は事業者側が施設入居者などのサービス利用者に介護保険サービスを提供することで発生します。しかし、介護保険報酬はサービスを行ったその場でお金のやり取りを行うのではなく、1か月のサービス利用分をまとめて請求する仕組みになっています。

具体的には、サービスを提供した事業者が報酬の原則9割(一部8割)を国民健康保険団体連合会(国保連)へ請求し、残りの1割(または2割)を利用者へ請求する流れになっています。この請求を行う際に事業所から提出しなくてはならないものが、「介護給付費請求書」と「介護給付費明細書」です。

事業所が提供する介護サービスには、厚生労働大臣が定める基準によりそれぞれ細かく点数が決められています。そのため、どの利用者がどんなサービスを何点分利用したかということを細かく証明しなくては、国保連から実績として認められず支払いが受けられないということになるのです。

介護報酬請求業務を行う上での注意点

介護報酬請求業務を行う上で、最も注意すべきは「スケジュール」と「正確性」です。

特に、国保連への請求は毎月1日~10日という限られた期間内に提出するよう決められているため、当該月における全ての利用者のサービスについて、約10日程度で翌月頭に計算しなくてはならないことになります。

したがって、介護報酬請求業務は非常に責任が大きい上に、タイトなスケジュールの中で正確な計算を行う必要がある仕事と言えます。しかしながら、介護報酬は膨大な種類があるため、全てを覚えて対応することは人員が不足しがちな介護現場では難しいというのが現実です。

また、折角時間を掛けて介護報酬請求を行ったにも関わらず、返戻されて報酬が支払われないなんてことになったら意味がありません。そのため、最近では専用のソフトを導入することで、介護報酬請求業務の負担を減らすと共に、より一層正確な請求を行っている施設も増えてきています。

居宅介護支援事業所は給付管理業務も忘れずに

忘れずにチェックするイメージ

ここまで介護報酬請求業務について簡単にご紹介しましたが、実は居宅サービスを提供する居宅支援事業所の場合は、上記に加えて「給付管理業務」という仕事が存在します。こちらも重要な業務になるため、抑えておきたいポイントについてご紹介します。

給付管理業務とは

給付管理業務はケアマネージャーが行う業務であり、介護保険報酬を国保連に請求する際に必要な「給付管理票」などの書類を作成する業務です。

書類作成の流れとしては、まずケアマネージャーが利用者一人一人に合わせて1か月ごとの介護サービス利用予定を組んで利用票を作成します。利用者にも交付し、実際にサービスを提供する事業者には該当する内容を記載したサービス提供票を交付します。

そして、実際にサービスが行われると事業者がサービス提供票に記載してケアマネージャーに再送付し、ケアマネージャーは予定通りにサービスが提供されたかをチェックします。

最後に、内容に食い違いがなければ実績となり、「給付管理票」に転記される形になっています。

給付管理業務を行う上での注意点

介護報酬の支払いに際し、国保連に提出された「給付管理票」は事業者が提出した「介護給付費請求書」「介護給付費明細書」と突き合わせて整合性をチェックされます。したがって、仮にケアマネージャーが作成した給付管理票に間違いがあれば、事業者に支払いがされないということになるため、ケアマネージャーの責任は非常に大きいと言えるでしょう。

また、介護報酬請求業務と同様に1か月分のサービスの実績を翌月の1~10日までの間にまとめて給付管理票に記載する必要があるため、スケジュールの立て方が重要になります。

そのため、少しでも余裕を持って正確に業務を行えるよう、また、月末や月初に慌てることがないよう、予定したサービスが変更された際はリアルタイムで事業所とやり取りをし合うなどの対策を立てておくと良いでしょう。

介護保険請求業務はなぜ重要?

何故必要なのか?のイメージ画像

このように介護保険請求業務はタイトなスケジュールの中で正確性が求められる大変な仕事ですが、この業務がなければ事業所に支払いが行われないということになってしまいます。

そうなれば、職員の給与が支払えない、介護に必要な物品や設備を整えることが出来ないといった状態になり、最終的には事業所自体が経営出来なくなってしまいます。どうしても、介護報酬請求業務というのは現場で直接利用者に接するスタッフの業務に比べると裏方の仕事というイメージがあり、かつ内容が煩雑であるため正しく理解されていないことが多いです。

しかし、実は事業所の経営を支える屋台骨とも言える大切な業務です。

介護の仕事に携わるのでれば、介護報酬請求業務の内容と重要性については理解しておくと良いでしょう。

(Posted by ふるたに しょうこ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年10月17日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事