介護職で妊娠した時の働き方!産休・育休・夜勤はどうしたらいい?

介護職で妊娠した時の働き方!産休・育休・夜勤はどうしたらいい?

力仕事が多い介護の仕事。そのため妊娠すると業務が制限されることも少なくありません。

介護職で妊娠をしたらどうしていけばよいのか、とるべき対応についてご紹介します。

【仕事探し中のママに!】介護の仕事を小さい子持ちの主婦におすすめできる3つの理由

妊娠したらまずは報告を

打合せのイメージ

妊娠しているということが分かったら速やかに上司へ報告しましょう。
報告をいつ、どのようにするべきかについてもご説明します。

妊娠の報告は早めに!

一般企業ですと妊娠の報告は安定期に入ってからという方が多いようです。
しかし介護職は力仕事など体に負担のかかる業務が多いため、早ければ早いほど良いです。

目安としては、多くの方が「心拍が確認されて母子手帳を取得した」あたりで報告をする傾向にあります。

力仕事だけでなく排せつ介助や食事介助などにおいが気になる介助も多いため、そういった業務から外れるためにも早めの報告を心がけている方が多いようです。

介護職は子育て経験豊富なベテラン世代の方も多いためなんとなく気づく方も多く、自ら報告しなくても察して業務から外してくれることもあります。

ですが、介護現場に男性が在籍している場合、気を付けなくてはいけません。

男性からすると「なぜこの業務だけしないのか…?」と、いわゆるさぼっているように思われてしまうこともあるので、早めに報告をして業務から外してもらえる環境を自ら整える方も少なくありません。

妊娠報告は誰にする?

介護職も妊娠報告は一般企業と同じくまずは直属の上司にあたる主任へ報告をします。
その後、どのタイミングで誰に報告をするかは主任判断になります。

周知するのも主任の判断で、主任が朝礼などで報告するところが多いようです。

前述したように業務に影響をする場合には早めに周知をしますが、つわりが少なく安定期までは周知を控えたいなど本人の希望があれば希望したタイミングで周知をします。

妊娠中の日勤帯の働き方とは?

握手するイメージ

妊娠していてももちろん、介護職として働き続けることはできます。

ここでは、介護老人保健施設や特別養護老人ホームといった施設型の介護現場に着目して、介護職の日勤帯の働き方について仕事内容ごとにご紹介します。

排せつ介助

妊娠中は、ほとんどの職場で排せつ介助が業務として外される傾向にあります。

力仕事であることや臭いが強いこと、かがむなど無理な体勢をとらざるを得ないことが外れる理由となります。

おむつ交換の場合は、つわりなどの症状が軽い場合や安定期に入って問題がなさそうな場合には、介助の負担が低い方のみ入ることもあります。

食事介助

食事介助もつわり中などにおいに敏感な時期は外れる傾向にあります。
ですが、においに対して特に支障がなければ、座ったままできる業務でもあるので積極的に入ることが多いです。

入浴介助

入浴介助も排せつ介助同様に力仕事であることや、かがむなど無理な体勢をとるという点から外されることが多いです。

ただ、清拭や部分浴の場合は、お腹が大きくなって動きが取れなくなるまでは業務として行うところも多いようです。

妊娠報告後に増える業務

妊娠報告後に日勤でお願いされることが多くなる業務は利用者の見守りです。

座って行える業務のため負担がかからない一方、他の人が忙しく働いているのを見ると「この業務だけで良いのか…」と思われるかもしれません。

ですが、見守りをしながら記録を書くなどの事務仕事をしたり、利用者が安全に生活できるように見守ることは介護職の立派な仕事です。

産休や育休明けにまた業務をすればよいというだけですので、気負うことはありません。

妊娠中の夜勤帯の働き方とは?

次に妊娠中の夜勤帯の働き方です。

妊娠中にそもそも夜勤をすることはできるのでしょうか。

夜勤をやらせない施設が多い

基本的に多くの施設が、母性保護の観点から妊娠中の介護職に夜勤をやらせていません

すでにシフトが組まれている場合でも、妊娠の報告をしたタイミングでシフトを調整して夜勤から外すところがほとんどです。

妊娠中は自身の体調が不安定なことに加えて稼働している人員が少ないことから、妊娠に伴い行うことが難しい業務でも行わさせざるを得なくなってしまうこと、それに伴い流産や早産の危険が高まってしまうことから夜勤をさせないようにするようです。

ですが、安定期に入って、収入の関係によって自ら夜勤をやりたいと申し出た場合のみ、自己責任で夜勤をやらせている施設もあります。

妊娠中の介護職は無理せず自分のペースで働きましょう

気楽なイメージ

妊娠中でも介護職は働き続けることができます。

他のスタッフに迷惑をかけて申し訳ないという気持ちになってしまうかもしれませんが、他のスタッフも通ってきたあるいはこれから通る道です。

「元気な赤ちゃんを産むことが今の自分の仕事!」と割り切って、できる仕事を無理せず自分のペースでこなしていきましょう。

(Posted by RAY)

子育て、困ったとき誰に相談する?~ママさん介護士さんに聞きました~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月14日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事