日本人の国民病!?【肩こり】の原因と解消方法

日本人の国民病!?【肩こり】の原因と解消方法


日本人の国民病とも言われている「肩こり」
パソコンやスマホの普及、デスクワークの増加、慢性的な運動不足、生活習慣の乱れなどから、肩こりに悩まされている人が多くいます。

肩こりはさまざまなトラブルの原因にもなり、誰もが改善したいと思う悩みのひとつです。
今回はそんな肩こりの原因と改善方法についてご紹介します。

肩こりの症状とは?

肩こりとは、首や肩の筋肉が緊張し、血流が悪くなることで起こります。

症状としては、首の付け根あたりから肩や背中にかけて、筋肉が張っているような感覚や痛みが出現します。

この症状が長く続くと、頭痛やめまい、嘔気、腕や手のしびれ、肩から上腕にかけた筋肉の鈍い痛みといった症状が現れることもあります。

肩こり症状の原因


前述の通り、主な原因は

  • 肉体的ストレス
  • 精神的ストレス
  • 自律神経の乱れ
などによる肩の周辺の筋肉の緊張と血流不足であるとされています。
しかしこれらの他にも、さまざまな原因がある考えられます。

長時間の同じ姿勢

デスクワークなどのパソコン操作、スマホの操作など、長時間姿勢を変えないまま過ごすことで筋肉への負担となり、肩こりを生じさせてしまいます。

過度なストレス

緊張で肩に力が入った状態が続いたり、完璧主義や几帳面、責任感が強い性格の人はストレスを感じやすい傾向にあります。

過度のストレスが加わったままの状態となると、肩こりの症状を引き起こしやすいのです。

目の疲れ

パソコンやスマホの普及により、長時間にわたって目を酷使することが多くなりました。

すると目の周りの筋肉が常に緊張状態となり、肩の筋肉にも悪影響を及ぼすため肩こりの原因になってしまうと考えられています。

病気を起因とするもの

他の病気の影響によって肩こりの症状が出てしまうこともあります。

四十肩や五十肩、変形性頚椎症、更年期障害、高血圧症、低血圧症、心筋梗塞などによって肩こりになってしまう場合もあると言われています。

運動不足

運動不足によって筋肉が硬くなりやすくなってしまいます。
筋肉が固まってしまうと、血の流れが悪くなってしまうため、症状が出てしまうことがあります。

肩こりを予防する方法

予防ができれば、肩こりによるさまざまな症状も防ぐことが可能になります。

運動不足にならないようにする

無理をしない範囲で、全身の筋肉を使った運動をしましょう。
ウオーキングやサイクリング、スイミング、ストレッチやラジオ体操などが、取り入れやすく効果的です。

肩や首を冷やさないようにする

肩や首のが冷えると筋肉が緊張するだけでなく、肩周辺の血流が悪くなります。
そのために首や肩を温めたり、意識的に動かして、筋肉が緊張しないように心がけることも必要です。

環境を変える

仕事ですから、簡単にデスクワークをやめることはできない方も多いと思います。
そんな時は、パソコンとの距離を離してみたり、デスクワーク時の姿勢に工夫したりと変化させることで、肩こりの症状が和らぐことがあります。

肩こりの改善方法


肩こりの症状はひどくなると日常生活に支障をきたしてしまいます。
ではどうすれば、肩こりを改善へ導くことができるのでしょうか?

血行を良くする

入浴時に、38度から40度ぐらいのお湯にゆったりと浸かるのがおすすめです。

少し症状が重いと感じるときは、熱めのシャワーと水を肩から首の部分に2~3分程度交互にかけると、より血行が良くなり効果的です。

マッサージをする

肩や首の痛みの症状がある部分を、刺激するのではなく、筋肉をゆっくりほぐすように、軽く押したり、揉むといったマッサージをすることがおすすめです。
ただし、力任せに押してしまうとかえって痛めてしまう場合があるので注意しましょう。

市販薬を服用する

ドラッグストアへ行けば、いくつかの肩こり改善の市販薬が販売されています。

飲み薬や貼り薬もあり、体調や環境にあったものを選ぶことができます。
鎮痛消炎作用のある薬やビタミン剤を摂取して、体の中と外、両方からのアプローチすることが可能です。

医療機関を受診する

セルフケアを試してみても症状に変化ない場合は、一度医療機関を受診してみましょう。
肩こりに隠れてほかの疾患が見つかる可能性もあるので、確認のためにも診察を受ける検討も必要です。

定期的なストレッチで筋肉をほぐす

1日の中で、時間を決めて複数回のストレッチを行うことも効果的です。
肩や首周りのストレッチは椅子に座ったままでも可能なものも多くあるので、デスクワークをしている方も仕事の合間に取り入れることができます。

5分程度でもいいので、休憩時間や空き時間を利用してストレッチ行ってみてください。頭もすっきりするので、一石二鳥の方法です。

まとめ

今回は、肩こりの原因とそれを改善するための方法を紹介しました。

多くの人が抱える肩こりも、原因を知ることで症状を和らげたり改善することも可能です。

また、症状の改善がみられない場合には、肩こりの影に隠れた別の病気がある場合もありますので、医療機関を受診して調べてもらうことも大切です。

可能性のある原因を理解することで、症状の改善や苦痛を取り除き、症状の出現自体を防ぐことができるようにもなります。

 

(Posted by はるいく)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月06日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事