【有料老人ホーム】の費用を解説!後悔しない住まい選びを

【有料老人ホーム】の費用を解説!後悔しない住まい選びを

こんにちは。社会福祉士・ケアマネージャーの吉田です。

「介護が必要となっても自分らしい生活を送りたい」を実現し、高齢者の生活の場として注目されている有料老人ホーム。
一般的に「老人ホームは高い」と言われ、入居できるかどうか心配されている方も多いですが、有料老人ホームにかかる費用はいったいどれくらいなのでしょうか?

有料老人ホームは、地域や施設によって設備や費用、料金体系が大きく異なるため、入居や生活にかかる費用、内訳についてしっかりと検討しなければいけません。

有料老人ホームには、住宅型、介護付きなど種類がありますが、今回は介護付き有料老人ホームにかかる費用について詳しく解説させていただきます。

介護付き有料老人ホームの費用について

介護付き有料老人ホームにかかる費用は、地域や施設環境、入居者の介護度によって異なります。

必要となる内訳は、

  • 入居一時金
  • 月額費用(家賃・管理費・水道光熱費)
  • 施設介護サービス費(介護保険サービスの自己負担金)

となります。

介護付き有料老人ホームについてかかる費用を詳しくみていきましょう。

入居一時金

入居時に必要となる前払い金のことをいいます。平均相場は500万円前後で、施設によって1,000万円以上から100万円未満と幅があります。
最近では入居一時金0円としている有料老人ホームも多くみられます。

月額費用

家賃・管理費・水道光熱費・食費など毎月にかかる日常生活における費用で、50万円以上から10万円以下までホームにより様々な金額の設定がされています。
月額費用の相場は15万円前後とされています。

排泄用品代や医療費、レクリエーション費用なども月額費用として追加されます。

月額費用の内訳は以下の通りです。

〇家賃(居住費)
施設の環境や立地、設備により費用が異なります。

〇管理費
共有スペースの利用や維持管理、人件費の費用です。

〇水道光熱費
水道・電気の利用費用となります。施設によって管理費に水道光熱費が含まれているところや、居室ごとに実費請求されるところなど様々です。

〇食費
食材や調理に対しての費用となり、食事の形態や内容を変更することで費用が異なる施設もみられます。

〇その他費用
見守りや健康管理、レクリエーション参加費、医療費、排泄用品代など毎月の生活にかかる実費負担があります。費用については施設によって異なります。

施設介護サービス費

介護付き有料老人ホームは介護保険制度で一定の基準を満たし都道府県知事の指定を受けた「特定施設入居者生活介護」となる施設です。

施設介護サービス費用は介護度によりかかる費用が異なり、介護サービス費の1割(または所得者に応じて2割・3割)が自己負担金となります。

入居一時金0円からでも入居できるって本当?3つの支払い方式

有料老人ホームのイメージといえば、「入居時に高い費用がかかる」といわれていますが、施設によって3つの支払い方式がとられています。

〇全額前払い方式
入居から終身まで必要な家賃を入居時に一括して支払うため、入居時の費用は高額ですが、月額費用として家賃を支払わなくても良い支払方式です。

〇一部前払い方式
全額前払い方式の一部を入居金として支払い、残りの金額は毎月の家賃とともに支払います。償却期間が終わる前に退去した場合は、返還金制度がとられ未償却分の返還がされます。

〇月払い方式
最近増えている「入居一時金0円」の有料老人ホームの支払い方式で、前払金は必要なく毎月の家賃に追加して支払っていきます。
入居初期に費用が少なく、入居期間が短期間という方に向いています。

よりお得に!控除制度を活用しよう

有料老人ホームでは、一定の条件を満たして申請すれば介護費用の負担を軽減する控除制度を利用することができます。

〇医療費控除
医療費控除の対象は、その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費が10万円を越えた場合です。

病院の通院費や治療費、医薬品代、おむつ・パット代・介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対価などが医療費控除の対象となり、本人だけでなく離れて住んでいる家族の医療費も合算することができます。

〇扶養控除
扶養親族の条件(年間所得が38万円以下・納税者と生計を一にしている・療養費を負担している)を満たした場合、扶養控除の対象となり、一定額の所得控除を受けることができます。

〇障害者控除
有料老人ホームに入居する方が要介護認定により、要介護1~3などの障害に準ずる場合・特別障害者に準ずる場合・障害者手帳を交付されている・障害者控除対象者認定書が交付された場合などに障害者控除が適用されます。

有料老人ホームを選ぶポイント

有料老人ホームに費用は施設によって大きな幅がありますが、費用が高い施設では立地や設備が良く、スタッフの人員体制も充実しているといったメリットがあります。

しかし、「費用が高ければ良い施設」「安ければどこでもいい」と費用面だけを見るのではなく、これから先の人生を自分らしく過ごせる住まいなのかどうかを考えて選択する必要があります。

有料老人ホームを選ぶ際には、施設スタッフの表情や雰囲気、説明する態度などにも考慮することがポイントです。

【まとめ】後悔しない有料老人ホーム選びをしよう!

いかがでしたでしょうか?
今回、有料老人ホームにかかる費用について詳しく解説させていただきました。

介護付き有料老人ホームの費用は、選ぶ施設によって様々なので一概に「高い」とはいえません。老後の住まいとなる大切な選択なので、パンフレットを参考にしたり実際に見学にいったりと情報収集をしっかりして選ぶ必要があります。

費用面だけにとらわれずに、サービスの内容や介護職員の質なども確認し、分からないことがあればとことん確認することが、後悔しない有料老人ホームの選び方です。

老後も自分らしく、生きがいをもって生活できる住まい選びをしてくださいね。

(Posted by 吉田杏)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年02月13日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事